急告! 安倍とその取り巻きを絶対許さない

今日は、何時ものシリーズを一週後にズラして、タイトルの記事を緊急アップします。


このブログは、政治的な主張を述べたり論争する場ではないと考えていますので、今まで”再び戦争をすることは許さない”という主張を何度か書いてきましたが、それ以外の政治的発言は敢えて控えてきました。


ところが、今まさに日本を戦争の危機に陥れようという”非常な危機的状況”を迎えている事に対し、世の中に情報発信を続けている”ブロガー”として、見過ごすことは出来ない事態と言う認識を持っていますので、ワタシの考えをここに述べておきたいと考えました。


安倍”が国会に提出した「国際平和支援法」と10本の戦争関連法を改悪する「平和安全法制整備法案」


世論の反対を押しつぶして衆議院で”強行採決”した、”安倍とその取り巻き”を絶対に許せないというワタシの主張を述べておきます。


なおこの主張は、父から引き継いだ「日本を二度とあの悲惨な戦争が出来ない国にしなければならない!平和を永遠に希求する憲法第9条を、世界に向かって発信し続ける義務が”日本”にはあるのだ!」という信条を引き継いだ者として、確信的に述べることです。


ですから、ワタシの今日の主張に反対したり誹謗中傷する意見やコメントは、断固排除し無視しましので、予め書いておきます。ワタシの主張が厭だ!嫌いだ!反対だという方は、即刻ワタシのブログをお気に入りから削除すべきことも申し上げておきます。



さて前置きはこのくらいにして、”安倍”が主張している「国際平和支援法」と10本の戦争関連法」は、「国民の生命を守る為に必要だ」という事を大義名分に掲げていますが、実はその大義名分は”大嘘”です。そんなこと、”安倍”は爪の先程も考えてはいないと、ワタシは考えています。先ず間違いないでしょう。


安倍”の本音・本心・そして本質は「一部の層の権益を守るために、多くの国民の命を犠牲にすることは当然・全く当たり前のことだ!」っと言うことを確信的に思っている、それが”安倍”の”本質・体質”だと考えているいるのです。


安倍”の祖父の””は、第二次世界大戦の”A級戦犯”なのです。つまりあの悲惨な戦争を、官僚側として主導した戦争遂行・協力者なのです。多くの”A級戦犯”は東京裁判で死刑等の判決を受け、刑を執行されています。


ところが””や、”731部隊”の毒ガスと人体実験の資料を渡して死刑を免れたA級戦犯容疑者”石井”などは、戦勝国アメリカが”利用価値”があるとして、死刑執行をしなかったと言う見方があります。ワタシはそれが真実だと思っております。


その孫”安倍”は、そういう祖父と同様のことをしたいとして、”アメリカ”の戦争協力の為に日本国民の命を売り渡す約束をしたのではないでしょうか。


これが「国際平和支援法」と10本の戦争関連法」が憲法違反であり、多くの世論の意向を完全に踏み潰して強行採決に踏み切った背景であり真相ではないか?とワタシは考えています。


安倍”は、自分一人の判断で、何時でも容易に・安易に国民の命を虫けらのごとく使いたいが為に今回の”戦争出来る法案”を強行採決した。そう考える方が自然だと考えています。


「国民の生命と財産を守るため」という大義名分は”大嘘”だと書いたのは以上の事によります。もちろん、全てワタシの個人的見解と信条を述べたもので、御用学者や”百T  N”を筆頭とするエセ文化人共の”魂を安倍に売り渡し果てた”者共の意見とは異なるでしょう。


でも、今国民が、それぞれの立場で”安倍とその取り巻きを絶対許さない”という声を叫ばなければ、「自分の息子や娘、或いは孫達の命を、無条件で奪っていただいても文句言いません!」って言い切れるかどうかを問われる事になりませんか?


安倍”に賛成した方々は、”安倍”が、明日からホルムズ海峡に息子や孫を派遣しますし、命の保証はしません、全て”お国の為”ですヵら無条件で従っていただきます!っと言われますよ。


安倍”はその時、「息子さんや孫の命を無条件で差し出すと約束したのは貴方たちでしょう!」って開き直るに違いありませんが、それを将来的に承知しているなら確信を持って賛成すればいい。


でも「そんなつもりではなかった!」って、泣き言を言っても無意味だということを認識しておくべきです。


自分の息子や孫の命を日本のホンの一握りの層の為に無条件で捧げますという事を承知している人もいるかも知れません。


でも事は自分の子どもや孫の命を無造作に、虫けら同様殺されるだけにとどまらないんです。日本国民の圧倒的多数の人たちの子どもや孫も同じ運命に押しやることになります。


そんな”安倍とその取り巻き”共の野望を決して許すわけには行きません。


憲法”は、政治の独走を防ぐためにあるんです。それを”ボクチャン”の解釈一つで捻じ曲げて、日本国民の戦死という犠牲を良心の呵責なしに推し進めようというこの事態、ブログ人として黙って見過ごす事は出来ないと考えました。


先の第二次世界大戦では200万人~300万人余りの日本国民が、日本の軍国主義者共の無謀で悲惨な暴走で亡くなっています。(統計の取り方によって犠牲者数は変わってきますが、それが100万人少ないはずだとかいう議論に意味はありません)


また近隣アジア諸国を侵略し、犯し殺し尽くした犠牲者数もデータの取り方で様々な見方がありますが、500万人とも2,000万人以上とも言われています。


憲法9条”は、以上の事実に立脚して「日本を二度と誤った戦争が引き起こせない国にする」という深い反省の元に政治を縛っているのです。


それを”憲法解釈の変更”などという姑息な手段に訴えて、「再び「何時でも、どこででも、安倍を筆頭とする一握りの政治屋の判断で、国民を殺人者に仕立て上げ、未曾有の戦争犠牲者を国の内外に作ることのフリーハンドを得る」ことを目的とする「戦争協力法案」を作ろうとしているのです。


圧倒的多数の憲法学者や、知名度の高い文化人や芸能人、そして多くの若者達、更には戦争の悲惨さ酷さを身をもって体験された方々から、勇気ある発言や行動が相次いでいます。それらの方々の、勇気と使命感に深い敬意を表明します。


それらの意見や行動に熱い共感を覚え、同じ立場を全うすることをお誓いして、ワタシの意見・信条表明とさせて頂きます。ありがとうございました。



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

どんなことであろうと戦争はいかんです!!!!
体験者の両親からいつも聴かされて育ちました
戦争はいかんです!!!!

おつかれのところ

ちーばば様

お疲れの中で、コメントありがとうございました。

本文で十分に書きましたんで、多くは書きません。

ただただ、ありがとうございました。

何時もありがとうございます

いっしゅう様

何時もありがとございます。仰るとおりですね!

早速訂正させて頂きました。頭を掻き掻き^^

コメントありがとうございました

mustylawyer様

ご賛同のコメントありがとうございました。

お返しのコメントでは、多くを語りませんが、励ましのコメントを頂いたことに深く感謝いたします。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード