「東京リポート ⑦」・「過去記事を振り返る」 68

今日は「東京リポート」の第七回です。2010年10月31日にアップしたものの再掲です。


今日も、先週と同じく”アメ横”の風景です。(記事記載当時の風景です)


今日の「東京リポート」は、「アメ横」の代表的店舗を3店舗ご紹介します。

アメ横果物屋縮小
まずは、アメ横入口近いところにある八百屋さん。


付いている値札は、一応「建前」。この街では値切らない人はいません。


八百屋のオジサン、口上を言いながら、通りがかりの人と掛け合いが続きます。


「ネエネエ、そこのニイチャン、この”サクランボ”モッテケヨー、エーー、”高陽錦”だよー」


「幾ら ダイ?」


「ニイーチャン、パック500円なんて、ヤボは言わないよ。コチラ江戸っ子だよ、エー、2パックで1,000円でドオー?」


「そのママジャン、フン」


「ダヨネー、フフ・・じゃあサー、もう1パック付けるよ。3パックで1,000円。モッテケドロボー」などと、歯切れのいい東京弁でまくし立てる。

アメ横魚屋縮小
こっちは魚屋。


東京は日本中の魚が集まる。


特に「アメ横」は、”築地市場”に近いから、鮮魚の新鮮さは日本一。


人気は何と言っても「マグロ」・「カニ類」・「イクラやウニ類」の三種の神器。


魚屋の口上は、塩辛く、低く、唸る。腹に響く。


年末、31日には、民放やNHKを問わず、必ずこの店の「数の子」と「マグロ」と「ブリ」の叩き売りが歳時記として生中継される。


松山っ子が「萱町」の売り出しを思い浮かべるように、関東の人は、ここの生中継を聞いて年の瀬を感じる。

アメ横呼び込み縮小
この店(雑貨屋)の呼び込みも「アメ横」名物。


ワタシが40年以上前、学生で東京にいた頃と同じ口上で人を集めている。


「チョット、ミンナ、キ・イ・テ・ヨ・ーオ。エーー、銀座のデパートの噂、聞いてるだろー?」


「いや、ホント、危ないんだよ、もう時間の問題」


「イエ、サー、そりゃあ、ア・ブ・ナ・イ・なんて、大きな声じゃイエネーヨー」と手を口に当てて大声で。


「でも、もう噂になっちゃってるモンネー、ソコデダー、オニーサン、オネーサン」


「いや、オネーサンって、そこの、それシワだらけ・・・・・、イイジャナイノ、ここじゃミンナ、オネーサンにナルノッ テー」


「その噂のデパートがサー、倒産前に、仕入れ値をメッチャ切って、捨て値で、ミンナに持って帰ってもらおーって。うん、マア、恩返しだよねー、オニーチャン」


「品物、見てってオクレヨー、デパートで売ってる品物だよー、3個1,000円でいいよ」


まだ、噂のデパートは潰れていないらしい。シ・ブ・ト・イ・モンダ。


でも、さすがに誰も振り向かない。


だから呼び込みのオニーサン、声がガラガラに嗄れている。喉の血管が浮いている。


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード