「再訪 362 割烹 田中屋」・「愛媛グルメ紀行」 987

今日は一番町2丁目にある、和食のお店”割烹 田中屋”さんの4度目のご紹介です。


前回は、昨年の6月25日でした。(「再訪 246 割烹 田中屋」・「愛媛グルメ紀行」 749

玄関1
この日は丁度”土用の丑の日”でした。(実際にお訪ねした日は、7月24日ですから、アップまで3ヶ月も掛かったことになります。”妻の緊急入院”は、この後もワタシの”ブログ”に大きな影響を与えました。(当然といえば当然ですが)


今年の”土用の丑の日”は、暦の関係で2回あって、後は8月5日です。


これまでの”愛媛グルメ紀行”では、2011年7月21日と2012年7月27日の2回だけ”土用の丑の日”というタイミングで”鰻専門店”を紹介していますが、その他3回と、””を採り上げたのは都合5回だけです。

ランチメニュー2
ただ、昨年12月の独立以降食欲が目立って落ちてきて、この蒸し暑い夏を乗り切る自信をやや失っていました。


そこで思い切って奮発し、”鰻を一匹”まるごと食って今年の夏を凌ぎきらなければ!って思ったんです。


その時頭に浮かんだのがこのお店だったと、まあこう言う流れでした。そこで、大盤振る舞いして心意気を固めようと注文したのが”蒲焼(一匹)セット”、2700円です。


税金で持っていかれるぐらいなら、経費で落としちゃえ!っという悪魔の囁きも心のなかを過(よぎ)りました。満額支給されている年金には一切手を触れることなくやれていることへのご褒美でもありました。

蒲焼4
さてこの画像が、”蒲焼(一匹)セット”です。どうですか!豪勢でしょう。


なお今年に入って2店、”鰻専門店”を記事アップしています。”鰻屋 つしま”さん(「鰻屋 つしま」・「愛媛グルメ紀行」 890)と、”うな一”さん(「うな一」・「愛媛グルメ紀行」 907


何れのお店も「本物の味に接して!」って言う、”読女”さんの提案でした。

蒲焼5
このお店は鰻専門店ではありませんが、割烹としてお料理の腕の確かさはよく知っています。


前前前職の時には、大切なお客様の接待によく使っていましたから。


ですから、決して専門店に引けをとらない味であることは、最初から確信してお訪ねしています。

蒲焼アップ6
どうです!この””君のふてぶてしい面構え。


如何にも”精が付きます”って顔しているでしょう?(分からない?・・・ええ、そう思い込むんですよ)


食欲が旺盛だったころなら、蒲焼きの匂いだけで飯が掻っ込めたことでしょう。そりゃあ、”旨い”に決まっていますよ。国産鰻の一匹付けを割烹でいただくんですから。

小鉢7
こちらが”小鉢”です。


煮物は割烹の仕事をきちんとされている味でした。


ゴボウ、椎茸、人参などが、見事な職人技で煮てあります。

味噌汁8
味噌汁も、当然にいい出汁をとっておられますし、中には素麺が潜ませてありました。


麺を見ると、ついつい頬が緩んでしまいます。

ご飯9
ご飯がこれまた旨い。いい米を、絶妙に炊いてあります。


あれだけの””ですから、食の細ったワタシでもそりゃあ食べますよ、食べるスピードにリズム感が出ますから。

完食10
ですから、あっという間に完食していました。


アレレ、しまった!もっと味わって食べるんだった!ッて思った時は、もう全て胃に収まっていました。


サア、明日からバリバリ働かなくちゃあ!

土屋水産製鰻
そして家への帰り道、西一万にある”土屋水産”さんに寄りました。


当然”妻への土産”です。ワタシ同様食の細い妻に、好きな”鰻の蒲焼”を食べて貰って、この夏を乗り切って欲しいという切ない願いを込めて。


しかし、現実には妻は今年の夏を乗り切れませんでした。お土産の”鰻の蒲焼き”を2人で分けあって食べましたが、8月2日に妻は倒れました。(人間は、一発のカンフル剤的な食品では、体力を回復するまでには至らないということを、教訓として学びました)


なおこのお店の鰻は当然国産、しかも”愛媛県産”を使っておられ、目の前で焼かれたものです。もちろん”一匹付け”(大盛り)をお土産に選びました。


妻と「やっぱり、鰻は美味しいね~!」って言いながら食べました。でも・・・・・・・・・・


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

鰻〜

じゅんさん、おはようございます。う〜ん、「 鰻〜 」この響きだけでも、私はご飯一膳くらい食べれる感じで〜匂いを嗅げば、更に一膳いけるくらいですね。しかし、このお店は〜確かに鰻専門店ではないにしても、いい仕事されていますね。じゅんさんが、書かれている内容の通りだと思います。ところでじゅんさん、一つお聞きしたい事が有ります。鰻専門店の、「 鰻屋つしまさん 」「 うな一さん 」ですが、この両店には〜 「 鰻の骨せんべいは、有りますか❓」私、仕事で静岡に居た頃に〜仕事仲間の地元の方に、鰻屋さんに連れて行ってもらった時に、初めて食べた、この 「 鰻の骨せんべい 」に〜圧倒 ( 食べれるとは、思っていなかったという意味で〜) されてしまい、これをアテにして〜生ビール相当飲みましたね。( いやしんぼですね。) 後に出てきた、「 うな重が、美味しかったのは言うまでもありませんが… 」確かに、静岡は一番に〜「 鰻❗️」って、閃きますよね。これ以来、私は鰻を食べる時には、( あまり機会は、ありませんが〜 ) どうしても、「 鰻に骨せんべいは、出来ますか❓」って聞く様になりました。一種のトラウマでしょうか❓今朝も、朝一ごちそうさまでした。じゅんさん、今日も一日〜明るく元気に頑張りましょう❗️

以前にも

むらちん様

以前にも、同じ質問をされた様に記憶していますが、鰻の骨煎餅があったのかどうかは記憶ありません。メニューには一通り目は通したと思いますが、集中して見ていませんので、全く記憶ないのです。
食の細い二人が、旨いね〜‼️って言いながら食べました。

とことで、昨日お騒がせした妻の食事会問題は、今朝も味が薄いのと言っていましたが、完食しました。アドバイスありがとうございました。

No title

いいなぁ・・・・
とっても美味しそう(*^_^*)

大好きでだから・・・娘も。

何度も言います・・・いいなぁ・・・・・(笑)

奥様順調ですか?

ありがとうございます

コンチャ様
コメントありがとうございます。私も妻も、鰻が好きで、スーパーで売っている蒲焼きは、よく買って食べるのですが、鰻屋さんに行く事は滅多にありません。
御飯が進むので、少食の夫婦にとっては、ありがたい存在ですね〜。

そうですか、娘さん同様にコンチャさんも好きなんですね〜‼️そりゃあ美味しいですものね〜。

さて、妻は昨日食事問題を引き落として慌てましたが(詳細は、昨日のコメントに)、今日は落ち着いています。全体としては、極めて順調に進んでおります。ありがとうございました。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード