「愛媛グルメ紀行」を振り返る 171

今週の土曜日の”愛媛グルメ紀行を振り返る”シリーズは、一作年(2013年)の春頃にアップした513号から515号までのお店です。

先ず最初”に振り返るお店は、2013年4月19日に513番目のお店としてご紹介した、小坂4丁目、国道11号線沿いで、ちょうど南環状線と高架で交差する高架の下の側道沿いにある”中国かっぽう 大岩”さんです。「再訪 104 中国かっぽう 大岩」・「愛媛グルメ紀行」 513

玄関1
この”中国かっぽう 大岩”さんの母体は、木屋町2丁目にある”雁飯店”さんであることをご存知の方は、もう多いと思います。

ただ、南環状線と国道11号線の交差点だったものを高架橋を掛けて交差するようになりました。ですから、お店は高架橋の下の測道沿いに立地環境が変わりました。

五目ラーメン5
上の画像が注文した”五目ラーメン”です。お値段525円です。

具材は、白菜、インゲン豆、タケノコ、キクラゲ、ニンジン、豚バラ、海老、イカ、タマネギ、大根を桂剥きしたものの短冊切り等で、とても5目では収まっていません。そこにとじられた卵もタップリ入っています。

スープと麺と具材のバランスの良さは流石(さすが)だな!って思いました。

唸るというか、感動で身動きが取れないといったものはありませんが、全体がまとまっていて十分に満足させていただきました。

このお店は”再訪する”と思います。好きなお店です。


次二番目にご紹介するお店は、2013年4月23日に”514番目”のお店としてご紹介した、上浮穴郡久万高原町の直瀬(なおせ)にある洋食レストラン”キッチン スプーン”さんです。(「キッチン スプーン」・「愛媛グルメ紀行」 514

このお店は久万高原町に在住され、ご主人は木工師、奥様は漆師という”兒玉ご夫妻”様に紹介されました。

そしてこのお店、実に”衝撃的”なお店でした。

お店3
こちらがお店です。お住まいはすぐお近くにあります。

お店の右手にある白い玄関ドアの左手に、小さな白い木枠で囲まれた窓が見えます。この””のことを、ちょっとだけ記憶にとどめておいて下さい。

今回はこの何とも心温まる、そして心和む時間を自然に囲まれながらタップリ楽しもうと”kitchen spoon シンプルコース”と名づけられたメニューを選びました。2500円(内税)です。

手打ちパスタ10
こちらが”地粉の手打ちパスタ、ふきと根菜、雑穀のラグーソース”と名づけられた一品。手打ちの生パスタが使われています。

「このパスタの上に振りかかっているチーズのようなものは?」っとワタシ。

「ええ、それはオカラです。香り付けに少しのチーズを加えております」っと。え???”オカラ”・・

あくまでも地元の食材に拘る一方、カロリーバランスにも細心の注意を計られていることがよく分かります。

生パスタのモッチリ感を食感として味わいながら、根菜や雑穀の”土の香り”(と象徴的に表現していいと思う)を感じる深い味わい、フキのホノかな香りを楽しめました。初めて味わうお味でした。

この”ランチ”に費やした時間は1時間と30分。今までのランチでは圧倒的な時間の長さ。でもその長い時間も、実感的にはあっという間の夢に中の出来事の様にお話が進行していった。お話はここで終わった・・・・と思った。でも終わってはいなかった。

何と、店主さんがレストランの白い木枠で囲まれた可愛い””を一杯に開けて大きく身を乗り出し「Hさーん、ありがとうございましたー!」と、あの”モナ・リザ”を更に一段美しくしたかのような笑顔で大きく手を振られているではありませんか。

もう”心を鷲掴み”されてしまいました。まるで映画のワンシーンでした。

このお店は当然に”再訪を繰り返す”お店になりました。お料理の素晴らしさ、おもてなしの心、それら全てに魅了されたからです。


今日最後にご紹介するのは、2013年4月24日にシリーズ”515番目”にご紹介した、通称道後樋又通り(県道六軒屋石手線)沿いにある”四川飯店 菜温”さんです。(「四川飯店 菜温」・「愛媛グルメ紀行」 515

住所は、道後樋又でイエローコーポの1階です。県道の南側にあります。

玄関1
こちらがお店の玄関。玄関は、道路からやや奥まったところにあり、しかも間口もそう広くありません。

このお店は、今年で開店7年目を迎えます。ところが、ワタシは今までその存在に気がつきませんでした。(記事記載当時)

ネギそば4
さてこの画像が、お店で呼んでいる”ネギソバ”です。お値段は880円です。漢字の表記は”葱糸湯麺”です。

供せられた”ネギソバ”を一目見るだけで、このお料理は"スープ”と”葱(ネギ)”をいただくメニューだと分かりました。

供せられた瞬間から、醤油味の極めて上品な”スープ”と”ネギ”芳香が鼻腔を襲います。

そして、更に味の決め手となっているのは”ネギの削ぎ切り”です。太ネギを””の様に細く細く切ったものがスープの中に大量に入っています。

もう、頭の中が真っ白になりました。それほど見事な出来栄えです。

このお店も当然に”再訪を繰り返す”お店になりました。お料理の水準が群を抜いています。


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

それは良かった^_^

南国くじら様
そうですか!今日「たきざわ」さんに行かれましたか。
どうやら、ご家族の方にも喜んで頂いた様で、私もお薦めした甲斐があったというものです‼️
たきざわさんの、細部にまで拘り手を掛けられた「まかないランチ」は、店主さんの心とプライドが込められています。
その事が、このお店のお料理にもを食べることで、無言のうちに伝わりますよね。人と人のご縁が、食品を通じてつながる。まさにブロガー冥利に尽きる話しです。
ご丁寧な報告、ありがとうございました。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード