「松山 はまさく」・「愛媛グルメ紀行」 923

今日は大街道2丁目の メトロポールビルの3階にある、”松山 はまさく”さんをお訪ねしました。


この”はまさく”さんは、以前勤めていた会社の近く、確か三番町にあって、創業は何と!”昭和13年”と言われますので、今年で”77年目”という”ウルトラ超老舗”です。この”愛媛グルメ紀行”でも、最も業歴が古いお店です。


ここ大街道に移って来られたからでも、今年の8月で10年目を迎えます。

看板1
これが大街道を歩いていると、見える”看板”で、大街道の西側です。


ワタシが知っている時代の”はまさく”さんは、”超高級割烹料亭”でした。ですから、普通のサラリーマンであったワタシなどが行けるお店ではありませんでしたが、新しいお店に建て替えたられた頃、一二度行った記憶があります。


その時の社長さんはとっても”ダンディー”な方で、”粋な”方でもありました。今でもご健在だそうです。

メニュー2
さてお昼は”ランチメニュー”(1600円・外税)と、”コース料理”(お値段3200円・外税)との二種用意されています。


ワタシは当然に”ランチメニュー”を選びました。それでも普通のサラリーマンのランチ価格とは、大きくかけ離れています。


ワタシは最近、こういう”高級なお店”にも時折お訪ねしていますが、”愛媛グルメ紀行”を書いていなければお訪ねしていかったかも知れません。大変な食通で、貴重な友人から教えて頂きました。

店内3
開店時刻、午前11時30分丁度にお店に入りました。その日の客、第一号です。


広い店内は、カウンター席とテーブル席、それに”小上がり・座敷”が用意されています。


ワタシは一人ですから、当然にカウンター席に。目の前が厨房でした。もちろん、お店の奥にも焼き物や揚げ物をする厨房が別にあります。店主さん兼板長さんは、目の前の厨房でお造りなどを作られています。

ランチ4
この画像が、”ランチメニュー”の全容です。懐石風に一皿づつ出てくるのか?っと想像していましかが、ワンプレートにコンパクトに纏められました。


ご飯と漬物を含んで、全9品が並んだ様は、やはり”壮観”でした。


板長さんが、目の前で調理、或いは下準備をされたものは、”白身魚変わり揚げ”の衣を付けるまでと、”サーモン山椒焼き”の切り身作り、更には”水菓子”と呼ばれる”果物”を切りそろえられ盛られました。


そうそう!もうひと品、”漬物”は目の前でビニール袋から沢庵を取り出し、切り分けられました。この”漬物”だけは、”はまさく”さんらしさが見られませんでした。ちょっと残念に思いました。

六白豚と筍のすき鍋5
さてこの画像が、今日のお料理のメインを務めます”六白豚と筍のすき鍋”です。


六白豚”と言うのは、宮崎県、或いは鹿児島県産の”黒豚”の一種で、体に六ヶ所の白い斑点が浮いている”ブランド豚”だそうです。(店主さん兼板長のお話)


そしてこの”すき鍋”というお料理、ブランド豚も筍ももちろん旨いんですが、ちょっと体が身震いする位に感動したのは、この”鍋のスープ”です。コクがあって深い味わい。ちょっと今まで経験したことのない”次元の違う旨さ”です。

サーモン山椒焼き6
さてこの画像が”サーモン山椒焼き”です。今日の”ランチメニュー”には、3種の”魚料理”が含まれていますが、当然のこととして”三者三様”の調理法で料理されています。


こちらの”サーモン山椒焼き”は、一種の”照り焼き”ではないかと思いますが、サーモンの旨味を見事に引き出されていると思いました。


山椒焼き”といっても、山椒の香りは控え目でチームワーク・バランスのいいお料理です。

長芋蒸し7
こちらの画像は”長芋蒸し”と呼ばれるもので、摩り下ろされた”長芋”の上には、チョコンと”生ワサビ”が乗せられていて、全体をよく混ぜていただきます。


具材には、椎茸などのきのこ類や人参、鶏肉など多彩でした。トロトロとした食感を楽しみました。

白身魚変わり揚げ8
こちらは”白身魚変わり揚げ”です。目の前で、柵取りした白身魚をお造りを作るときのように薄く引いて、予め調味された粉をまぶされ、奥の厨房で揚げられて出てきました。


確かに、とっても”香ばしく”って、白身魚の淡白な味を味わい深い味に仕上げられています。


熱々ですから、フッフッと息を掛けながらいただきました。

南蛮漬け9
魚料理の最後、”南蛮漬け”です。使われている魚は”トラハゼ”だと思いましたが、それに玉ねぎと牛蒡が添えられています。


さりげない料理の様に見えますが、酢加減と唐辛子の絶妙な使い方。さすがですね。


この他に”ヒジキ煮物”も出されました。何でも食べる父でしたが、生涯”ヒジキ”だけは食べませんでした。


否応なく戦争に駆り出され、太平洋上で来る日も来る日も”ヒジキ”だけしか食べるものがなかったという経験からのことです。この父の経験を無駄にはしたくありません。


ワタシがしつこい程、”当たり前に戦争が出来る国にしたい”という”安倍”を絶対に許せない、自由にさせては”日本が滅びる”っと書き続けるのは、上に書いたただ一点”父の経験を無駄にはしたくない”っという思いからです。


何百万人もの犠牲を、日本国だけではなく、海外諸国にもたらして、数知れない悲劇を作った責任者は誰なのか?二度と、そいういう悲劇を作らせてはならない!ワタシはそう考えています。

水菓子10
さて最後のご紹介は、”水菓子”と呼ばれていますが、今回は”果物”でした。内容は、みかん類が”せとか”と”ブラッドオレンジ”です。


甘みと香りが強く、皮が薄くて剥ぎ安くて、人気の柑橘を見事な包丁さばきでカットされました。それに””が付いています。


満足・満腹”のミニコースでした。やはりお値段だけのものはありますね。タマに贅沢を味わいたいがために、65歳を過ぎて尚現役で働いています。働き続ける”エネルギー”となっています。



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

とらはぜ

じゅんさんお早うございます!

とらはぜをお店で出すのは最近では珍しいですね。

子供の頃、興居島での船釣りでとらはぜを釣り、船頭さんが手で捌いて刺身にしたのを食べた記憶があります。

味付けは海水のみで今考えると?ですが当時は「美味しい」と思いました。

この魚は天ぷらや唐揚げにして食べると特に美味しいです。

僕が三十数年間行っていた理容店の店主が言ってました

「学校を出て住み込みで修行した店の食事がいっつも高野豆腐での~それからは高野豆腐が嫌いになったんよ」
と話していたのを思い出しました。

そういう事ってありますね(笑)

おはようございます

ガド様

トラハゼは、若い頃キスを釣っていますと外道としてよく釣りました。また、船釣りでも、ほご(カサゴ)を釣っているときもよく釣った魚です。

トラハゼは、コメントで書かれていたように天ぷらにすると美味しい魚ですね。キス釣りの時に釣れていたコチも天ぷらにすると旨かったことを思い出しました。

 さて、毎日毎日ひじきだけしか食べるものが無いような国にだけはしたくありません。

No title

カウンターの奥
きたないですね(ー_ー)!!

確かに

tora 様

確かにそうですね。鋭いですね!一流の料亭割烹というお店ですから、厨房の中なども綺麗に整理しておいて欲しいですね。敢えて書きませんでしたが、全く同感です。

実は、お漬物のところで、目の前でお漬物の入ったビニール袋を包丁で切って、お漬物を取り出しそのまま盛り付けられたことを書きましたが、それに共通しますね。

私がよく行く、ロープウェイ街の日本料理店「たきざわ」の店主さんが「漬物は手抜きしやすい分野ですが、そこで手を抜いちゃうとねーーー・・・・」って言われたことがあります。一流店なら、そういう点にも気を配って欲しいですね。

No title

こんばんは、いつも楽しく
そして納得!!と訪問しています
浜作大街道店になって行ったことがありません
一度訪れてみたいお店です♪
戦争!!いけません!!!
どんな大義名分があろうとも!!
私世代まででしょうか両親からこんこんと
戦争体験聴かされました
両親は満州からの引き揚げ者でした
特に母からは聴かされました(>_<)
いけません絶対に(・_・;)

お忙しい中

ちーばば様

一人何役をこなされていて、目が回るほど忙しいちーばばさんにコメント頂いて恐縮です。

私は特定の支持政党もありませんし、政治的思想もありません。更に、宗教的思想も信心も全くありません。

ただ一点だけ、決して譲ることが出来ないと考えているのは、「国を守る為」という虚名を言い連ねて、国民の命を使い捨てても一向に平気という奴らが許せないのです。

先の戦争で、国内の大多数の国民を途端の苦しみ、地獄に追いやったばかりではなく、海外の方々まで深刻な被害をもたらしました。その反省の上に立って、二度と戦争はしない!っと全世界に発信しました。

ところがこのところ、御用学者や御用マスコミ人を総動員して、日本は過去に反省すべきことなどない!っと言い募る勢力がいます。

私は、過去の戦争の責任は、軍人だけに負わすべきでは無く、それに加担した官僚や産業界も責任を追求されて然るべきと考えています。東京裁判では軍人だけが裁かれましたが、共犯者、いや首謀者であった官僚は無傷でした。その孫が、再び国民を使い捨てライターの様にしようとしています。許せません。二度と戦争をさせてはならないと思っています。

No title

ごもっとも!!!!!

ありがとうございました

ちーばば様
私は、本日のブログを書いた時、今まで余り政治的な意見を率直に書くことを控えてきました。私には、特定の政治信条などないからです。

とことが、特定のマスコミを官邸に呼びつけて、「言論の自由」を侵す事を平然とやる!提灯記事を書き連ねているゴミのようなマスコミ人をNHKに平然と登用する。」これはカッキリ、戦争前夜という状況です。

その中にあって「最近のアベチャン、頑張っているよね!」っていうミーチャンハーちゃんの増えたこと!

アベチャン、かっこいいわねーーって言っているということは、自分の子や孫を無条件で命使い捨てにして頂いて結構です!って言っているのと同義語だということに気がつくべきです。

私がこういう意見をブログに書きますと、読者が減るかも知れません。でも読者が千分の一に減ろうが一向に平気です。反発したい奴は反発すればいい!でも、そのことによって、子や孫の命を無条件無慈悲に奪われても、唯々諾々となるつもりなら、お好きな様に!って言いたいです。
コメントありがとうございました。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード