「愛媛グルメ紀行」を振り返る 173

今週の土曜日の”愛媛グルメ紀行を振り返る”シリーズは、一作年(2013年)の春頃にアップした519号から521号までのお店です。

先ず最初”に振り返るお店は、2013年5月1日に519番目のお店としてご紹介した、久万高原町にある”うどん 心”さんです。(「うどん 心」・「愛媛グルメ紀行」 519

久万高原町の役場近くの、国道33号線沿いにあるうどん店の老舗です。

このお店は、久万高原町在住の”兒玉ご夫妻”にご紹介されました。ご主人は木工作家さん、奥様は漆芸家というご夫妻です。(木と漆 ハンドメイドで漆塗りの家具と器

お店3
こちらがご紹介された”うどん 心”さんです。国道33号線に面しておりますが、ご紹介がなければ決してお訪ねすることはなかったでしょう。

この道は何度も通っていますが、まったくお店の存在には気がつきませんでした。

薬味他
店内にメニューらしきものは、厨房前のレジ上に一ヶ所だけ。ただ「大450円、小300円」と表記してあるだけ。

ワタシは当然に”釜あげ小”を注文。お値段、ナント300円。セルフうどんではありません。

薬味”のネギや生姜のおろし、それに大きな徳利に入った出汁と天カスが予めどのテーブルにも用意されています。少なくなったらドンドン補充されます。

釜揚げ10
これが”うどん 心”さんの正しい”釜あげうどん”のいただきかたです。この方法でしか、満足に食べ切る方法はないでしょう。

下品と言われようが何と言われようが、この食べ方で”ズルズル”と音を発てながら、麺を口腔に啜りこむ。

これは先ず”味覚”で味わうのであり、同時に”出汁”の酸っぱさを鼻腔、”嗅覚”で味わうのであり、口腔内を艶やかな麺が通過するセクシーな”触覚”で味わう”釜あげ”なのです。

このお店は”既に再訪”しました。ここに来ないといただけないうどんだからです。


次二番目にご紹介するお店は、2013年5月2日に”520番目”のお店としてご紹介した、通称”はなみずき通り”沿いの古川北4丁目にある”鉄板焼・お好み焼 椿や”さんです。(「再訪 105 鉄板焼・お好み焼 椿や」・「愛媛グルメ紀行」 520

このお店は再訪でした。初めてこのお店に来た時から、再訪した時はこのメニューを注文するって決めていたメニューがあったからです。

玄関1
こちらが”はなみずき通り”に面しているお店です。目立つ色ですから、目にされた方も多いでしょう。

最初に来て注文したのは、”ホルモンうどん”でした。そして次回注文しようと決めていたメニューが”焼きラーメン”です。

具材として豚、イカ、エビの3つ全てが入っている”ミックス”を注文しました。お値段は750円です。そもそも、このメニューが気になったのは、”焼きそばと、どこがどう違うのだろう?”という好奇心からです。

焼きラーメン1
この画像が”焼きラーメン”の全容です。

フロアー係りの女性にお聞きしてみました。「焼きそばと焼きラーメンの決定的な違いは何ですか?」っと。

すると思ったとおり、「焼きそばは専用のソースを使いますが、焼きラーメンは”豚骨スープ”を煮詰めたもの使います」と、お答えは実に明瞭でした。

フハフハ言いながら、豚骨スープの旨味が凝縮した出汁が掛かった焼きラーメンを頬張りました。幾分濃厚な味ですが、一気に胃の中に吸い込まれていきまいた。

このお店は、更に”再訪したい”と思います。まだ試してみたいメニューがあるからです。


今日最後にご紹介するのは、2013年5月3日にシリーズ”521番目”にご紹介した、”昼どころ 夜話し 季菜”(きさい)さんです。(「再訪 106 季菜(きさい)」・「愛媛グルメ紀行」 521

このお店は、その日で3回目のご紹介でした。

玄関1
こちらがお店の玄関です。

選べる主菜御膳”と名づけられたものが8種類。この部分が3ヶ月毎に入れ替わります。

今回は、お店の方で「人気!復活メニュー」と吹きだし表記された”鶏つくね揚甘酢葱ソース”を選びました。それを含んだ”季菜膳”のお値段は1000円(内税)です。

季菜膳4
さて、この画像が今回の”季菜膳”です。彩りといい、盛り付けといい”お見事!”と言うほかない出来栄えです。

この他に、”選べる主菜御膳”と名づけられたもの(ワタシが選んだのは”鶏つくね揚甘酢葱ソース”と茶碗蒸しとデザート、そしてデミタスコーヒーが付きます。

これを見ていますと、日本料理は目で見て楽しめるものだということがよくわかります。ここまで手が込んだ料理を、これだけの皿数用意して、しかもどれも納得以上の味なんです。

でもこのお店は、もう”再訪出来ません”。閉店されたからです。閉店に至る事情は知りませんが、大変に残念です。ぜひ再起を!っと願っています。



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お店の拘り

じゅんさん、おはようございます。記事の3店舗の各料理には〜やっぱりお店の拘りが、感じられますね。「 心さんの・釜揚げうどん 」メニューが、大と小至ってシンプルで〜単純明快、しかも安くて〜薬味等きちんとされて、釜揚げうどんの食べ方〜そうですよ、じゅんさんズルズルと音を発てながら〜これが一番旨い食べ方でしょう。私は、大賛成ですね。続いて、「 椿やさんの・焼きラーメン 」普通に考えると、じゅんさんの質問は〜至極当たり前ですよね。スープの違いだったんですね。う〜ん、豚骨スープを煮詰めたものとの事〜結構、コクがあったでしょうね。最後の 「 昼どころ夜話し・季菜 ( きさい ) さんの・選べる主菜御膳 」しかし、こちらのお店は閉店との事〜残念ですね。やはり、野菜を扱う為に〜天候等により、野菜の価格が一定に確保出来なかったのでしょうか❓じゅんさん同様、再開を望みたいと思います。一番最初の 「 心さん 」が、久万高原ではなく〜松山市内だと、店主の方が休む間もないくらい忙しいお店になると思います。逆に言えば、久万高原だから〜自分の思い通りの営業が出来る❗️のでしょうね。こちらのお店も、永く続けて欲しいと思います。じゅんさん、奥さんのリハビリは〜順調ですか❓私から一言〜 「 奥さん、リハビリ頑張らないで下さいね。」と伝えて下さい。賢い奥さん、じゅんさんならば〜この言葉の意味は、直ぐに理解されると思います。「 リハビリ 」という言葉が、大事ですね。今日も一日〜明るく元気に❗️

その通りです

むらちん様

久万高原町の心さん、仰る通り、久万高原町にあるからこそこの値段で、こう言う営業が出来るのですね。これがセルフよりも安く、松山市内の名店に匹敵する旨さ、見事さなんです。松山市内からも多くの客が詰め掛けていますが、皆さん美味しいお店をよくご存知ですね〜〜‼️
椿さんの焼ラーメンは、初めての経験でしたが、とってもコクがあって美味しく頂きました。今の私の胃袋では、お好み焼きは完食出来ないでしょうが、このメニューなら完食出来そうです。
最後のお店は、とっても質の高いお料理の数々に、何時も圧倒され唸らされていました。開店再開を待ち望んでいます。

最後に妻のリハビリは順調です。無理することなく取り組んでおります。少しづつ改善しているようです。又食事問題は、無理強いすることなく、自然体で臨むことができるようになりました。妻も、ストレスを溜めることなく過ごしております。ありがとうございます。

追記です

むらちん様
むらちんさんのメルアドに、2通メールしておりますので、お目通し下さい。

久万に行きます

こんにちは

何度か、通った事がありますがうどん屋さんに気づきませんでした。
月末に、久万のマラソン大会に行きますので時間があれば、心に行って見ます。

今日はどうも

ふなこ様

今日は偶然ですが、今日移転開店された「愛LOVEハンバーグ」さんで遭遇しましたね。しかもご夫婦で来ていらっしゃった。いや~~~、羨ましい限りでした。

さて、久万高原町の「心」さん、マラソンに行かれた際は是非お立ち寄り下さい。素朴な中に、力強さを秘めた釜揚げうどんです。感動なさること、請け合いです。もちろん、マラソンの完走も祈念しております。

また、感想をお聞かせ下さい。それから、今後もどこかのお店で遭遇することを祈っております。

こちらこそ、ありがとうございました

SS様

お忙しい中、わざわざコメント頂き恐縮です。そうでしたか!パン生地。
迂闊(うかつ)にも気が付きませんでした。

お告げしたアップ予定日の記事を先ほど書き上げましたが、その中で、ご指摘されたこと「もしや!」っと感じていましたが、やはりそうでしたか!その場で気が付かなきゃダメですね!まだまだ修行が足りないことがよく分かりました。次回は、ぜひそうさせて頂きます。

又お願いのあった点は、ちゃんとブログで触れておりますので、どうかご安心を。

近いので、これから益々楽しみです。楽しみが増えました。期待していますよ!!^^

ご丁寧に

SS様

ご丁寧な返信コメント、ありがとうございました。


アレレ・・・・そうでしたか!とても、そうは見えません、大変に意外です。でも、それっていいことじゃないですか!

工夫されたのですね、結構だと思います。あのままでは、余りにもったいなさ過ぎますものねー!

明日です。宜しくお願いします。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード