スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「再訪 327 リトルイタリア FLOR(フロア)」・「愛媛グルメ紀行」 922

今日は、三津浜地区住吉町にあるイタリアンの名店、”リトルイタリア FLOR(フロア)”さんをご紹介します。4回目のご紹介です。4回ご紹介するお店の26番目のお店です。


過去のアップは、以下の通りです。(「リトルイタリア FLOR(フロア)」・「愛媛グルメ紀行」 222)・(「再訪50 リトルイタリア FLOR(フロア)」・「愛媛グルメ紀行」 398)・(「再訪 120 リトルイタリア FLOR(フロア)」・「愛媛グルメ紀行」 545


このお店をこの時期再訪したのは、仕事の相棒がこの日急に「今日は無性に”スパゲッティ”が食べたい!今まで行った以外のお店でいいお店ありますか?」っときた。何時ものことですが。

玄関1
彼と仕事をするようになって、一年余り。昨年12月1日に独立し、新しい法人を立ち上げたのも、彼との仕事の必要上のことです。


ですから独立した当初は、彼との仕事以外は”医療コンサルタント”の仕事を発注してくれるコンサルからの仕事の二本立てで!って考えていました。


とことがイザ独立してみますと、今まで務めていた不動産会社のお客さんが、ワタシに何かと注文を頂くという、想定外の事態が続いています。


不動産業は、会社にお客さんが付くのでなく、個人に付くのだということを実感していた日々でした。

メニュー2
さてこのお店に着いたのは、午前11時15分。このお店の開店時刻は午前11時30分です。


まだお店は開店準備の時間でしたが、無理を言ってお店に入れて頂きました。


ワタシはこのお店、4回目です。何時も写真を撮り、何かと質問する客ですので覚えておられたようです。


相棒にはこのお店の特徴や来歴を話しております。

店内3
さて、上の上の画像にある”ランチメニュー”です。


今までの3回と異なっていた点が、2点あります。その一つは、”Aセット”のお値段です。1回目は980円でした。そして2回目と3回目は1080円。そして今回は1180円でした。(何れも内税です)


つまり、このお店の価格自体が変わったと言うより、消費税の影響でしょう。この内容でこの価格であれば、十分すぎるほど納得出来る価格です。


そして一番大きく変わったのが”麺の種類”です。今までの3回は、このお店が使っておられた”パスタの種類”は、”スパゲッティ”、或いは”スパゲッティーニ”だろうと思っています。つまり”ロングパスタ”の中でも、一番”細いパスタ”を使っておられました。

前菜4
この画像は”前菜とパン”です。さて、使っておられる”パスタの種類”の変更です。今回使われているパスタは”リングイネ”でした。


今まで何度か、”パスタの種類”について説明してきましたが、ここでおさらいをしてみましょう。”スパゲッティ”と”スパゲティーニ”は、”ロングパスタ”の中でも円形で細いパスタです。


ところが、今回このお店で使われていた”リングイネ”は、楕円形で直径は”スパゲッティ”より約1mm太い3mmです。


この”リングイネ”を使っておられたお店が、県道伊予川内線沿いの砥部町高尾田にある”和ビストロきむら”さんでした。今は閉店されています。(「再訪 101 和ビストロきむら」・「愛媛グルメ紀行」 504

パン5
何故(なぜ)、使われるパスタを変えられたのか?この””を、店主さんにお聞きするチャンスがありませんでした。


ワタシたち2人がお店に入ったのは午前11時15分ですが、11時30分の開店時刻と同時に2組の女性グループ客がお店に入りました。


今までの3回は、店主と奥さんと、それに他の女性の3人体制でしたが、今回は店主と奥さんの2人体制。(この日だけそういう体制だったのかも知れませんが、恐らくは2人で運営されることになさったのでしょう)

白身魚のトマトソース6
この画像は、相棒が注文した”白身魚とトマトソース”の大盛り(これを、このお店では”ミツハマーナ”と呼んでおられます)です。


彼は働き盛りの45歳。実に小気味良く、メニューを平らげます。食べる量もスピードも、目が覚めるが如くです。


つまり、ワタシにとっては多すぎるっと思った””でも、二人で食べると不思議と”完食”できるのです。

ほうたれイワシとキャベツのペペロンチーノ7
さてこの画像が、ワタシが注文した”Aセット”のパスタメニューである”ほうたれイワシとキャベツのペペロンチーノ”です。


このお店で初めていただいた”マリナーラ”(自家製アンチョビとトマト)の味が、未だに忘れられません。”アンチョビ”を使われたメニューの中では”最高峰”だと、今でも思っております。


アンチョビ”も”ほうたれイワシ”も、”カタクチイワシ”を使った食材ですが、加工工程がまるで違います。


ほうたれイワシ”は、網で揚げ立ちの”カタクチイワシ”を、海水で浜茹でして天日に干したもの。


一方”アンチョビ”は、同じ”カタクチイワシ”を三枚におろして内臓を取り除いた小魚を塩漬けにして、冷暗所で熟成及び発酵させたものです。

ほうたれイワシとキャベツのペペロンチーノ8
つまり”干したほうたれイワシ”と”アンチョビ”の最大の違いは”発酵”させているか否か?の違いです。


そこでこのメニュー”ほうたれイワシとキャベツのペペロンチーノ”の味の”深み”です。なおどちらの食材も、”旬の素材”でることに違いはありません。


ところが”発酵”させてあるとないとでは、”味の深み”に決定的な差が生まれます。

ほうたれイワシアップ9
つまり、調理のド素人でも分かる”味の深み”に対する認識、”発酵”という作用が持っている不可思議な””を、このお店のベテランシェフである店主さんが知らないはずはありません。


それに加えて”使う麺の種類”の変更は、お店の根幹を根こそぎ変えてしまうと言ったほどの大変換です。


その辺りの大きな”疑問”です。今回の訪問では店主さんに確認で切るチャンスがありませんでした。大きな”宿題”を残した訪問になりました。


どうも、今回の”ほうたれイワシとキャベツのペペロンチーノ”の味における、”リングイネ”への麺の変更に納得がいっていないのです。今回のメニューの”味イマイチ”感が払拭し切れていないのです。


三津浜地区の”イタリアン”の最高峰であることは、多くのお客さんの認めところでしょう。そういうお店で感じた微かな疑問、確認せざるるを得ません。

アイスティーと苺のババロア10
尚画像は、飲み物で選んだ”アイスティー”と、デザートの”苺のババロア”です。


普段甘い物を食べないワタシですから、”デザート”まで注文することは極めて稀です。ところがこのお店では、必ず最後の甘い物”デザート”を注文します。


相棒が頼んだ”ティラミス”、相棒が「Hさん、これは美味しいですよ!お値打ちですよ!」って、喉ほって褒めるんです。案内した価値があったというものでしょう。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

昨日は。

じゅんさんこんばんは!

僕が昨日こちらに投稿したコメントはじゅんさんが思い込みが激しいという意味ではありません(笑)

1回目のこちらの店の記事を読んだ時に画像を観て
「あぁ、これは呼び方が違うダケだな・・・・」と思ったんです。

それこそ「ラーメン」と「らうめん」みたいな。

だから「焼き麺」の意味を知ろうとするのは不思議ではなく、店の人も何回も質問を受けたと思います。

僕も「じゅんのつぶやき」を読まずに「焼き麺」の名前だけ聞けば、「何だそれは?」と考え込んだ事でしょう。

でも

ガド様
ガド様

ガドさん、優しいフォローありがとうございました。ガドさんがそういう意味で書かれたのではないことは分かりました。

でも「読女」さんにも書かれた様に「ラーメン」と「らうめん」とは、何か違うはずだ!違うから別のメニュー名で呼ばれているのだ!って思い込むと、「ひょっとして、これは同じもので、単に呼び名を変えているだけ」だなんて、全く思わない性格なんです。

一事が万事そうなんです。だから、失敗したり笑われたり、そして「いかにもじゅんさんらしい!」って納得されたりの繰り返しです。

私、奇妙なところで、異常に几帳面なんですよ。第一こういうブログで、一々番号振っている人っていないでしょう?

いけ!変人

じゅんさん、今治の金龍別館の焼きめし食べたことありますか?
今のところ私の中で日本一です。

焼きめしとチャーハンの違いは?とかブツブツ言ってないで、暇ができたら是非食べに行ってみてくださいね!(^∇^)

合点承知之助

読女様

おホーーーー、「今治の金龍別館」の焼き飯ですね!ええ、行きますとも。このところ、読女さんのお薦めで今治ついていますが、早速iPhone6プラスにメモしました。

初めてカーナビ付きの車を買ったので、石手の事務所から一飛びですね!社長になりましたから、日程自由。

連休中にでも一飛びして、取り敢えずツイッターでアップし、その約一ヶ月後にブログアップをお約束します。

何時も嬉しくありがたい情報をありがとうございます。

初めてのコメントです

こんにちは(^^)
ブックマークして時々拝見させてもらってます
アメーバブログで「愛媛のカフェ巡り」をしてます「愛媛のみかん」です

三津浜には一回しか行った事がなく
散策してた時にこちらの可愛い外観のお店が気になっていました
「大洲のひでさん」も、ここが良いですよ~是非行ってみて下さいと…

次に三津浜に行く時があれば、訪問してみます
すごくわかりやすい内容のブログですね
(*^_^*)
写真も綺麗で美味しそう!

初めてのコメント

愛媛のみかん様

初めてのコメント、どうもありがとうございました。ブロガーにとって、初めてのコメントを頂く瞬間ってブロガー冥利に尽きる時です。

ブロガー歴はまだ6年目ですから、長いとは言えません。ただ私は性格的に決めたアップパターンを守る方なので、日曜日を除く毎朝7時に定時アップを続けているところです。

三津地区は、松山とはやや文化的に違いがありますし、味の面でも独自の食文化を持っています。その中でも、このお店はお薦めです。
ぜひ、ドアを開いてお訪ねして見て下さい。満足されると思います。

その他にも、三津地区にはお薦めのお店が沢山あります。のんびり散策するには最適の地だと思います。

コメントでどうもありがとうございました。

金龍別館

じゅんさんご無沙汰です。
読女さんが書かれてる「金龍別館」の焼めし、あれは絶品ですよ。

お久しぶりです

四楓院様
お久しぶりですね〜😄お元気でしたか‼️
今治の「金龍別館」の焼きめしをご存じでしたか‼️
ええ、先日4日に1人で行って来ましたよ。「読女」さんからコメント貰ったよくじつのお昼にお店の前に立っていました。
旨かった〜〜〜‼️
わざわざ行く価値があるお店ですね〜。次は天津飯を食べに行きます。ブログ記事は、例によって一カ月先ですが。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。