スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「再訪 301 気楽中華 楽仔(ろくちゃい)」・「愛媛グルメ紀行 852

今日は、来住町の農免通り沿いにある中華料理店”気楽中華 楽仔(ろくちゃい)”さんの4度目のご紹介。


4度ご紹介するお店の21店目のお店です。


過去3回のご紹介は、以下の通り。(「気楽中華 楽仔(ろくちゃい)」・「愛媛グルメ紀行」 441)・(「再訪 78 気楽中華 楽仔(ろくちゃい)」・「愛媛グルメ紀行」 457)・(「再訪 268 気楽中華 楽仔(ろくちゃい)」・「愛媛グルメ紀行」 786

玄関1
この日も相棒と来た。


相棒は一度行ったお店には行かず、必ず新しいお店を求めるのですが、当日は大変に忙しい日で新しいお店にチャレンジする時間的・精神的余裕が全くなかった。

店内2
そこで、仕事の流れもあってこのお店を再訪したという訳。


このお店の味の確かさと、コストパフォマンスの良さは既に承知していて、再訪先として二人の意見はぴったり合った。


訪問したのは平日の午後1時20分。通常に比べると随分遅いランチです。

メニュー3
相棒は、”チャンポンセット”を注文し、私は珍しくご飯物の”中華丼”と、別途”エビの天ぷら”を注文。


今までの3回は、”チャンポン”、→”焼きそば”、→”酢豚セット”という注文でした。


このお店に”外れ”はありません。

サラダ4
相棒が言います。「こうやって繁盛しているだけの理由があるね。サラダバーや飲みのもはセルフだけどサービスに付いているし、それにそれぞれの料理の量が多い!。そりゃあ、体を使って働いている者にとっては、救世主のようなお店ですね」っと。


確かにその通りのお店です。画像は自由に取っていいサラダ”です。この”サラダを取るとき”、ちょっとしたハプニングが。


私がお店の女性に「サラダ取っていいでしすか?」っとお聞きすると「ええ、どうぞご自由に」という返事でした。


ところが厨房にいる店主さんからクレームが出されたんです。「サラダを撮るのはご遠慮ください!」っと。


つまり”取る”と”撮る”の違い。サラダの構成や下処理は料理人さんの工夫。ワタシが料理にカメラを向けることを知っていた店主さん、「サラダの内容については撮影はお断りしたい」っとこう言う訳でした。


もちろん、普通に出された食品を撮影するのは全く自由。客席の様子を撮っていても、何らクレームは出ません。店主さんの意図は明瞭でした。

チャンポン5
さてこの画像は、相棒が注文した”チャンポン”です。


彼は九州は福岡の出身ですが、仕事の関係で長崎県でも住んだことがあります。


その彼が「Hさん、このお店のチャンポン美味しいけど、でもやはり長崎で食べていたチャンポンには敵わないねーー、やはり本場は美味しかった」っと。

鶏唐揚げ6
この画像は、相棒が頼んだ”チャンポンセット”に付いている”鶏唐揚げ”。


この大きさのものが2個付いています。


これ以外の””に入った”ご飯”まで付いているのですから、働き盛りの彼でも十分に満足できる量です。いや、寧ろご飯を少し残していた様子でした。大変に珍しい光景。

中華丼エビセット7
さてこの画像が、ワタシが個別に注文した”中華丼”と”エビの天ぷら”。


ワタシの背後から太陽の自然光が入っていて、しかもお店の窓には格子が入っているので、こういう画像になった。


こうやって食べ物を写していると、””の扱いは大変に重要。美味しく見える、美味しく見せる””の使い方がありますね。時にはこうして自然光を使ってみるのも面白い!

中華丼8
この画像は自然光を遮って、お店の天井にある光だけで撮ったもの。まるで違った食品に見えます。


光量が少ないと、食べ物を綺麗に、つまり美味しく見えるような画像が写せない。


ワタシ自身は、写真はiPhoneで撮っている位ですから、余り拘った写真は撮っていませんが、せっかく料理人さんが丹精込めて美味しく作って頂いたものですから、その美味しさを見て頂いている皆様には出来るだけストレートにお見せしたいところ。


なお味に付いては、全く申し分なかったことは言うまでもない。

エビ天9
こちらは”エビの天ぷら”。


シンプルにお塩でいただきます。プリプリしていて、こちらも美味しかった。


天ぷら屋さんが揚げる”エビ天”と、中華料理屋さんが揚げる”エビ天”は、全く別物。味わい方も違いますが、ワタシはどちらも大好きです。

スープ10
”の状態が良くなったと言っても、この二品を注文するのは愚行でした。


エビの天ぷら”は美味しく完食出来ましたが、”中華丼”が僅かに残っちゃった。


食べ残すことは罪だと育てられている世代なんです、ワタシ。お店の方に申し訳なくって。でも、心も胃袋も満足しきってお店を後にしました。


この後も、大切な交渉事を残していましたので、こういうランチタイムが、大きく仕事に貢献してもらっています。ありがたいことですね。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。