「愛媛グルメ紀行」を振り返る 162

今週の土曜日の”愛媛グルメ紀行を振り返る”シリーズは、一作年(2013年)の冬には違いないけど、どこかに春の到来を予想出来はじめた頃にアップした485号から487号までのお店です。

先ず最初”に振り返るお店は、2013年2月28日に485番目のお店としてご紹介した、通称椿神社裏参道を南下し、椿神社西大鳥居がある交差点を西に曲がりドラッグストアー”マック”の南側の西沢ビル1階にある”うどん 麦わら”さんです。(「再訪 86 うどん 麦わら」・「愛媛グルメ紀行」 485

このお店は2回目のご紹介っでした。初めて紹介した記事が以下の通りです。(「うどん 麦わら」・「愛媛グルメ紀行」 370

このお店一昨年4月に開店した比較的新しいお店ですが、今ではすっかり地域のお客さんの支持を得ておられます。(記事記載当時)

玄関1
こちらがお店の玄関の佇(たたず)まいです。実にスッキリした設(しつら)えで、過剰な演出は一切ありません。

このお店は、初回訪問時の印象が極めてよかったことを今でも覚えております。

麺の印象を<麺は細麺で、艶があって照り輝いています。もちろん、モチモチした弾力もある。ワタシ好みの麺でした>っと書いております。

この日注文したのは、このお店では”煮込み”と呼んでいる”鍋焼きうどん”、お値段650円です。

鍋焼き7
カウンター席に供せられた時は、まだ出汁がグラグラ沸き立っていて手が出ません。

具材は至ってシンプル。カマボコと半熟状態になった卵、長ネギ、ワカメ、そして牛筋肉です。この牛筋肉が、出汁に深みを与える重要な役割りを負っています。

実はこの後、食べ終えるまでずっと、ずーーーーーーーっと!、低い唸り声が出続ける事になります。とにかく、素晴らしく旨いんですから!!!

このお店は、この後も”再訪を繰り返す”お店になりました。ワタシが松山で最も好きなうどん屋さんの一つです。

<注>このお店、ごく最近再訪しました。”うどん”の麺と出汁の味が変わっていたような?何故なんでしょう?


次二番目にご紹介するお店は、2013年3月1日に”486番目”のお店としてご紹介した、朝生田町の南環状線沿いに、一昨年7月の下旬にオープンした”味千拉麺”さんです。(記事記載当時)(「再訪 87 味千拉麺」・「愛媛グルメ紀行」 486

このお店は”ナショナルチェーン”のお店で、ラーメン分野では全国区でしょう。このお店も再訪でした。最初にご紹介したのは以下の通りです。(「味千拉麺 朝生田店」 ・「愛媛グルメ紀行」 141

玄関1
これがお店の玄関です。

味千拉麺”さんは、出発は熊本で、久留米から伝わった豚骨ラーメンに、”味千拉麺”の創始者が”ニンニク”の風味を加えて、現在の”熊本ラーメン”の基礎を作ったということです。

この中で”まぜそば”(油そば)というメニューを見たのが再訪した動機でした。お値段は700円。このお店は外税ですから、735円ということになります。

このお店では”まぜそば”と呼んでおられますが、一般的には”油そば”と言われるメニューです。

まぜそば4
これが”まぜそば”(油そば)です。

ご覧のとおり、スープは入っていません。器の底にわずかに入れられた醤油やラードの入った濃いタレを、麺や具材と絡めて食べます。

最初から、酢が入った容器が同じお盆に乗せられていますから、好みによって混ぜるのだろうということは推察できます。

実は”油そば”の特徴は、ラードや油に如何に旨味を乗せるかにあります。そこがお店の腕の振るい所なのです。

多分、この”まぜそば”を、「さすが天下の、或は世界の”味千拉麺”さんだけのことはあるね!美味しい!!」と思うお客さんもいるはずです。

でもワタシには、馴染みがなかったためか表現できる言葉が見当たりませんでした。 

この時は強い印象を保ちませんでしたが、その後も”再訪”しました。南環状線沿いにあって、便利です。


今日最後にご紹介するのは、2013年3月4日にシリーズ”487番目”にご紹介した、千舟町通りの百十四銀行松山支店の西隣にあるcucina italiana il Bevitore(クチーナ イタリアーナ イル・ベヴィトーレ)さんです。(「再訪 88 il Bevitore(イル・ベヴィトーレ)」・「愛媛グルメ紀行」 487

このお店も再訪でした。最初にご紹介したのは以下の通りです。(「il Bevitore(イル・ベヴィトーレ)」・「愛媛グルメ紀行」 399

建物1
こちらが千舟町通り南側から見たお店の様子です。

この建物の2階で3年前の5月に開業されました。でも、もう松山では名の通ったイタリアンレストランとしてしっかり有名になりました。(記事記載当時)

ご夫婦が2人でやっておられます。

パスタ9
こちらが、3種のパスタからワタシが選んだ”タチウオ 春キャベツ ケッパーの白ワイン風味”のパスタです。

選んだパスタに、”前菜”が付いている”Pranzo A”を注文しました。お値段は900円です。

タチウオ”を軽くボイルしてパスタに和えられています。実に新鮮な組み合わせだと思いました。

白ワインの風味が効いていて、タチウオの魚臭さを消してくれています。

このお店も”再訪”したいと思っています。このお店の”前菜”は、ちょっと他では見られない水準だと思うからです。


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは♪
いつも投稿楽しく拝見しています♪
イル・ベヴィトーレさんはランチもしているのですか?
以前、夜行きまして前菜の種類の多いのと美味しいのにびっくり!
そしてデザートの美味しかった記憶が♪♪
チーズの入ってるアイスクリームでしたが(^^♪
最初と最後が美味しかったのでパスタとお肉の記憶がないのですが
またお邪魔したいお店です♪

おは

ちーばば様

お疲れの中、何時もありがとうございます。イルベトーレさん、私が行ったころはランチされていました。今も、お昼前後には、階段の入り口を上がっていくお客さんを見かけますので営業されていると思います。

このお店はランチでも品数が多いので、私は口頭説明では覚えきれないのでメモを作ってもらいます。嫌な顔一つせず、作っていただけます。
ありがたいお店でもあります。0620

同じ

ちーばば様

同じ6月でしたね^^お誕生日、おめでとうございます。

私は年を重ねることは素晴らしいと思っています。私ももう間もなく66歳になりますが、年を経ないと見えてこないもののまあ多いこと。

弱音や皮肉ではなく、本音で「加齢万歳!」って思っています。
今が何時でも青春だって、真面目に本音で思ってるんです。

だからこそ、お誕生日おめでとうございました。^^
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード