スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「再訪 322 レストラン イル・モンテ」・「愛媛グルメ紀行」 915

今日は、針田町にあるイタリアンレストランの”レストラン イル・モンテ”さんの4回目のご紹介です。


4回ご紹介するお店の、25店目のお店です。それだけお気に入りのお店ということです。


過去に採り上げた3回は、以下の通りです。(「イル・モンテ」 真っ当な「B級グルメ店」 55)・(「再訪59 イル・モンテ」・「愛媛グルメ紀行」 412)・(「再訪 309 レストラン イル・モンテ」・「愛媛グルメ紀行」 871

玄関1
こちらがお店の玄関です。奥まった住宅地の中にあります。”たちばな小学校”の校庭の直ぐ南側です。


でも、何時来ても駐車場は満車状態です。


お客さんは皆さん、このお店を目指してまっしぐらに来られる方ばかりです。今日は仕事の相棒と来ました。仕事の流れの中です。

モンテランチメニュー2
このお店は、毎日日替わりで3種の”モンテランチ”を用意されています。


今まで来た3回は、何れも”ポーク料理”を選んでいましたので、この日は”A.チキンの和風香り揚げ”を注文しました。お値段は630円(外税)です。


相棒は、”B.ポークとホーレン草の和風ソース炒め煮”を選びました。相棒に、この辺りでランチをするなら、”和蕎麦”の名店か?もしくは”洋食”の名店のどちらを選ぶか、聞きました。


すると彼は躊躇すること無く、「”洋食”の名店に決まっているでしょう!」っと即答しました。ウフフフ、やはり”和蕎麦”を堪能するには、彼はまだ”尻が青い”のでしょう!。彼45歳です。

店内3
実はこのお店をお訪ねした頃(実際にお訪ねしたのは、3月19日)、この”愛媛グルメ紀行”を書き始めて初めての”大スランプ”に陥っていました。


既に900回を超える”愛媛グルメ紀行”ですが、今まで”スランプ”などという事を感じたことは一度もありません。


ところがこの頃、取材の為に食事をすることが急に”億劫”(おっくうう)になってしまっていました。


どのお店に行こうか?どういう記事にしようか?・・・・・・それを考えるだけで、急速に食欲を無くす毎日を送っていました。”予定原稿記事”のストックも、ドンドン減ってきていたのです。

Bランチ4
この画像は、相棒が注文して食べていた”B.ポークとホーレン草の和風ソース炒め煮”です。彼は何時もご飯は”大盛り”です。


何故突然、そうなったのか?は、全く分かりません。初めての事態なので戸惑うばかりの毎日を送っていました。


元々書くこと、”書くことで何かを表現する”とことが大好きなワタシです。それは”小学生”の頃からそうでした。


両親は”川柳”という世界では、全国に名が知れた”表現者”で、ワタシは3人の兄弟の中では、その分野での””を一番色濃く受け継いでいます。

スープ5
この画像は”コンソメスープ”です。毎回、このお店の”スープ”には、賞賛を禁じえません。


さて、それでも突然”行き詰まった”感が満ち溢れる毎日で、”ランチ”のことを考えるだけで”憂鬱”になる程でした。


「こういう”弱音”は、普通の男は漏らさないもの!」っと、言われた事があります。でも本音で書いていますこのブログ、”本音”のままを書きます。女々しいかも知れませんが。

チキンの和風香り揚げ6
この画像が、”チキンの和風香り揚げ”と付け合せの野菜類をワンプレートにまとめたものです。


もう出された瞬間から、得も言われぬ”芳香”が回りに立ち込めました。どういう”香辛料”を使われているのかは、お客さんが多くてお聞きできませんでした。


淡白な”チキン”に、和風の風味をどう封じ込められたのか?調理の素人のワタシには分かろうはずもありません。

チキン7
どうです?この”チキン”の圧倒的存在感。


ナイフを入れる前から、その美味しさに確信が持てるお料理です。


さて、このところの”絶不調”です。一週間位、悩みもがき苦しみました。”1000号”の道のりは”容易ではない”ことを初めて自覚しました。


でも、目の前で「Hさん、このお店は旨いですねーーー!」って呻きながら、ご飯の大盛りを食べている相棒を見て思ったんです。

野菜8
クヨクヨ悩んでも、何の解決にもならない!って気が付いたんです。


結局ワタシは、”前に向いて進み続ける”他、自分の存在を表現する方法なんてないんです。


心地よく”ポーク料理”を食べている相棒の姿に、大きなヒントを見ました.。ワタシだって、”働き盛り”の40代がありました。


何時の年代でも、トコトン前を向いて生きる他ないことに、改めて気が付きました。

チキン9
ワタシは大学時代に、東京は江戸川区の小岩から東海道を下って、郷里の愛媛県西予市野村町までの約1,000キロを”7日間”を掛けて自転車で帰った事があります。


あの時”箱根峠”と”鈴鹿峠”の上り坂は、永遠に続くのではないか?っと思ったものです。


でも、延々と続く”上り坂”も、必ずある瞬間から”下り坂”に転ずることを身をもって知りました。

ライス10
今回の初めての”大スランプ”です。結局乗り切るためには、愚直に”前へ、前へ”と進むしかないことに、相棒の食べっぷりを見て感じました。


悩んで立ち止まっても、何の解決策もない。只ひたすら、前を向いて一歩一歩でも歩みを続ける他ないことに気がついたのです。


さて、明日から”1000号”を目指して、再スタートを切ることにしましょう。


その意味でこのお店は、ワタシにとって大きな”ターニングポイント”となりました。


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ドキドキしながら書き込みしてます!

只今、私初体験中(笑)
こうやってコメントするの初めてなんですよ(´ω`*)

一種の告白みたいで照れますが…
じゅんさんの言葉の選び方好きだなって思いました。

素直な言葉って印象でストレートに言葉が溶けこんで来るというか☆
単純にすごいなとも思いました(v`▽´)v

私…もうずっと良い事なくて。。
自暴自棄までは行ってないんですけどほぼ近い状態で(汗)

だから思い切って連絡しました(◎>U<◎)
迷惑であればコメント即消してくださいね。

緊張しながらも楽しみにじゅんさんからの連絡待ってます(o≧∀≦)o

No title

blanche様

初めてのコメント、ありがとうございました。しかも、コメントを書くこと自体が初めてだと!

ワタシのブログは、どちらかと言うと地味ですし、特別面白い部分があるとは思えませんのに、何故このブログだったのでしょうか?

まあ何れにしても、初めてコメント頂きましたので、礼儀としてご連絡いたしましょう。今日はありがとうございました。

拍手欄へのコメント

名無しの権平様

拍手欄にコメント頂きありがとうございました。初めての方から、コメント頂くのは本当にありがたいし、力を頂きます。

 そして温かい励ましのお言葉、胸に染みました。そうすか!同郷ですか。尚の事嬉しいですね。

 ええ、永遠につづく登り坂もなければ、永遠に続く下り坂もありませんよね。

人生は起伏に満ちていて当たり前。幸い家族にも友人にも恵まれました。そして多くの読者さんにも恵まれています。

 コツコツと、腰を据えて前を進んで参りたいと考えております。これからも、よろしくお願いします。今日はコメント、本当にありがとうございました。

近所にお店を見つけました。

こんばんは

イル・モンテの近く、余戸のZYと焼き鳥屋さんの間の道を西側に行くと、消防自動車を作っている工場の前に、SALLASA VILLAGEと言うお店があります。
お野菜中心の料理でやさしい味でした。
お店の雰囲気も良く、ランチもコーヒー付きで700円とお手頃でした。
もし、機会が有れば試してみてください。

情報

ふなこ様

新しいお店の情報、ありがとうございました。早速住所は調べましたので、iphoneにメモしました。

できるだけ早く、カーナビ嬢に案内してもらって、訪ねてみましょう。

最近はこうやって、皆さんから頂く情報でお店廻りができるようになりました。ありがたいことです
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。