「再訪 340 金龍別館」・「愛媛グルメ紀行」 945

今日は、今月(6月11日)にアップしたばかりの、今治市米屋町にある中華料理の老舗、”中華料理 金龍別館”の2度目のご紹介です。


初めてお訪ねした日は5月4日でしたが、2回目の今回は5月11日でしたので、その間隔は一週間です。しかも、今治です。如何に気に入ったかという証です。(何れの訪問日も月曜日)


松山市内でも、2回目の訪問で一週間後というのはめったにありません。初めてお訪ねして頂いた”焼きめし”に痺れました。惚れました。

玄関1
こちらがご紹介したばかりの”玄関”です。


前回お訪ねしたのは、ゴールデンウィークの真っ只中でしたので、県外ナンバーの外車客を含めて満席でした。


外観は、何の変哲もない”古びた中華料理店”です。ところがどっこい、飛び抜けて旨いメニューを出されます。

店内2
この日は平日の正午(開店直後)でしたから、客はワタシを含めて3人でした。


時々コメントを頂く”四楓院”さんからも、「”金龍別館の焼きめし”、あれは絶品ですよ。」っと言うコメントが!

メニュー3
そしてこのお店のウリは、”焼きめし”以外にももう一品あって、それがどうやら”天津飯”らしい。


そりゃあ!行くっきゃないでしょう!!!」っという事で、一週間後に飛んできたという訳です。


注文するメニューは、松山を午前11時に出る前から決まっていました。アタボウだい!って言うことで”天津飯”を注文、お値段630円(内税)です。

天津飯4
さてこの画像が、件(くだん=問題の)の”天津飯”ですよ。中華スープと漬物付きです。


これが出された瞬間から、まるで”異次元”の世界に引きずり込まれました。ご飯は少なめに!って注文してあったんです。


見た瞬間、「ああああ、これでご飯少なめですか???」っとワタシ。お店の女将さん「ええ、ご飯の量、少なくしてあります!」っと。


「でも、これはとても食べ切れそうにありません!」っとワタシが嘆くと、女将さん、随分自信ありげに「フフフ、大丈夫ですよ!キット食べ切りますよ!!」っと。ワタシの””が、スッカリ縮んでしまっていることをご存じない。

天津飯アップ5
で、この”天津飯”です。この”甘酢餡”のボリュームと色艶を、マー見てくださいな。先ず、今まで食べてきた”甘酢餡”とは、決定的に香りが違っていました。”酸っぱい”香りがしないんです。


ふんわり仄(ほの)かな”和風出汁”の香りがするんです。そして、この”盛り上がり”です。


まるで、”太平洋”に”巨大惑星”が接近して、その”巨大惑星の引力”で”大海原”が盛り上がったかの如くです。

レンゲ6
早速食べてみました。出汁の効いた”和風甘酢餡”、香ばしく、しかも分厚く焼かれた””、そして筍や椎茸等の具材、更に甘酢餡が染み込んだご飯。


これらが渾然一体となって、画像の”レンゲ”に乗っかっていて、それがスルスルと口腔を通り、食道から胃へと真っ逆さまに吸い込まれていくんです。


まあ”至福の時”ですよ。”水ケ峠トンネル”を抜けて”玉川湖畔”を通り、今治市内に入って”ドンドビ交差点”を左折してこのお店にたどり着きました。

断面7
こんなに旨いものが食べられるなら、松山から今治なんで”朝メシ前”ですよ!、アッ間違った、モトイ、”昼メシ前”ですよ!


この”天津飯”の断面を見て下さい。


まるで”甘酢餡の海”の上に、”天津飯”が浮き上がり浮遊しているではありませんか!


冒頭に書いた”異次元”の世界に引きずり込まれましたって言うのは、味よし香り良し、見目形(みめかたち)良し、そして食べる者の五感を、この”天津飯”の深層部まで吸い込んでしまうかの如くの”吸引力”更に良し!です。


も~~~””の焦がし加減なんて、言葉が出ません。このお店の大将、”炎の芸術家”ですよ。

完食8
ハッと我に返れば・・・・何と綺麗さっぱり”完食”していたではありませんか!!


思わず「アレレレ・・・・・・全部食べちゃった!」って、声を漏らすと、女将さん笑顔で「えええええ、分かっていましたよ!」って。ウフーーー!ニクイ!!


「松山からやって来ました。しかも、先週に続いて2週連続でこのお店に来ました。聞きしに勝る旨さです!」って女将さんに、勘定をする時につぶやきました。


すると「ええ、もちろん覚えていますよ!」って言いながら、今度は黙って”青い小袋"を渡して頂きました。その”青い小袋”に、又もや驚愕することになります。

コインパーキング9
この画像が、お店指定のコインパーキングの精算機の画像です。


前回はゴールデンウィークだったからでしょうか?コインパーキングの精算機は”85円”という誠に中途半端な額を示しまして、渡された”青い小袋”にはきっかり”85円”が入っていました。


ところが今回は平日でした。すると、このコインパーキングの精算機には”80円”っと表示されたのです。


「アレレ、80円だって!じゃあ”5円”得しちゃうのかなー??」って思って”青い小袋”を開けますと、見事にきっっかり”80円”入っていました。平日仕様に、ちゃんとなっていました。


フフフ、やりますね!さすが!!

中華料理金龍10
それで蛇足なんですが、”金龍別館”の大将がお兄さんと始めたという”中華料理 金龍”の玄関がこの画像です。


今治市の別宮町にあります。四国霊場の”南光坊”近くにあります。


いやはや”金龍別館”さん、癖になりますね!



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード