「再訪 334 お好み焼き おぐら」・「愛媛グルメ紀行」 936

その日は、大変に忙しい土曜日でした。(4月25日)


相棒は出張中で、相棒に出されていた”宿題”を追っていました。


その仕事の流れで、先月(4月9日)にアップしたばかりの、三津地区は中須賀2丁目にある”お好み焼き おぐら”さんを再訪しました。(「お好み焼き おぐら」・「愛媛グルメ紀行」 909

玄関1
元々このお店は、ワタシのブログの読者:”ゴリッチョリーヌ”さんから情報を頂いたお店です。(最近、その”ゴリッチョリーヌ”さんから音沙汰ありませんが、お元気なのでしょうか?)


さて、玄関の暖簾をくぐってお店に入った途端に、女将さんと目が合いました。


すると女将さんに、「アレ”じゅんのつぶやき”さんが来た!!」っと笑顔で迎えて頂きました。

焼きそば投入2
この画像は、注文した”焼きそば”(お値段、内税で560円)です。今回はその”焼きそば”が出来上がるまでの過程を詳しくご紹介しますので、店内の様子やメニュー等はアップしていません。


この画像は、冷蔵庫から袋に入った””を取り出し、鉄板に投入した瞬間のもの。


この””の量を見て、「これは”楽勝”だな!」って思いましたが、ところが・・・・・事はそう簡単ではありませんでした。

焼く3
鉄板の上で、焼きそばを煽るように焼いていきます。


女将さんに、「たった1回来ただけなのに覚えて頂いていたんですね!」って話しかけますと、「そりゃあ覚えとらい!!」っと。


「この前”じゅん”さんの横に座っとったおばちゃんが2人おったろ!その中の石井に住んどるおばちゃんの子供さんが、”
じゅんのつぶやき”を紙に印刷したやつ持ってきてくれたんよ!あの時の記事」っと。

キャベツ投入4
焼きそばの麺の量は大したことないな!って思いましたが、その後一気に投入された”キャベツ”などの具材が半端な量ではりませんでした。「おおおおお、コレハ・・・・・・ちょっと不安が過(よぎ)りました。


その時女将さん、作業をしながらワタシの隣に座って”三津浜焼き”が出来上がるのを待っていた、ワタシよりずーーーーっとお若いおばちゃんに「この人が例の”じゅん”さんよ!」っと言って紹介していただきました。


その若いおばちゃん、「え!あの・・・・・・」っと、ちょっと表情が変わったような・・・・・

野菜焼き5
女将さんは、委細構わず大胆に”野菜類”を鉄板の上で煽(あお)っていきます。豪快です。


と、その時横の若いおばちゃん、紙とボールペンを取り出してワタシに向かってこう言いました。


「松山でなー、1000円か1500円位までで美味しい”ランチ”食べさせてくれるお店教えて!!」って。前回のシーンが鮮やかに蘇った瞬間です。

卵投入6
鉄板上では卵が割りいられて広げられました。どうやら、”広島焼き”で言うところの”オムそば”風に仕上がるようです。


「そうよなー、”ランチ”って一言で言っても様々ななジャンルがあるけん・・・・・うーーーん。じゃあ取り敢えず”洋食”部門でお薦めのお店をご紹介しましょうか?」っとこう言いますと、若いおばちゃん大きく頷かれた。


そこで「先ずお薦めは、来住町にある”たゔぇるね”さんでしょうね。毎日日替わりで”ランチ”を出されています。お値段は確か780円だったような・・・」っと。おばちゃん、熱心にメモを取られる。

ソース塗り7
「そのの場所はどう行くん?そしてどんな料理何?」っと質問されました。「ええ、国道11号線から農免道路に入って、高速道路の高架に出会うまでの◯◯がある交差点を右に入った所にあって、お料理の種類は”地中海料理”とでも言うか・・・腕の立つ女性シェフが作っておられます」っと。


すると女将が「”地中海料理”って珍しいけん、エーーヤン!、ところで奥道後から松山市内に下りる途中に列車のレストランがあるやろ!何言うお店やったかーーーー・・??ああそうよ”でんぷん”さん、どう思う?」っと、ここで作業をしながら参戦してきた。


「いや”でんぷん”さんなら本物ですよ。凄く美味しいと思います」っとワタシ。「そう言えば、あのお店もちゃんとしたシェフさんが料理作りよるもんな!」っと女将、次第に盛り上がっていく。

オムそば8
ついに”焼きそば”が完成して、鉄板の上をすスーーッと滑るように移動してきた。「わお~~ー、やっぱ、これは食べきれんな!」ってこの時覚悟した。


若いおばちゃん「その他のお薦めのお店は?」っと急かす。


そこで「後は、愛媛銀行立花支店横にある”ストロベリー・キャンドル”さん。ここは所謂(いわゆる)”洋食屋”さんで、全うな正統派の”洋食”を出されます。付いている”サラダ”がまた凄いんです。ランチは800円位やったと思います」っと。


「それにもう1軒加えると、場所がちょっと分かりにくいんですが、何時行ってもお客さんが一杯の”イル・モンテ”さんでしょう。3種類の日替わりランチがあって、お値段はナント630円ですよ!」っと。

オムそば9
「じゅんさんが薦める言うお店、みんな1000円以下なんやね~~・・・・安い!」と若いおばちゃん、メモに力が入る。


「それとねー、松山で美味しい”スパゲッティ”食べたいと思ったら絶対外せないお店が”フォンターナ”さんですよ!」っとワタシ。


「え!?そのお店って何処にあるん?」と言われるので場所も説明した。「絶対に行ってみる!今日は得した!!」っと若いおばちゃんが目を輝かせた。

残った10
このお店の”オムそば風焼きそば”は、もちろん美味しい!それは間違いありません。


ところが、この”がもうワタシには無理なんです。画像の分だけ残りました。「コレ、持って帰るけん、折りに入れて!」っと声を掛けた。


パックに入れてもらったこの”焼きそば”が、その日の夜の夫婦2人のメインディッシュになった。二人がかりでやっと完食が出来た。


親しく接して頂けるお店がまた1軒増えました。ありがたいことです。



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こちらのお店は初めから持ち帰り目的でも折を出してもらえるのかしら…。三津浜焼きはいつも候補に挙がりながらお店を見つけられず他に行ってしまうのです。

桜秋桜さん、閉店ですかね?よく前を通るのですがいつもチェーンがかかってるような…。

可能です

くく様
はい、最初から持ち帰りと言えばちゃんと作ってくれます。
そう言うお客さん多いお店なので。
待っている間、おばちゃんとの会話を楽しむもよし、電気予約でもよしです‼️

桜秋桜さんは、そうなっているですね〜‼️詳しくは知りません。

No title

じゅん様


”オムそば風焼きそば”観てとびっきりの美味しさが解ります
私も『お好み焼き おぐら』一応メモに力を入れ書きましたよ(笑)
麺も太めで手早くダイナミックで、お客様の眼も楽しませてくれる
素晴らしいおみせですねー。
こういうお店は栄えないはずはないですね

もう松山では”じゅんのつぶやき”さんは、媒体と同じような存在ですね。これも、じゅん様の汗と涙と足?、で勝ち取った努力の結晶ですねー。おめでとうございます

ありがとうございます

ぴんくモッチー 様

コメントありがとうございました。

このお店は、鉄板の上で注文されたメニューを女将さんがコテで仕上げていく、そのパフォーマンスと会話が楽しいですね。
アレヨアレヨという間に仕上がって行きます。

このお店は2穴回目ですが、私もすっかりお馴染さんになりました。
松山では、「お客さんA」ではなく「じゅんさん」と呼んでもらえるお店が増えてきたことは事実です。ありがたいです。

お店に入ると「アレ、じゅんさん、お久しぶり!」ってね。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード