「再訪 312 ヤツゲ亭」・「愛媛グルメ紀行」 885

今日は南環状線沿いの、天山1丁目にある”ヤツゲ亭”さんの3回目のご紹介です。


過去2回のご紹介は、以下の通りです。(「ヤツゲ亭」・「愛媛グルメ紀行」 750)・(「再訪 281 ヤツゲ亭」・「愛媛グルメ紀行」 820


風の便りで、期間限定の”穴子天丼祭り”をやっていると聞いて、慌てて駆けつけました。(2月10日から3月15日迄)

玄関1
ワタシがお訪ねしたのは、”穴子天丼祭り”という期間限定メニューを開始されて僅か2日目の、2月12日のことでした。


お店に入ったのは、午前11時45分。ワタシの何時ものランチタイムよりやや遅め。


このお店は、昨年4月にこの場所で移転開店されたばかりです。移転開店1週年を2ヵ月後に控えた2月、一種の”勝負”に打って出られたのか?

店外メニュー2
お店に入る玄関脇には、この画像の”外メニュー”が掲げてあります。


ヤツゲ亭”さんは、どうやらブログ(?)を始められたようで、この”穴子天丼祭り”の事は、以下のページでアップされています。(!!穴子天丼祭り!!900円→600円


最近の飲食店さんは、ブログやツイッターやフェイスブックなどで、自店情報を様々に発信され始められました。

店内3
店内に入りますと、既にほぼ”満席”状態でした。辛うじて、僅かに隙間があったカウンター席に滑り込みました。


何時もは”店内”の様子を撮る為に、店内に向けてシャッターを切るのですが、どの方角にカメラを向けても”客・客・客・・・・”でした。


一体このお客さんたちは、何時何処で、どういう手段で2月10日~3月15日迄の”穴子天丼祭り”のことを知ったのでしょうか?まだ、フェアが始まって僅か2日目だというのに。

穴子天丼セット4
これが、”穴子天丼祭り”の内容です。内訳は、”穴子天丼”、”小鉢”、”サラダ”、”粗汁”(味噌仕立)、”漬物”、そしてデザートの”コーヒーゼリー”です。


この画像のもの全てで、何と!”600円”ですよ!!!


穴子天丼”の通常価格は900円です。(この900円が、単品価格なのか?この画像のセットなのかはお聞きしていません)


出版社だけを潤す”○○○パスポート”などを採り入れるより、よっぽど気が利いているじゃないですか!

穴子天丼5
さて、この画像が”怒迫力穴子天丼”の姿です。ご飯が全く見えません。


天丼”の中身は、”穴子天”が堂々の3本ですよ!


それに、”サツマイモ”、”カボチャ”、”ナス”、それに”獅子唐”です。それらに完全に覆われていて、ご飯が全く見えません。

穴子天丼6
何だか、江戸前風の”穴子天丼”を見た様な錯覚に陥りました。店主さんの修行歴を知りませんので、その点は分かりません。


でも”丼汁”(どんつゆ)が甘すぎず、関西系の”天丼”には珍しく”キリリとした切れ”があるので、却って”サツマイモ”と”カボチャ”の甘さが際立っています。


もちろん、瀬戸内産の”穴子”の香ばしさが、スンゴク・・・・・・・・イヤ・・・・・ナンテイウカ・・・・・”旨い!”(あああああ、ボキャブラリーの貧困さが恨めしい!)

小鉢7
席を埋め尽くした”客・客・客”という中に、小さい子どもを2人を連れた若い夫婦がお店に入ってきました。


若い夫婦は、空き席を目で追っていました。すると店主さん、若い夫婦に深々と頭を下げ、頭を上げた後、手を合わせました。


「ごめんなさい。今日は一杯で・・・・・・ゴメンナサイ・・・・・」って、辛そうな店長さんの顔。


するとこの若い夫婦、笑顔でこう言った。「いえいえ、空くまで待っていますよ!」っと。でも、小さい子どもの一人は抱っこしたままだったんです。

味噌汁8
すると、小上がりで食べていた一人が立ち上がってこう言いました。どうやら、周囲は皆仲間の様でした。


「皆、ここらでお勘定にしようや!」っと。周囲の仲間たち、最初はその発言に怪訝な表情でした。


でも、その中の一人が更にこう言った。「そうよ!お客さんを立たせたままで、待たしちゃ悪いよな!皆、サアサアお勘定だ!」っと。それで一気に8人が立ち上がった。


このお店、いいお客さんを持ってるんだ!って、ワタシ、感動させられました。自然な流れの中で起こった出来事ですが、店主さん、お客さん、そして素晴らしいお料理の全てが相まっての出来事だったのではないでしょうか?

コーヒーゼリー9
これは、デザートに用意された”コーヒーゼリー”です。


「店主さん、何もここまでされることはないじゃないですか!メインの”穴子天丼”と、旨さが凝縮された”粗汁”(あらじる)だけで充分じゃないですか!」って、ワタシ、店主にお声を掛けたいと思ったほどです。


8人連れが席を立って、若夫婦が小上がり席に腰を下ろした頃、店主さんが厨房内で手伝っている息子さんに、ヒソヒソと眉を潜めて話を始めました。会話の詳細は聞き取れませんでしたが、その内容は予測が出来ました。


8人が勘定を済ませてお店を出た直後、又新しい客が2人お店に入って来ました。店主さんの顔が更に曇りました。


新しい客2人は連れの様でした。その2人が「穴子天丼2つ!」っと、勢い良く注文されました。店主さんの頭が垂れた瞬間でした。


普段からややかすれ声の店主さん、二人に向かってこう言ったのです。「ごめんなさい。穴子が切れてしまって!」っと。ワタシの予想通りでした。

完食10
すると、二人連れの客の一人がこう言ったんです。「じゃあ、他のでもいいよ!でも、当然、値段は600円やろうな!」っと、笑顔で。その言葉は一種冗談交じりの響きが聞こえました。


でも店主さん「ハイ!ありがとうございます!当然にどれでも600円にさせて頂きます!」っと。その瞬間、お店全体に、優しい笑顔が満ち満ちました。


どのお客さんも、その2人の言った事が冗談だと分かっていました。でも”ヤツゲ亭”の店主さん、決して冗談に甘える人ではありませんでした。だから、店主さんの受答え振りに、温かい笑顔が満ちたのです。


いい光景を見せて頂きました。”穴子天丼”が抜群に香ばしくて、”丼汁”と”ご飯”の相性もピッタリ。


ワタシには食べきれぬと思った”穴子天丼”、結局、一粒の米も残さず”完食”しました。美味しいものが持つパワーゆえでしょう。


このお店、いいお客さんを沢山持たれました。でも、それは取りも直さず、店主さんのお人柄とお料理の技量の高さゆえでしょしょう。


「ご馳走様でした!!!」




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

いつも読ませて頂いてます。
パスポートの件、全くもって同感です。自分もそう思っててあまりに共感したのでコメントしました。
料理人の方の技術や素材を安売りさせてはいけないと思うし客としてもそれ相応の対価を支払いたいと思ってます。
出版社からのお願いで断れず悲鳴をあげている飲食店もあると聞きます。

まぁコストパフォーマンスがすごいお店もあればおいおいというお店もあるんですけどね。

長々とすみません。
これからも楽しみに読ませていただきます。

全く同感します

チコリン様
初めてのコメント、ありがとうございます。パスポートの件、書いて頂いたことは全く同感します。予てより、あのシステムは、飲食店に覚醒剤💉を打つことになると思っています。
病人に覚醒剤を打つ神経が、信じられません。ですから、私は、一度も利用したことありません。適性な技量と食品には、適性な対価を払うべきです。
飲食業を貶めるシステムは、いかりすら覚えます。
これからも、様々なお店をご紹介していきたいと考えています。よろしくお願いします。

美味しいですよね~
私もよく行ってます( ´ ▽ ` )

つい最近、ランチメニューが新しくなったみたいですよ!

じゅんさん、また行かなくっちゃです♪

ほー〜 それは

読女様
お取り込み中、コメント恐縮します。
お料理よし、店主さんよし、コストパフォーマンスよし、と三拍子揃ったお店ですね〜。
えええ〜、ランチメニューが変わったのですか?前回お伺いした時のランチメニューは、優れものだと思いました。どんどん進化されているんですね。それは、是非確かめてみなきゃ‼️情報提供に感謝します。

こんにちは♪

やつげ亭さんのランチすごいですね!
すぐにも食べにいきたい衝動ですけれど
場所的に そうもいかないところがツライところです^^

また是非 機会をみつけて 私も行ってみたいと思います♪

ぜひぜひ

のしうめ様
ヤツゲ亭の、この期間限定の「穴子天丼」は、ド迫力もので、しかも美味しいですよ!超オススメです。
味よし、大将の人柄よし、お客さんの層も良質で言うことありません。

早い時間帯に行かないと、記事でも書きましたように品切れになることも。3月15日までですから、まだ日がありますので、ぜひぜひお試しください。

それと、今日記事になさっていた「味暦 正生 」は私も行って記事にしました。(そののことを記事で紹介していただき、ありがとうございました)美味しいですよね~。また行きたくなりました。

ドラマチックですね

『やつげ亭』さん
是非とも行きたくなりました。

外で食べることで、人間ドラマが見られるんですもんね( ^_^ ;)

人見知りかつ出不精の私にはじゅんさんのブログに出会うまでは、休日でもどこにも行かなかったのですが、いつかはこんなドラマに会えることを楽しみにしています。

この大迫力の穴子丼は期日前に必ずいきます(`・ω・´)ゞビシッ!!

ぜひぜひ

ゴリッチョリーヌ様

ぜひぜひ、お薦めです。特に期間中は、大変にお得でもあります。ド迫力の量だけが凄いのではなく、穴子天ぷらが香ばしくって旨いのです。

しかも、他の天ぷら類はもちろん、副菜もお汁も間違いなく旨い!店主さんのお人柄に触れるも尚よしです。

なお、外へ出れば無条件で人間ドラマと遭遇する訳ではありません。とことん、観察する目が必要です。そして、つい見過ごしがちなことにも感性を働かせることによって、周囲の状況が「ドラマ」に見えてきます。

でも、もちろん、外へ出なければそのチャンスはありませんから、様々なお店を廻ってみてください。

感動!!

すてきなお話!!
素敵なお店!!
行ってみたい!(^^)!

お忙しい中

ちーばば様

お疲れの中、コメントまで頂き恐縮です。

ちーばばさんのお店でも同じことが言えると思いますが、そのお店に食事に行くとき、ファーストフードのお店は別にして、店主さんのお人柄、人間性が大きな魅力だと思います。そこがお料理プラスαで、その付加価値がお店の魅力だ思うんです。

その意味でこのお店、店主さんの何たるかを知るのは、お客さんを見ればいいと思いました。たまたま、そういうシーンに遭遇しましたが、それは偶然では無いと思うんです。

お忙しいとは思いますが、ぜひ一度訪ねていただければ、ワタシの記事の真意がご理解い頂けると信じております。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード