「愛媛グルメ紀行」を振り返る 157

今週の土曜日の”愛媛グルメ紀行を振り返る”シリーズは、一作年(2013年)の年明け頃にアップした470号から472号までのお店です。

先ず最初”に振り返るお店は、2013年2月6日に470番目のお店としてご紹介した、大洲市長浜町の旧フェリー乗り場にある”長浜フェリー食堂”さんです。(「長浜フェリー食堂」・「愛媛グルメ紀行」 470

場所はJR長浜駅近くの、長浜港港湾施設内にあります。

このお店の情報は、お互いのブログをリンクし合っている:”大洲のひで”さん(hideのgo for broke)からいただきました。

玄関1
長浜フェリー食堂”さんが入っているのは、画像でも分るように”港湾センター・長浜港務所”の1階に入っています。

この”港湾センター”の施設が出来たのが昭和44年(今から43年前)と、”長浜フェリー食堂”さんの女将さんにお伺いしました。

「そしてね、ウチがこの施設にお店を出したのが昭和48年なんよ!主人と二人でお店を始めたの。でももう40年になるもんねー」と、女将さん感慨深げに語っていただきました。

長崎チャンポン5
さて、お目当ての”長崎チャンポン”が運ばれてきました。お値段は580円です、嬉しい値段ですね。

そして見た瞬間「ああ、これは食べきれない!」と、顔が引きつりました。野菜の山また山です。

具材は、大量のキャベツとモヤシをベースにしながら、更にニンジン・ピーマン・シイタケ・キクラゲの各線切り、揚巻、豚バラ肉、イカ、イカげそ、干しエビなどです。

スープは思った以上にアッサリ味です、優しい味です。もう少し、スープの味付けに芯が欲しいと思わしめるほどのアッサリ味です。

やはり予想通り、残ってしまった。「ごめんなさい、残してしもーーて!」と謝った。

すると「それでも、ヨーー頑張ったやない!エライえらい!」と逆に褒められた。

このお店の”再訪は微妙”です。やはり遠いからです。最近の仕事の加減から言えば・・・・・


次二番目にご紹介するお店は、2013年2月7日に”471番目”のお店としてご紹介した、大洲市北只にある”熱烈 一番亭”さんです。(「熱烈 一番亭」・「愛媛グルメ紀行」 471

場所は大洲市内から出て、国道56号線で宇和町に向かいますと、八幡浜に向かう大きな交差点に差し掛かります。その交差点近くの”大洲ショッパーズ”という商業施設の中にあります。

店舗2
比較的大型店で駐車場も広く、土日は家族連れで賑わっていました。

このお店も、お互いのブログをリンクし合っている:”大洲のひでさん”(ブログ名:hideのgo for broke)で知りました。

このお店のウリは、”熱烈ゴマパワータンタン麺”です。ゴマペーストがタップリ入った”担担麺”です。

煮込み6
これが、今までいただいた経験が無い”鍋煮込みらーめん”です。お値段880円。

食べた途端の印象です。「味が、スープの味が濃い!!!煮詰まっている!!」でした。

麺は細いストレート麺です。やや煮詰まりに弱いのではないかと思いましたが、スープの濃いさに比べるとありがたい味でした。

さすがにスープはタップリ残しました。何時もならスープの一滴まで飲み干すワタシが・・・・

このお店は”再訪微妙”ですね。遠いからなんですが・・・・・・


今日最後にご紹介するのは、2013年2月8日にシリーズ”472番目”にご紹介した、一番町2丁目、伊予銀行大街道支店の北側二本目の東向き一方通行の道沿いにある有名なラーメン店”麺鮮醤油房 周平”さんです。(「麺鮮醤油房 周平」・「愛媛グルメ紀行」 472

玄関1
こちらがお店の玄関です。東隣にもラーメン屋さんが並んであるのですが、客の入りではこのお店に軍配が上がっているようにお見受けしました。

お店の玄関脇には”製麺所”があるところを見ると、麺は自家製麺をお使いのようです。

店内を見回しますと、店内の一番広い壁に、おどろおどろしい程の”能書きが大書”されています。

そもそも、ワタシの持論ですが”壁面能書き大書型”のお店で、唸らされるほどのラーメンをいただいた記憶がありません。

周平ラーメン6
さて、これが店名を冠した”周平らーめん”です。お値段700円。

能書き”は無視して、静かにスープを啜ってみました・・・・・・・・「濃いーーーーーー、超濃厚ーーーーー!!

このラーメン(周平さんは”らーめん”と表記されますが・・・・・)には、店主さんの美味しいラーメンを提供したいという強い思いが凝縮しているのでしょう。

ワタシには全く何も伝わりませんでしたが。

このお店は”再訪”を考えていません。単に相性が合わないというだけです。猛烈なファンが多いことは知っています。


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

以前行っていました。

こんにちは
一番亭は、大洲の国交省に仕事に行った時によく行っていました。
昨日も、マラソンの帰りにとなりのショッパーズまではいきました。
嫁さんが、ラーメンは要らないと言う事で食べることは無かったです。
今度の機会に行ってみます。

コメント

ふなこ様

コメントありがとうございました。大洲の「一番亭」は、中々濃厚な味で、好き嫌いが明確に別れるかも知れませんね。

でも、こういう濃厚な味も、世の中にはあって、それで長い間お客さんに支持され続けているんだ!ッて言うことを、知ることは「味巡り」をしているものにとっては、必要かも知れませんね。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード