スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「中華亭 満腹」・「愛媛グルメ紀行」 1,004

今日は古三津2丁目、パチンコ屋(ヘリオス7古三津店)の前にある”中華亭 満腹”さんをご紹介しましょう。


この日妻の病床には、東京から長期有給休暇を取って帰ってくれている娘と、高松から約1週間の予定で帰ってくれた長男の2人が付き添ってくれていたので、車で外食できました。


妻が救急車で入院して、病床で二度意識を失いました。その二度目の意識不明の状態の中で、この日初めて妻が”意味が分かる言葉”を発してくれて、初めての”会話”も成り立ちました。


なおこの記事アップも含めまして、実際に訪問した日と、記事としてアップした日が入れ替わったりして、記事の前後に矛盾が生じるケースが増えます。そういう意味での”矛盾”は、諸般の事情でそうなったとご理解下さい。

玄関1
光が微かに差してきました。そこで気分よく、外に出たという訳です。親友”読女”さんからは「栄養つけんといけんよ!ちゃんと食べて、奥さんにしっかり寄り添ってあげるのよ!!」って励まされていました。


前日のお昼は、コンビニで買った”おにぎり”を一個だけ食べました。それでは体が保たないと思って、2人の子供に甘えました。


このお店は、中央通から交差点を北上してJR三津駅に至る道路沿いにあって、開店後1年余りというお店でした。

店内2
店内は、厨房に若い男性店長さん、フロアー係に若い女性という2人体制でした。


開店後まだ1年余りだそうですが、すっかり常連さんを掴まれたようで、常連さんがお店に入ると女性スタッフが「今日は台風で保育園が休園になってね、それで慌てて親戚に子供預かってもらったんよ!」っと話しかけられていました。


このお店は”日替わり定食”や、お得な”セットメニュー”も用意されていますので、多くのお客さんはそのどれかを注文されているようでした。

メニュー3
こちらが”メニュー”です。


読女”さんに、今治の”金龍別館”さんで”焼きめし”を開眼させられて以来、中華料理店をお訪ねする時は、必ず一度は”焼き飯”を注文するようになりました。


この日も「”焼き飯”で、ご飯は極極少な目に!」って注文しました。そうすると、女性スタッフさん「”焼き飯”には””もありますから、そちらでどうですか?」って言うありがたい提案を頂きました。

焼き飯小4
そこで注文したのがこの画像の”焼き飯 小”です。普通の焼き飯なら内税で550円のところ、””であれば350円と言うんですから嬉しいですね。


いや~~!!信じられない価格ですよ!この画像の”焼き飯”が、税込みで”350円”なんですよーー!!ここまで超破格の安さには、1,000店を超えるお店の中でも余り記憶にありません。で、問題は””ですよ!それは後ほど。


この量なら、ワタシも食べ残すという不安感と戦わなくて済みます。


しかも、たっぷり目の”スープ”が付いていました。添え物というより、立派なメインでした。この”スープ”が、後で思わぬ”活躍”をすることになります。それも””とともに後ほど。

焼き飯小5
店長さんはどちらで修行されたのかをお聞きしましたが「イロイロな所でね・・・・・・・」っと言うお答えでした。


でもこの”焼き飯”、いやはや”旨い”んです。ほ~~~、・・・・”単独で旨いじゃないか!!”って声が漏れそうになりました。


ご飯は”焼き飯”の鉄則通り”パラパラ”です。厨房をちょっと覗き込みましたが、見てて恐ろしくなる位に大きい中華鍋を力強く振っておられました。しかも、思いっきり”強い火力”で。旨い訳です。

焼き飯小6
別に、具材に奇を衒(てら)ったところなどありませんが、何一つ過不足がないんです。


単独で3分の1ほど食べた所で、”スープを”啜ってみました。すると、その”味加減・トロミ加減”が抜群なことに直ぐに気が付きました。


この時点で、食べ方のヒントになったのは、”読女”さんが、北条の”豚太郎”さんで食べ方を教えて頂いた方法を思い出したのです。


ただし、”読女”さんの方法は、3分の1程残った段階で、残った”焼き飯”に”ソース”を掛けて食べるという方法で、これが旨かった

スープを焼き飯に7
なおこのお店の場合、スープの器の口径が比較的大きかった事、トロミ加減が絶妙だったことで、”読女版食べ方”をアレンジしてみました。


それは、レンゲで焼き飯を掬(すく)って、それをレンゲ毎ドップリとスープに潜(くぐ)らせて、”スープのトロミと一緒に焼き飯を味わう”方法でした。


これが、ジャストフィットしました。もう”旨いのなんのって!!

餃子8
まあ通りがかりに何気なく飛び込んだお店でしたが、大ヒットでした。


そこで勢いづいて”餃子”を追加注文しました。最近のワタシには極めて珍しいシーンです。


妻の回復の兆しが見えたことは、ワタシにとって体中にエネルギーが漲(みなぎ)る、或いは溢れるキッカケとなったようです。

餃子9
そして、おまけにこの”餃子”、皮はパリパリ、餡はジューシーときていますから嬉しいじゃないですか!


妻のいい兆しが、嬉しいお店と出会わせてくれました。


今回は様々な事を学ばせて頂きました。妻の完治、或いは完全な意思疎通までは未だまだ時間が掛かりそうですが、ワタシらしく、美味しいものを頂いてそこからエネルギーをもらいながら妻に寄り添いたいと思いました。

完食10
ですからこの日はパワーがありましたから、あっという間に”完食”していました。


これからも、ただただ実直にこのシリーズを書き続けていきます。妻が背中を後押ししてくれます。


その、ワタシの”宝物の妻”を、どんなことをしてでも健康体で家に連れて帰りたいんです。でも・・・・まだまだ険しい道が何箇所も待ち構えていました。



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

読女さん版食べ方アレンジ

じゅんさん、おはようございます。いいですね❗️「 焼きめし 」やっぱり、自分が好きなメニューを記載して頂くと〜どんどん引き込まれますね。写メの感じで、既にパラパラ感が伝わって〜スープが、これまた有り難い。じゅんさんが、書かれている様に〜火力を強くして、一気に作る❗️だから、このパラパラ感になるんですね。これは、絶対旨い❗️旨くない筈がない❗️それから、じゅんさん〜 「 焼きめしを旨く食べる方法 」途中で、ソース等をかけて〜味を変えて楽しむ。「 読女さん版食べ方アレンジ 」見事に〜使い分けていますね。このスープの、このとろみなら〜 口の中で、じわ〜っと、中華あんかけの様な味わいが有ったのでは❓じゅんさんの記事を読むにつけ、この 「 読女さん 」は、「 食の事に詳しく、又色々美味しい食べ方等長けている方ですね❗️」この日のじゅんさんは、娘さんと息子さんに奥さんをお願いして〜安堵感が出て、食欲が湧いた様ですね。餃子の追加とは、珍しいですからね。じゅんさんのお腹も、心も満腹になった 「 満腹さん 」のお昼ごはんというオチで、宜しいでしょうか。じゅんさん、今日も一日〜明るく元気に頑張りましょう❗️

この時期は

むらちん様
この時期は、まだ妻が急性期病院で回復基調に乗れるかどうか?の瀬戸際と言う時期でした。この時期には、昨日アップしたような記事が書けるだなんて、想像も出来ない時期でした。
ただ、タイミングよく娘と息子が妻に付いていてくれましたので、外食出来ました。更に、この日は妻が意味の通じる言葉を発してくれた日でしたので、気持ちも随分楽になっていましたから、食欲が出ていました。

読女さんのアドバイスや心の支えもあって、希望が湧いて来始めていました。
そう言う経過が、昨日の妻との外食に繋がりました。感無量です!
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。