「再訪 314 炭火焼本舗 スーパーホルモン」・「愛媛グルメ紀行」 899

今日は今年に入って初めて、仕事の相棒とお昼を食べました。彼が「Hさん、””が喰いたい!””を喰わなきゃ、体が保ちません!」って、悲鳴を上げました。(実際にこのお店に来たのは、1月上旬でした)


そこで、ワタシにとっては再訪となる、鷹の子町の”炭火焼本舗 スーパーホルモン”にやって来ました。仕事の流れもあったので。


過去は、昨年の7月3日に採り上げています。(「炭火焼本舗 スーパーホルモン」・「愛媛グルメ紀行」 754

玄関1
こちらが、県道松山川内線(旧国道11号線)沿いにあるお店の玄関です。


このお店は、現在市内に3店舗あります。本店が小栗町、その他に姫原町にもあります。


なおこのお店のホームページは以下の通り。(炭火焼本舗 スーパーホルモン

メニュー2
このお店は、新鮮な国産のホルモンを、”七輪”で炙りながら食べさせることに拘りがあるお店です。


前回は1人でしたので、1人で”七輪”を突付くのはちょっと寂し過ぎると思いましたが、今日は相棒と一緒です。


そこで”七輪焼きセットのBセット”を注文しました。お値段980円。セットの内訳は、”小腸”、”ハート”,そして”豚バラ”となっていました、メニューには・・・・・・・・・・・。

鶏もも3
ところが、お兄さんがやって来て(このお店は、若い男女2人でやっている)「申し訳ないのっですが”豚バラ”を切らしていて・・・・で、その代わりに”鶏もも”になります」っと。


この画像が、その”鶏もも”。相棒が「セットの中の一品を切らしているって・・・・・・」って、口をあんぐり空けて呆れていました。


「”ランチメニュー”の中の一品を”欠品”(けっぴん=品切れとなる)するなんて・・・・・・そんなこと・・・・・あり得るの???」っと相棒。彼は一部上場企業の社員で”欠品”なんて、決して許されない企業の現役社員。


鮮魚なら、その日の、或いは前の晩の漁次第で、水揚げがない日もある。でも、”ホルモン”の世界でもそういうことがあるのか、この世界をよく知らないので何とも言えませんが。


でも代わりの”鶏もも”がジューシーで、とっても美味しかった。

小腸4
こっちは、”ホルモン”ではスター級の”小腸”です。いい脂が乗っているんです。この””が、特急で旨い!


この”ホルモン料理”は、下準備に手間隙かかると聞いたことがあります。”掃除”する、って言ったような記憶がありますが、余分な脂やスジなどを、丁寧に取っていく作業が必要です。


これを丁寧にやっておかないと、味が濁ると聞いたことがあります。随分以前の話ですから、定かではありませんが。このお店は、食べやすいように、丁度いい大きさにカットされています。

ハート5
この画像の部位は”ハート”と呼ばれていて、要は”心臓”のことです。


さすがに、あの豚の巨体の隅々まで血液を送り出すポンプ役ですから、強靭な筋肉で出来ています。


ですから、食感に独特の歯ごたえがあって、一般の”ホルモン”のイメージとはちょっと異なった食感と味でした。

焼き始め6
七輪の炭は”備長炭”が使ってありますから、火力が強いんです。焼き過ぎには注意が必要です。


真っ先に、野菜から湯気が立ち上り始めた。生で食べることができる新鮮野菜ですから、さっと炙って、シャキシャキ感を残して食べました。


二人の食べ方を見てると、ワタシがさっさと七輪から取り上げて食べてしまうのに対して、相棒はじっくり焼いています。性格の違いでしょうか?


ワタシは、考える前に先に体が動くんです。これで何時も失敗します。

炎7
ですから、ワタシの側は野菜をさっさと引きげちゃっいましたから、”小腸”から滴り落ちた脂に火が付いて、七輪が燃え上がってしまいました。


実はこういう時の対策に、ちゃんとお店として用意されていたものがあったのですが、二人はその使い方を知らずに、最後に”珍妙な焼き物”をすることになります。


今ワタシは、DVDでレンタルできる”孤独のグルメ”という作品に凝っています。テレビ放映されたものがDVDとなっているんですが、その主人公の”井之頭五郎”さんなら、こういう時の対策も当然に知っているに違いないと思いました。

焼けた8
さて”肉が焼けました”。二人の焼き具合の違い、分かりますか?相棒は焦げるまで焼いて食べるんです。


ワタシは、もう”半生”程度で箸が出てしまいます。本当に新鮮な”ホルモン”は、この程度の焼き加減が本当に美味しいのだ。(”井之頭五郎”さん風に)


「Hさん、肉にはもっと火を入れたほうが安全ですよ!」」などと言っている相棒は、まだ若い。

完食9
ワタシのほうが”完食”一番乗りでした。普段なら、彼のほうがずっと食べるのが早いというのに。


ワタシにちょっと遅れて、彼も”完食”。ただし、彼の場合はご飯が”大盛り”ですが。


っと、ここで”残っている”ものに、二人共気がつきました。「アレレ、何故こんなものが、テーブルに残っているんだ?????」っと、二人で顔を見合わせました。

氷10
最後に残っていたものを,”七輪”に乗せて焼きました。「???????・・・・・・・」状態で・・・・・


「Hさん、何で””を焼いてるんでしょうね?」。これって、何時の時点で焼けた!って判断したらいいんでしょう????」っと、相棒。


「た、確かに・・・・・長いこと生きてきたけれど、”氷焼き”って初めての経験だな!これって、タレを付けたほうが旨いのかな???」っとワタシ。


その二人の珍妙な光景を見ていたお店の二人、笑いを噛み殺していました。「あ~~~~!Hさん、この””って、ひょっとして、さっき網に炎が上がった時に、炎を鎮めるために用意してあったんじゃないですか!??」っと相棒。


照れくさかったので、二人で”大爆笑”しました。このお店で”エネルギー”をもらった。


尚、食事取材中にスマホで写真を写すときの”撮影音”について、色々な方からアイデアやご意見を頂きました。中には私の取材方法を”非常識”だと感じられる方がいらっしゃるかも知れません。


でも、とことん周囲の方に迷惑や不快な感じを与えない努力は怠らない考えです。ワタシは信じています。ブロガーと普通に食事をされる方との共存可能なことを。エエ、やってみますとも!




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なぜか目からウロコ。

じゅんさんこんにちは!

じゅんさんも「孤独のグルメ」を観ておられるんですね。

以前、五郎役の松重豊さんがインタビューに答えて「ドラマの中で殺したり殺されたりするのは演技だけど、ドラマの中で食べるのは演技も何も実際に食べてるんだから演技ではない」と言ってるのを聴いて、ナルホド!と目からウロコが落ちたのを覚えています。

ところでポピュラーな「豚バラ」が欠品だったのはどうしてですかね?(笑)

好きな作品

ガド様
ガドさんも「孤独のグルメ」ファンでしたか‼️
あれはいいですよねー😄
頭を空っぽにして、食事だけに集中出来ますからね〜〜。

ただ、人気作品のようで、レンタル屋さんでは、誰かが何時も借りていて、中々借りられないのですが。

豚バラの代わりの鶏も美味しくて、あまりガッカリせずに済みました。焼いた氷は、お勧めしませんけどね。

孤独のグルメ!自分も見てますよ✋

何曜日かは忘れましたが(自動録画にしておりますので細かくみない...)テレビで深夜にやってます。

あの俳優さんのメニューチョイスと食べ方が好きです。

あえて時間を掛けて選び、かなり大きい音をあえて出して食べる。しかもかなりオシャレな店でも変わらない...

自分の理想です!

どうしても人の目がきになっちゃいますからね( ^_^ ;)

修行不足であります(`・ω・´)ゞビシッ!!

揃った

ゴリッチョリーヌ様

ホホオーー!揃いましたね「孤独のグルメ」ファンが。

そうですか!あの食べ方が好き。皆さん、微妙に目の付け所が違いますね。それが個性ですからね。

周囲の目が気になる・・・これはゴリッチョリーヌさんがスタイリストというより、お若いが故でしょう。私くらいの年齢になりますと、周囲の目なんて全く気になりません。自分の目的に集中します。

もっとも、そのことによって周囲への、求められる気配りまで忘れてしまうことがあるので、これが私の悪い点ですね。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード