「再訪 328 本場中華料理 長楽」・「愛媛グルメ紀行」 924

今日は仕事の流れで仕事の相棒と、山西町の”本場中華料理 長楽”さんをお訪ねしました。


今回が4回目の訪問です。4回訪問したお店の27番目のお店になりました。つまり、お気に入りのお店だということです。


過去3回のご紹介は、以下の通りです。(「長楽」 真っ当な「B級グルメ店」 78)・(「再訪31 本場中華料理 長楽」・「愛媛グルメ紀行」 373)・(「再訪 252 本場中華料理 長楽」・「愛媛グルメ紀行」 763

玄関1
これが”済生会病院”の正門前にある、お店の”玄関”です。


このお店の店主さんは、太平洋戦争の敗戦を迎えて、中国から日本に引き上げてこられました。その時はまだ14歳か15歳の少年でした。


生きていくために”中華料理”を学ばれ、松山で”中華料理店”を開業されて今年で20年目を迎えられます。

メニュー2
このお店は、過去に3回お訪ねしていますが、その3回とも”麺類”を注文しています。


つまり”麻婆ラーメン”、”棒坊鶏冷麺”(ばんばんじいれいめん)、そして”普通の”冷麺”です。


今回も迷うこと無く”麺類”を注文しました。自称”人類ならぬ麺類”ですから、エエ。注文したのは”チャンポン”650円(内税)です。

店内3
ワタシたちがお店に入ったのは、正午少し前です。店内は満席でしたが、偶然一席空いたので直ぐに座れました。


ところが、それから10分もしない内に玄関に行列が出来ました。この時間帯には、当たり前のこのお店の光景です。


ですから、お客さんたちも手慣れたもの。黙って行列っを作ります。回転が早いので、それから15分もしない内に、この画像の様に空席が出来ます。

セットメニュー4
この画像は、相棒が注文した”セットメニュー”です。メニューの名前やお値段は見ませんでした。


このメニューを注文した直後、相棒が「Hさん、このお店、こういう辺鄙なところにあるのに、何で?こんなに人が並ぶんですか?」って聞かれました。


「まあ注文したメニューを見て、それを食べてみたら、その答えは分かるんじゃないですか!」ってワタシ。


そして画像のメニューが運ばれ、彼がお料理に一箸つけるなり「Hさん~~!!!エエ、納得です。なる程ね!こういうことだったんですね」って。

チャンポン5
これがワタシが注文した”チャンポン”です。これで内税650円は、とってもお値打ちでしょう。


彼が納得した理由、つまり、「安くて旨くて、その上半端なボリュームではない!」という訳です。


このお店に集まるお客さんたちは、その事を皆さんよく知っている。ですから、蟻が集まるように、お昼時ともなると、ゾロゾロゾロゾロと玄関前に行列を作るんです。

チャンポン6
ただ、旨くて安い!これはイイ!!


でも、このボリュームがワタシには困るんです。これを見た瞬間から、「アアアアアア・・・・・この””・・・・これはとても食べきれない・・・・」って呟いてしまいました。


すると相棒、「Hさん、これって普通の””じゃないですか!!!チャンポンで有名な”リンガーハット”なら、この野菜の山、軽く二倍はありますよ!」っと。40代中盤の働き盛りの彼にとっては、この位の量は平気の平左の様です。

アップ8
でも、この”小山”を、マア見て下さいよ・・・・・・。ワタシの食の友人には”蛇腹の胃”を持った友人が何人もいます。


相棒だけではなく、その友人たちにとってもこの位の””は、アッタリマエ!でしょう。


ところでこの”チャンポン”です。野菜をタップリ食べたい方、しかも消化にいい状態で食べたい方にはこの上ない料理でしょう。


しかも”スープ”がすこぶる美味しいんです。もうこの”スープ”だけでも、体の隅々に野菜と出汁をとったベースの豚骨のエキスが染み渡ります。

麺9
もちろん、画像の””だって、いい小麦を使われていることが舌で分かります。行列の最後に付いてでも、順番を待ちたくなるお店でしょう。


彼は、あのボリュームのセットメニューを「Hさん、これって肉・肉・ニクですよ~ー」っと言いながら、完璧に完食しました。


彼が努める会社、ある分野では日本一の一部上場企業です。”日本一”になるってことは、尋常な職場ではなり得ないということです。


その”過酷な”職場環境の中で生き抜いていくためには、こう言うお店は”必須”的に重要なんです。


ワタシは、そういう彼の”ランチ”の”パイロット”役を今日も果たした様です。



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

じゅん様

コメありがとうございました。m(_ _)m

『”本場中華料理 長楽”さん』のチャンポン私も食してみたくなりましたねー。

お野菜で山が、中からは肉のFamilyがぞろぞろとー。
しかも、REASONABLEこれは企業戦士を日本一にさせてくれますとも

ご馳走様でしたm(_ _)m

こちらこそ

ぴんくモッチー様

こちらの方こそ、コメントありがとうございました。ご訪問頂いただけで嬉しいですね。

日本一の企業の、優秀な営業マンと仕事をしていますと、年はずっと若いですが学ぶことも多いですね。丁度働き盛りに差し掛かった相棒を支えるのが私の役目です。

それは仕事面だけではなく、旺盛な活力を維持するための美味しい食事へのパイロット役もこなさなければ、と思っています。いい組み合わせだと思っているところです。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード