「東京リポート ②」・「過去記事を振り返る」 63

今日は「東京リポート」の第二回です。2010年10月26日にアップしたものの再掲です。

5年前にアップした記事を再掲するのは、60歳だった時のワタシが、何に興味を示し”どういう光景にシャッターを切った”か?ということを知っていただきたいと思ったからです。

ご紹介する画像の数々、もし現在65歳のワタシであれば、全く別の光景にシャッターを切っていると思うんです。つまり、5年という歳月が、”好奇心の対象”を大きく変えたのではないか?それを自身で見直す意味もあって、5年前の記事を再掲しようと思いました。


今回は、”台東区”を歩き回った報告です。

スカイツリーとうんこビル縮小
霧にかすむ「スカイツリー」の右側には、ビールのジョッキに見える、高いビル。


「アサヒビールタワー」です。(アサヒビールの吾妻橋本部ビル)


その右側に鎮座(ちんざ)するのが、かの有名な、通称”う●こビル”です。


「これだけ出れば、さぞかし、・・・・・・スッキリ、スルヤロナー」と独り言。


いやー、堂々としたモンでしょう?別名「スーパードライホール」です。(別名じゃなくて、正式名称じゃワイ・・・という声も)

浅草寺とスカイツリー縮小
こちらは、浅草の「浅草寺山門」(せんそうじ・・・・)から見た「スカイツリー」です。


上京して分かったこと。


「スカイツリー」は、とにかく高いので、東京はもちろん、東京近郊の県からも、毎日当たり前に見えるということです。


大騒ぎする程の事はない、マア、フツーの光景なのですね。

船橋市からスカイツリー縮小
例えば、この画像は、翌日晴れた日に、千葉県”船橋市”のホテルから撮影したもの。


画像中央に、ややかすんでいますが「スカイツリー」が見えます。


その日は、澄み切った青空で、「スカイツリー」だけではなく、「富士山」もくっきり見えました。船橋から。

富士山縮小
紅白の鉄塔の左側、真正面に「富士山」が見えました。


この季節、空気が澄み切っています。


お陰さまで、千葉県から静岡県にある富士山が見えました。


「ヤッパ、興居島の小富士・・・とは、チガウナー・・」と。


全国には”富士山”が見える坂つまり”富士見坂”という地名が、東京都を最多として40以上あります。東京近県にも、沢山あります。それだけ、”富士山”という山は、日本で突出した””なのです。


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

富士山!
小学校の窓からも見えました。
「遥かな富士が連なる丘が〜♪」で始まる校歌。
中学校の校歌は「富士を仰げば 心も高く広く♪」という歌い出しでした。
初めての赴任校の校歌にも「富士」というワードは入ってました。
だからこちらに異動した時は校歌に富士がないのが不思議でした。
よく考えりゃ当たり前なんですけどね(笑)

遠くに小さく見える富士山が私の富士山です。

小中学校の校歌なんて久しぶりに思い出しました。
楽しい時間をありがとうございました!

えーー〜

くく様

えーー〜、くくさん、いつ頃富士山が遠くに見える学校に居られたんですか?
ついくくさんって、南予を思い浮かべてしまうので、富士山が遠く見える学校が、意外でした。

実は(⁉︎)生まれも育ちも東京なんですよ〜。
両親とも南予出身なので、血は100%南予だし、本籍地もずーと愛媛なんですけどね。
大学進学で愛媛にきて、一旦東京に戻りましたがご縁があってこちらに住み着くことになりました。

出身地はなかなか信じてもらえません(笑)

えーーー〜、えーーー〜!

くく様

コリャ、全く想像だにしていなかった⁉️

もう、骨の髄まで南予の人とばっかり思い込んでいましたよ〜😣
生まれも育ちも、と 東京ですって‼️

それはお見それしました。南予の歴史を書いた時頂いたコメントって、南予の人でなきゃ書けないコメントでしたもん。世の中これだから面白いんですね〜〜。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード