スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「お好み焼き おぐら」・「愛媛グルメ紀行」 909

今日は、昨日に引き続いて”三津浜焼き”のお店をご紹介しましょう。


但し、昨日は奥道後の入り口にある”末町”からでしたが、今日は三津浜の”中須賀2丁目”にあります”お好み焼き おぐら”さんです。松山の北西部にあります。


松山の北東部の端っこから北西部の端っこまで、ワタシの”ランチライフ”は自由気まま・変幻自在・融通無碍です。仕事は結構多くて忙しいのですが、その合間合間を縫っての”旅烏”です。


このお店は、ワタシの”愛媛グルメ紀行”の読者さんであり、更には”追っかけ”的にコメント頂いている”ゴリッチョリーヌ”というハンドルネームを持った方からの紹介です。三津浜ご在住の方です。


ワタシはこのお店で、900店を超えるお店訪問の中でも、最も印象に残るであろう”貴重な体験”の一つをすることになります。おいおい語りましょう。

玄関1
こちらが、全く普通の家という感じのお店です。平日の午前11時30分にお店に入りました。


すると既に夫婦が一組と、おばちゃんが2人お店のLの字のカウンター席に座って食べていました。どうやら、カウンター席の定員は5人の様でしたが、おばちゃん一人で約1.5人のスペースを占めていたので満席状態でした。


このお店はカウンター席しかありませんので、お店を出ようとしますと、店主の女将さんが「そこで待っとったら、直ぐに食べれるケン!」っと、カウンター席横の椅子を指さされました。


ほぼ同時に、2人のおばちゃん「ホーヨ、ホーヨ。ワタシラどうせ直ぐ食べてのくケン、待っとったらエエンヨ!」っと満面の笑顔で言われました。


ここから、”ドラマ”の幕が切って落とされていた!とは、ワタシはこの時まだ気づいていませんでした。

メニュー2
ただ、指定された椅子に座っていたのでは”三津浜焼き”を鉄板で焼いていくプロセスが撮影できません。そこで、女将さんとお客さんに、「横合いから、立って三津浜焼きを撮影していいですか?」ってお尋ねしました。


すると、一組の夫婦が「何にために、撮影するんですか?」っと質問が。そこで「ええ、ワタシ”ブログ”書いていまして、そこに画像をアップしてるんです!」っと。


「へ~~~、じゃあ”食べ物巡り”みたいな”ブログ”書いているんですか?」って、ご主人の方が興味津々という表情に変りました。


そして「私ら夫婦も、美味しいものの食べ歩きが趣味なんですよ。今日も、◯◯の方からこのお店の評判を聞いいてやって来たんです!」っと、奥さんも大きく頷いた。


すると空かさず、2人のおばちゃんも大きく頷いて「ワタシラもそ~~~よ!私は北条から来たんよ!そしてこの人は◯◯から来とるし。美味しいお店があると聞いたら、飛んで行くんよ!!」っと。

鉄板3
ワタシが注文したのは”ソバ台付き豚玉”、お値段580円(内税)です。


ワタシは、いきなり”グルメ集団”の中に放り込まれたようです。夫婦組のご主人が「今まで何軒位回られているのですか?」っと。ですから、「このお店で、909軒目になります」っと応えました。


その瞬間から、今まで経験したことがないシーンが続くことになりました。4人のお客さんと、女将さんの”テンション”が一気に上がったのです。


先ずは女将さん。「どーーぞドーゾ、好きなだけ、好きな所、撮ってね!」っと、顔が輝いた。その後は、一斉に”質問雨霰(あられ)!”状態。

そば乗せ4
先ず、夫婦のご主人が「今までに一番美味しかったお店はどこですか?」っときた。


でも「一番美味しかったお店と言っても、様々なジャンルがあるから~~・・・・」っと、言いよどんでしまった。


すると「ああ、そうですよね~。じゃあ”うどん屋”さんでお薦めはありますか?」っと尋ねられたので、「南高井の”味十味”(あじとみ)さんでしょうね!」って答えました。


もうその当たりからからは、右から左から質問が集中します。”集中砲火”を浴びるが如しです。


「北条の◯◯って言う焼肉屋はどうなん?」っとか、「カレーで一番美味しい店は何処何?」、更には「久米にある◯◯をどう思う?」っと、切れ目がなくなりました。

キャベツ乗せ5
そこで、先ず夫婦にこう言いました。「美味しいお店は沢山ありますから、私の”ブログ”を、一度見てみて下さい」っと。


するとご主人「ブログ名教えて!」っと。「じゃあ、スマホ持っておられますか?」っとワタシが言うと、スマホを取り出された。


「そこのグーグルで、平仮名で8文字”じゅんのつぶやき”と入力して検索してみて!」っとワタシ。


アッ、出た!一番先に出た!コレですか?」っと、液晶画面を見せられたので、大きく頷いた。

ひっくり返し6
奥さんもその画面に見入っている。そして「おおおおお~~~、確かに色んなお店が載っとる!うん、コレ見て今度行ってみよや!」っと奥さんに提案。奥さん、大きく頷き即決。


夫婦を横から見ていたおばちゃん二人、「アンタラはエエワイ!そういうもん見れるケン。ウチラは見れんのやけん!」っと不満そうになった。


っとその時、二人の内一人が急に笑顔になった。”崩れそうな笑顔”に変わったと思ったら、こう言った。


ええこと考えた!ワタシラここで会うたんもナニじゃけん、ここで<じゅんのつぶやきを語る会>作ろうや!!そんでナ、来月から毎月、月に1回、このお店で”月例会”開くことにしよや!!」っと。


これはエライことになりつつあると、恐れ慄(おのの)いた。「一応、今でも現役で仕事持っとるケン・・・・・・まあ、定年後の仕事じゃけど・・・・・・」っとワタシ。

仕上げ7
「じゃあ、アンタの前の仕事は何しよっタン?△△△じゃろ!!」っと、ワタシを見つめて、もう一人のおばちゃんが言い放った。


「な・・・・・ナ・・・・何で、ワタシの元職業がわかるんですか????」ってワタシ、目を白黒させた。


「ウフフフ、そんなモン、一発で分かライネ!”顔に書いとる”。オデコに1万円札が張ってあるガナ!アハハハハ・・・」っと高笑いされた。


恐るべし”おばちゃんパワー”に、もうタジタジになった。

アップ8
っと、その瞬間、注文した”ソバ台付き豚玉”が完成して、目の前の鉄板をすーーーっと滑ってやって来た。


その直前に、おばちゃん二人は食べ終えて、持ち帰り用の”三津浜焼き”が焼きあがるのを、脇の椅子に座って待っていた。席を譲ってもらっていたのです。


4人人の客と女将さんの5人が、固唾を呑んでワタシが食べるのを食い入るように見ているのが分かった。


「・・・・・・っで、このお店の””はどうなん?」って言う、鋭く無言の視線に、全身を貫かれる思いがした。


余りの緊張感に喉がカラカラに乾いたので、お水をっと周囲を見回すと、おばちゃんがサッとお水をコップに入れ差し出してもらった。このお店、お水はセルフサービスらしい。


「ウウウウ、ウンウン、さすがワタシのブログの読者さんご推薦のお店だけあって・・・・・これは”美味しい!”」っと、声を絞り出した。もちろん、本音です。

一味9
この真っ赤な”三津浜焼き”は、一組のご夫婦が食べておられたもの。ご夫婦そろって、”一味”で赤一色に染め抜いた”三津浜焼き”を食べておられた。


女将さんが「いや、一味を掛けて食べられるお客さんは多いけど、ここまで真っ赤に振り掛けられるお客さんは、この”ご夫婦”だけ!」って言われたので画像で捉えた。


今後、このご夫婦がワタシの記事を見てお店を訪ねられ、ワタシにコメント頂いた場合のハンドルネームに”一味夫婦”はいかがでしょう?


ワタシのブログの読者さんが、確実に2人増えたという実感を現場で感じた初めての経験でした。

残った10
さて、4人のお客さんと女将さんの5人の"ギャラリー"に取り囲まれての食事です。900回を超す食事経験でも初めてです。


ええ、半分は”お土産”になりました。


おばちゃん二人が、トドメを差すようにこう言いました。「このお店の”三津浜焼き”って”絶品”やったろ!。そして私ら二人は”別嬪(べっぴん)”やったろ!」っと。


「”絶品”と”別嬪”は、一字違いで大違い!」っと、切り返すのが精一杯でした。


ゴリッチョリーヌ”さん、大変なお店をご紹介いただき”ありがとうございました



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

何時も楽しく拝見させていただいております。
絶品と別嬪、読んで思わず笑ってしまいました。

家内と何時も見させていただき色々なお店に行っております。
今日は一人なので昼食は大好きなお好み焼きを食べようと思っておりますが、おぐらさんかモダンか悩むな~

これからも色々なジャンルの食べ物紹介宜しくお願いいたします。

初めての

快釣様
初めてのコメント、ありがとうございました。

しかも、何時も読んでいただいているようで嬉しい限りです。

「おぐら」さんでの経験は、私にとっても初めての経験でしたので、強く印象に残りました。是非一度お試し下さい。なお、その時「じゅんのつぶやき」を見た、と言っていただけると、女将さん喜んでいただけると思います。

これからも、様々な分野のお店を回りたいと考えていますので、どうかお楽しみになって下さい。奥さまにも宜しくお伝えください。
今日は本当にありがとうございました。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。