「再訪 360 天ぷら くろす」・「愛媛グルメ紀行」 985

今日は一番町4丁目の村上ビル1階にある”天ぷら専門店”の”天ぷら くろす”さんの、3回目のご紹介です。


前回ご紹介したのは、今年の6月17日でした。3回目のご紹介が2ヶ月後ということは、如何にこのお店にワタシが魅了されたかの証です。(「再訪 341 天ぷら くろす」・「愛媛グルメ紀行」 947)(記事アップは、実際にお訪ねしてから、4ヶ月後になりました)



このお店も、”読者”さんからの紹介でした。今年に入ってご紹介してるお店の概ね9割以上は読者さんからの情報です。ありがたいことです。

玄関1
こちらが、一番町の電車通りに面したお店です。松山地方裁判所のお向かいです。


この日は、昨年11月まで席をおいていた会社の元若き同僚、と一緒に来ました。ワタシが昨年12月に独立して、初めて大きな仕事が出来たのは、彼のフォローのお陰でした。


ですから、その御礼の意味で、ランチに付き合って貰ったという訳です。本来は、夜飲みに行く約束でしたが、ランチで勘弁して貰いました。彼自身も、ワタシが前の会社を退職して一ヶ月後に退職し、今は別の会社に移っています。

外メニュー2
これが昼間のメニューです。初めてお伺いした時は、サービスランチメニューを注文しました。


ランチタイムに訪れているお客さんの9割以上は、上に書いたメニューを選ばれています。


前回は、ランチサービスメニューではなく、天ぷらの昼のコースメニュー”華コース”1900円を注文しましたが、この日は元同僚へのお礼なので、昼のコースメニューの”雅コース”を注文しました。2400円(外税)です。確かにランチメニューとしては、安くはありませんが、夜の飲み会料金に比べたらお安くつきました。

才巻き海老の足3
この画像は、”雅コース”の一番初めに出された天ぷらで”才巻き海老の足”(サイマキエビの足)です。塩でいただきます、香ばしくってとっても美味しい。


前回に書きましたが、”ランチメニュー”になりますと、同じ海老でも”ブラックタイガー”を使われていますが、昼メニューと言えども、”コースメニュー”での海老は”車海老”を使われています。


才巻き海老”というのは、もちろん”車海老”なんですが、車海老と呼ばれる一歩手前のサイズを”才巻き海老”と呼んでいます。でも、天ぷらのネタとしては最適の大きさなのです。

才巻き海老4
そしてこちらが”才巻き海老”です。天ぷらのネタとしての””です。


この段階で、このコースの充実感を伝えるという、お店のメッセージがダイレクトに伝わりました。


「おおおおお、”才巻き海老”が”前座”ですか!ウフフ、以降タップリ楽しませて頂きましょう!」っと、この段階でお店とお客の無言の対話が成り立っているという趣向です。

椎茸5
この画像は”椎茸”です。


椎茸でも”どんこ”と呼ばれる、まだ傘が開いていない状態の椎茸です。


ですから実が分厚く、椎茸の香りがタップリ楽しめます。なお魚介系は塩で、野菜系は天つゆでいただきます。

キス6
この画像は”キス”です。”キス”も夏が旬ですね。


若い頃は一時期、海釣りに凝った頃もありました。狙った魚は、冬の時期には”カレイやメバル”、そして夏は遠浅の砂浜で”キス”を釣りに行っていました。


キスを釣ると、家に帰ってキスを自分でさばいて天ぷらにしていたものです。妻は魚をさばけませんから。でも素人の揚げる天ぷらとは、世界が違いますね。白身の上品な味を塩でいただいます。

レンコン7
こちらは”レンコン”です。


若き元同僚と、仕事の話をしながらいただきました。


若いエネルギーのお裾分けを頂きましたから、接待費としてはお安いものです。会社の経費で落とすんですから。

イカ8
この画像は”イカ”ですが、ちゃんとイカを大葉で巻いて揚げてありますから、香りがいいんです。


天ぷら屋さんは、仕込みが仕事の9割を占めるのではないでしょうか。予め、客の注文を予測されて、それに使う天ネタを下ごしらえされています。


天ぷらを揚げる過程は、最後の瞬間です。天ぷら用の太い菜箸を使って天ネタに衣を絡ませ天ぷら鍋に天ネタを潜らせます。その時は金属製の細い箸を使われます。店主さんの動きは、実にリズミカルです。見てて楽しい。

トラハゼ9
こちらは”トラハゼ”です。トラハゼは、キスを狙っている時、外道として時々上がってきます。”コチ”なども上がります。


いずれも天ネタとしては最高の素材です。揚げられた形は”キス”に似ていますが、味は”トラハゼ”の方が個性的です。


でもトラハゼの、あの顔つきから想像も出来ないほど上品な味なんです。

アスパラ10
こちらは”アスパラ”です。


私達不動産屋は、情報で食っています。ですから、時折こうやって会っての情報交換は仕事のネタ作りなんです。


この日も若き元同僚と話していて、埋もれかけていた情報が蘇りました。彼と協力して、その情報を活きたネタにしようと話がまとまりました。

かき揚げ11
さて天ぷらコースの、揚げ物の最後を飾るのが、このお店の”ウリ”でもある”かき揚げ”です。


お店の女将さんご自身が「自分でも、この”かき揚げ”が一番好きなの!」って仰っいます。


前回もこう書いています。<”かき揚げ”という”天ネタ”は、”天ぷら屋”さんの技量を推し量る、一種のバロメーターです。”小海老”がふんだんに入っていて、”旨いのナンノって”。>って。


若き同僚のほころんだ笑顔。それを覗きこまれた店主さんと女将に、その笑顔は伝わります。笑顔の連鎖反応です。

稲庭うどん12
コースの最後を締めくくるのが”稲庭うどん”です。このお店の”稲庭うどん”は、それはもうトビっきり旨い!


ワタシすっかり”稲庭うどん”にハマってしまいました。サニーマートで”稲庭うどん”を売っていますので、それを買って帰って、湯がき氷水で締めて、ミョウガや胡麻や生姜や刻みネギをタップリ入れた出汁でいただきます。


稲庭うどん”は、元来が乾麺であり、湯掻いて冷たくして食べる食べ方が一般的です。なお”稲庭うどん”は秋田県南部のうどんです。


食欲が落ちたこの季節、ワタシや妻の様に食の細い人間にとっては救いの主のような存在になってくれています。今日の情報交換会は実に有意義でした。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

雅の粋

じゅんさん、おはようございます。「 天ぷら・くろすさん 」ですね。先ず、最初の写メのお店の入り口の佇まいが〜落ち着いた趣きで、この時点で既に〜期待感満点ですね。料理の写メにも、一言づつ〜才巻き海老のプリップリ感が凄い❗️肉厚の椎茸、香りが良さそう〜蓮根で、見通しを良くして、烏賊の大葉巻きは〜烏賊の白と大葉の緑のコントラストが、鮮やかで絶妙❗️トラハゼの上品さ〜アスパラまで、最後に自信の 「 かき揚げ 」ですね。じゅんさん、私天ぷら屋さんの良い条件 ( 少しオーバーかな。) に、かき揚げの旨さが有ると思うんですね。見た目で分かるこの仕事❗️ネタの下ごしらえが〜丁寧で、店主の心意気を感じますね。〆が、「 稲庭うどん 」とは〜感服ですね。恐れ入りました。心憎い演出で、元同僚の方も大満足された事でしょう。稲庭うどんは、何処か手延べうどんに似ている様に思います。このお店・くろすさん〜至れり尽くせりですね。お値段も、納得しました。( 安いと思います。) しかし、こういう良心的なお店を〜読者の方から紹介されるという事は、如何にじゅんさんの記事が良いかという証しでしょう。今朝も、ごちそうさまでした。奥さん、リハビリぼちぼちいきましょう❗️

No title

おはようございます(*^_^*)

うどんが〜とっても美味しそうに見えるのですが(*^_^*)

いつか奥様もたべれると良いですね。

ありがとうございます

むらちん様

多くの方から、貴重な情報を頂いております。このブログを書き始めた頃には、今日は何処へ行こうか?っと、情報探しが大変でした。
継続している内に、読者さんも次第に増えてきて、多くの情報が頂けるようになりました。様変わりしましたね。
さて、このお店連続して訪問していますが、第一天ぷら自体が美味しいし、店主さんの小気味いいリズミカルな動作に見惚れてしまいます。
おまけに、女将さんの接客も素晴らしいんですよ!
まだまだ通い詰めると思います。
ああ〜!今夜は稲庭うどんを湯掻いて食べることにしましょう。たった一人の夕食ですけどね。

No title

コンチャ様
コメント、何時もありがとうございます!
このお店の稲庭うどんは、それはもう飛びっきり美味しいですよ!湯掻き加減と、冷水での締め方が抜群です。
私は、京都の「名代 おめん」と言う名店で稲庭うどんの魅力にはまりましたが、まさに松山で、その「名代 おめん」に匹敵する稲庭うどんが頂けるなんて!夢のようですよ。
妻にも、もちろん食べさせました。妻も稲庭うどんのファンになりました。
今夜は稲庭うどんにします。ただ残念な事は、私一人が食べなければならないと言う事です。辛抱強く、妻の本当の退院を待ちます。

No title

じゅん様
通常ブログ再開を嬉しく思っています。
「天ぷら くろす」さんは子供たちの住居から近いので是非行ってみたいです。本当に美味しそうですよね。
そして奥様も転院され、リハビリ、目の手術を乗り越え、早く自宅に帰れると良いですね。無理なさらずに頑張って下さい。
それと話しは変わりますが、紅葉町の「たべものやみいつけた」さん跡に「愛loveハンバーグ」さんが10/10にOPENするみたいです。(既知でしたらすみません)
じゅんさんのブログ記事を見て来て気になってた店なので都合が付いたら行ってみたいです。

コメント

南国くじら様
コメント、ありがとうございます!何とか再開に漕ぎ着けました。ただ、リハビリ専門病院でも、付き添っていますから、継続するのは大変です。

さて、このお店は、是非にでもお勧めしたいお店です。舌鼓を打たれること必定ですよ。大将と女将さんのお人柄にも接して下さいね。

アイラブハンバーグさんの、移転オープンは、店主さんから連絡いただきました。お祝いに駆けつける積もりです。花束を抱えて!
単なるブロガーに過ぎない私に、移転再開のお知らせを頂いたこと自体が、とっても嬉しいですよ〜!
何処かで、遭遇出来るといいんですね〜!
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード