「中国料理 香(シャン)」・「愛媛グルメ紀行」 893

今日は、久万ノ台の「松山中央卸売市場中央市場」の北側を東西に通る道筋にある”中国料理 香(シャン)”さんをご紹介しましょう。


実はこのお店は、昨年夏までは”手打うどん やしま”さんがあった所です。(「やしま」 真っ当な「B級グルメ店」 41)・(「再訪8 手打うどん やしま」・「愛媛グルメ紀行」 339


昨年の夏閉店されたいうのは、読者さんからの情報で聞いていましたが、その閉店理由は分かりません。ワタシは好きなお店でした。再起を心から期待します。

玄関1
こちらが、昨年の年末に開店されたばかりの”中国料理 香(シャン)”さんの玄関です。


このお店のことは、週に一回は必ずお伺いしている”フォンターナ”の店長さんから聞きました。


ワタシの情報は、今や殆どと言っていいと思いますが、読者さん、或いはブログ友、そしてお訪ねしているお店から得ています。ありがたいことです。

店内2
こちらが店内の様子です。


ワタシがお伺いしたのは、午前11時30分。その時は、ワタシ以外に2組のお客さんでしたけど、正午を回る頃にはすっかり店内が埋まりました。


開店早々、快調なスタートダッシュをされたようです。店内には、まだ開店祝いの植栽類が華やいでいました。(実際にお訪ねしたのは、1月27日)

ランチメニュー3
こちらが”ランチメニュー”です。日替わりで(日替わりかどうか?は確認していませんので定かではありませんが)、全4種のメニューを用意されていました。


実はこのお店の店主さん、ご出身は、道後の”大和屋”ホテルの、中華部門の責任者であったそうです。(フォンターナ店長さん情報で、尚且つお店の方に確認しました)


この中でワタシは、”Cランチ”(お値段800円、外税)を注文しました。

蒸し鶏とレタスの和えそばセット4
Cランチ”の内容は、画像の通りに”蒸し鶏とレタスの和えそば”と、”本日の小鉢”と(この”小鉢”が日替わりになっているのかも知れません)、”杏仁豆腐”と”ザーサイ”と”ご飯”です。


コストパフォマンスに優れていると思いました。


メニュー名に”和(あ)えそば”とありましたので、ワタシはテッキリ”焼そば”をイメージしていました。ところが、今までに見たことのない”そば=中華麺”が出てきました。所謂(いわゆる)”汁そば”の一種でした。

蒸し鶏とレタスの和えそば5
これが”蒸し鶏とレタスの和えそば”のアップです。”ラーメン”ではないし、もちろん”中華そば”でもありません。


今まで、この類(たぐい)の”麺料理”で、”冷麺”を除いて温かい麺で、”レタス”が具材になっているものには初めて遭遇しました。


しかも”香り”が、今まで味わった”汁そば”の類とはまるで違っていました。この”和えそば”の最大の特徴は、その”香り”にあるのではないか?っと思いました。


店名は””(シャン)です。分かるような気がしました。

本日の小鉢6
こちらが”本日の小鉢”と呼ばれる”飲茶”(ヤムチャ)の一種”焼売”(シューマイ)です。


二種の”焼売”が蒸されて出てきました。撮影した後は、じっくり観察する前にペロッと食べてしまいました。


もっと味わって食べるんだった!って、後悔した程です。でも、ムッチリ蒸されていて美味しかった。

ザーサイ7
そして驚かされたのがこの画像です。


これをお店では”ザーサイ”って呼ばれているんです。でも、従来のイメージと味の”ザーサイ”とは、まるで別物です。


ワタシの知識・経験では、”ザーサイ”って”からし菜”の一種の”漬物”とばっかり思っていました。ところが、これは、味・姿・色・食感、どれをとってもワタシがイメージしている”ザーサイ”とは似ても似つかないものでした。敢えて言えば”鶏そぼろ辛煮”って味でした。


このお店の客席からは、厨房内が見えません。ですから、この”ザーサイ”ってどういうもの?っという疑問を投げ掛けることが出来ませんでした。これは”宿題”が残った感がしました。

ご飯8
この”メニュー”には、最初から”ご飯”が組み込まれています。ワタシは、小食に戻ってしまった現在、想像した”焼そば風”であれ、出てきた”汁そば”であれ、”ご飯”も頼むということは発想の埒外です。


ですから注文する時、「”ご飯”は、極々少量でお願いします」っと頼みました。


すると、この画像の量の”ご飯”が出てきました。確かに”極々少量”です。っと、ここで想定外のことが発生したのです。


店員さんが、「この”ご飯”には、この”和えそば”のお汁と具材を掛けてお召がりください!」っと。つまり、この”ご飯”は、○○と、それに”ライス”っという位置づけではなかったのです。


つまり、”ご飯”も立派なお料理のメニューの一部を構成されていたのです。

掛けた9
この画像が”ご飯”に”蒸し鶏とレタスの和えそば”のスープと具材の一部を掛けた画像です。


つまり、このお店の”ランチメニュー”を構成している”ご飯”は、単に日本人の主食としている”米の飯”を、お腹をふくらませるだけの”食材”ではなく、手を掛けられた”お料理”の位置づけを与えられているのではないか?っと思いました。


もちろん、美味しくいただきました。”蒸し鶏とレタスの和えそば”に加えられた独特の”香り”が、ご飯にまで移り香しています。

麺10
ちょっとメインの”蒸し鶏とレタスの和えそば”に戻りますが、この縮れ麺の、まあプリプリしていることと言ったら、自然に笑顔が綻びます。


想像を遥かに超える”お料理”でした。


城北地区”に、間違いなく”中華の名店”が誕生しました。


以降、”再訪”を重ねると思います。店主=シェフさんにおうかがいしたいことが沢山ありますし、コストパフォマンス優れたお料理の数々を堪能したいと思ったからです。



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

やしまさん

製麺の機械の故障と後継者がいないことが閉店理由と聞きました。

情報提供に感謝

けんたろう様

初めてのコメント、ありがとうございました。

しかも、貴重な情報、恐縮です。そうだったんですね!残念ですが、
後継者不足位は業種を問わず、中小零細事業者にとっては悩みの種です。

断腸の思いだったことでしょう。お察しするに余りあります。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード