スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「再訪 370 中国料理 香(しゃん)」・「愛媛グルメ紀行」 1,001

さて今日から”愛媛グルメ紀行”の”第二ステージの開幕”です。つまり今日のお店が”1,001店目”だということです。


この先、何回続けることが出来るのか?それは”神のみぞ知る”です。ワタシの意思で止めるということはありません。命尽きるまで書き続けるということです。


その第二ステージの幕開けは、問屋町にある”中国料理の名店”、”中国料理 香(しゃん)”さんの三回目のご紹介からです。


なお前回のご紹介から、余り日が経っていません。つまり前回訪問の”宿題”を果たしにお訪ねしたという訳です。前回記事は以下の通りです。(「再訪 364 中国料理 香(しゃん)」・「愛媛グルメ紀行」 991


このお店を初めてご紹介したのは、今年の3月12日のことでした。(「中国料理 香(シャン)」・「愛媛グルメ紀行」 893

玄関1
大きな通りに面している訳でもないのに、お昼時は客席がほぼ埋まります。


やはりオーナーシェフさんが、道後の”大和屋”ホテルの、中華部門の責任者であった方で、調理の腕が図抜けているということが、多くの客を惹きつけてやまないのでしょう。


調理人の世界に詳しい、”フォンターナ”の店長さんから得た情報でした。

店外ランチメニュー2
この画像は、当日の”ランチメニュー”を書き出したもので、玄関脇に置いてあります。


初めてお伺いした時は、このお店の”ランチメニュー”から”蒸し鶏とレタスの和えそば”を選びました。


その時は、この”ランチメニュー”が日替わりかどうかの確信が持てませんでしたが、間違いなく”日替わり”でした。


これだけのメニューを”日替わり”で出すこと自体が、凄いことです。

特製冷麺メニュー3
さて前回は”読女”さんの影響で、突然”焼きめし”に目覚めたものですから、、正統派の作る”チャーハン”を注文しました。


もちろん、その味には感嘆しました。”さすが!!”って思いました。


そしてその時、次回来るときは夏季限定メニューである”特製冷麺”を注文するって決めていて、お店のフロアー係の女性にもそう言いました。

カウンター席4
この日もほぼ満席でしたが、この画像は瞬間ですがカウンター席が空いた時に撮影したものです。


ほとんどのお客さんが、割安に設定されている”ランチメニュー”から選ばれています。


そりゃあそうでしょう、ランチメニューの内容といいますか充実度から言いますと、800円(外税)は、お得感があります。

特製冷麺5
さてこちらが注文した、宿題でもあった”特製冷麺”です。外税で920円ですが、その値打ちは十二分にあるとみました。


ワタシが、過去約1,000軒のお店の中で食べた”冷麺”或いは”冷やし中華”の類の中で、揺るぎなく”最高峰”だと位置づけているお店は、石手にあります”中国料理 彩華”さんの”冷麺”です。(「再訪32 中国料理 彩華」・「愛媛グルメ紀行」374


そのお値段が、内税で900円でしたから、このお店の”特製冷麺”と比較するには持ってこいと言えます。

特製冷麺6
こちらが”特製冷麺”を真上から見たものです。


このお店の”特製冷麺”と、”中国料理 彩華”さんの”冷麺”を比較しますと、先ず具材では圧倒的にこのお店の方が豊富です、多彩です。


つまり、このお店の”特製冷麺”の具材は、大根のスライス、人参のスライス、レタス、キュウリスライス、水菜、トマト、錦糸卵、湯掻いたエビ、ハムスライス、チューシュースライス、イクラ、刻み海苔等々です。

特製冷麺7
しかもこうやって横から見ますと、世界最高峰の”エベレスト”(中国名チョモランマ)の如くの”気高さ”があります。


神々しいばかりの威容を誇ります。


なおスープは”あっさり醤油生姜ダレ”と、”自家製OX醤入の胡麻ダレ”から選べるようになっています。ワタシは”あっさり醤油生姜ダレ”を選びました。かなり大量のおろし生姜を入れます。

混ぜた8
そして混ぜに混ぜて食べてみました。その結果の味の個人的好みから申しましょう。


ワタシの好みは、圧倒的な大差で”中国料理 彩華”の”冷麺”に軍配を上げます。個性が際立っていると思うからです。他では決して味わえないと思います。


一方このお店の”特製冷麺”は、非常にバランスが取れていて全く非の打ち所のない味に仕上がっています。しかし、個性という面ではやや物足りない。万人受けするという点ではこのお店の方が上かも知れませんね。

麺9
”はムッチリしたいい””を使われています。


これだけ”具沢山”と、生姜の香りが効いたスープにも、決して引けをとってはいません。


やはりこのお店のオーナーシェフさん、只者ではありません。城北地区の中華料理店では抜きん出た”名店”であることは間違いありません。

ほぼ完食10
ですからほぼ”完食”しました。ワタシは酢味が苦手なので、スープの一滴も残さず・・・・っという訳にはいきませんでしたけど。


このお店のオーナーシェフさんが、道後の名門旅館の中華料理部門の責任者であったという略歴が、ひょっとしたら”万人受け”する味作りに一役買っているのかもしれません。もちろん、このことはワタシの個人的感想に過ぎません。


でもこのお店の味のレベル、ワタシは自信を持ってお薦めします。



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1001 回の意味

じゅんさん、おはようございます。さあ、今日から〜 1001 回目のスタートですね。気持ち新たに❗️この記事を読んで、やっぱりじゅんさんの凄さを〜垣間見た気がします。「 冷麺、されど冷麺❗️」って、感じですね。確かに、お店の個性によって〜食べる側にも、感受性が変わるのは、当たり前の事で〜じゅんさんの感じ方は、正解だと思います。要するに、食べる方が食べたい時に〜自分の思いにピッタリ一致したものが、「 その日の一番❗️」でしょう。ねぇ、じゅんさん今日は絶対に〜「 このお店のが食べたい❗️」って思う時が有る筈です。じゅんさんが言われた 「 彩香さんの冷麺 」絶対に、逸品だと思います。この 「 香さんの冷麺 」野菜がどっさりな具材が、有り難く女性にとっては〜嬉しいと思います。躰が、野菜を欲しがっている時には〜うってつけだと思います。きっと、メリハリが効いた美味しさでしょうね。じゅんさんは、宿題をやりあげましたか❓さあ〜今日も、明るく元気に頑張りましょう❗️

むらちんさん
おはようございますm(__)m
私ごときに長文のコメント、的確な分析
有難うございます😅

兄貴の文章がこんなにも人の心を動かして
いる事…沢山の人達に支えられ、励まされ
これが長年にわたり彼の大きな財産です😢

そんな…少し遠くなった兄貴の邪魔には
なりたくないので…コメント控えていきますね😅
家族代表のむらちん様!
そういう事で…今後とも宜しくお願いします m(__)m 👋

このところ

むらちん様

このところの私のテーマは、「完食」です。取り敢えず、胃を元のサイズに戻すことが最優先です。

ということは、行きたいお店で、食べたいメニューを注文する。これに限ります。ですからこのところの取材先は、気に入っているお店の再訪ばかりですね。(記事アップは12月上旬)

食べたい時に食べたいお店で食べたいメニュー、これが美味しくいだたく秘訣ですね。あたりまえのことですが。

離れんでくれよ

あんこ様

妹よ!そう離れんでくれよ。何時もの様に、例の通りの兄ちゃんなんやから。

特別のことをしているわけじゃないしねー。ただ昔から好きだった文章を、毎日コツコツ書き続けとるだけやケン!

それは、違いますよ。

あんこさんへ〜 書き込み読んで、あんこさんに言いたいです。後で、じゅんさんも書かれている様に〜 なんちゃそないに、あんこさんがじゅんさんの事を、敷居が高い様に思われては〜 じゅんさんの本意ではないと思います。私からも、お願いします。折角、こうして 「 あんこさん 」として、じゅんさんのブログに書き込みをされている訳ですから〜是非とも続けて下さいね。別に、畏まった堅い話題じゃなく〜 日常会話とか、じゅんさんへの要望とか〜書かれる事は、沢山有ると思います。じゃないと、じゅんさんも寂しがられるし〜私も、寂しすぎますよ。あんこさん、私の本心を書きますと〜 「 じゅんさん・あんこさんへの、私の書き込みは〜 兄と姉に書いている気持ちなんですね。」それが、出来なくなるのは〜 やり切れません。私の我儘かも知れませんが、何卒あんこさん、宜しくお願いします。じゅんさんを、悲しい気持ちにさせないで下さいね。

ありがとうございます

むらちん様

私の意を汲んで頂き、ありがとうございます。

でも、むらちんさん、大丈夫ですよ〜!妹は、よく分かっていて書いているんですからね〜^_^

妹のペースで私のブログに接してくれたら、私はそれで十分なんですよ。妹は、私のこの意を分かってくれていますよ〜!
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。