スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「白猪の滝の風景 ③」・「過去記事を振り返る」 79

今週も”白猪の滝の風景”を振り返ります。これが、”白猪の滝の風景”の最終回です。


最終回は”白猪の滝”で見た”アキアカネ”のクローズアップ画像をアップします。

秋の赤とんぼの仲間で、夏から秋に季節が変わり始めることになると、至るところで飛んでいます。

アキアカネ逆立ち3縮小
これ、”アキアカネ”の逆立ちです。

このトンボは警戒心が強いので、ここまで接近して撮影するのは、実は至難の業なんです。

まあ、見てください、彼らの芸を。

アキアカネ逆立ち1縮小
目の前で次々と芸を披露してくれました。

ここまで近寄って撮影する秘訣は、”ワタシもトンボだ!”という強い思い込みがポイントです。

アキアカネ逆立ち4縮小
彼らも、ワタシをトンボだと思ってくれたのでしょう。(思わないか?)

なお、この”アキアカネ”は、まだ幼い時期の色をしています。

アキアカネ”は成熟するに従って、こういう茶色のまだら模様から、文字通り”茜色”(あかねいろ)の赤に色が変わってきます。

まだ幼い時期だからこそ見せてくれた芸当かもしれません。以下は、成熟した”アキアカネ”を紹介して、このシリーズを締めくくります。

アキアカネ遠景縮小
これも”アキアカネ”です。

少し成熟しかかって、体色が赤みを帯びてきました。通常は、この位接近したら逃げます。

タイヤとアキアカネ縮小
タイヤにとまった”アキアカネ”です。この色が、”茜色”(あかねいろ)ですね。

一番成熟した頃は、こういう色になります。こうなると”アキアカネ”が”赤とんぼ”の仲間だと分かりますね。

羽を下に下げているのは、警戒態勢をとったという意味です。

こちらは、飛び去る寸前の姿勢です。

逆光のノシメトンボ縮小
最後も赤とんぼの仲間です。

木の枝の先端にとまっています。種名は”ノシメトンボ”だと思います。

丁度真下から、シャッターを切りました。

ワタシのカメラは古い型のコンパクトデジカメなので、背景をぼかして撮影することはちょっと難しいのですが、偶然に一眼レフで撮ったような雰囲気が出ました。(撮影当時。今はiPhoneを使って、撮影しています)

色々な自然を撮ってきましたが、ワタシが”最も好きな画像の一枚”です。


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

成長過程

じゅんさん、おはようございます。写メでの説明で、アキアカネの成長過程が〜よく分かりました。色の違いが〜一目瞭然で、分かりやすかったですね。確かに、言われる様に〜限界ぎりぎりの距離だと思います。じゅんさんを、仲間だと認めた証拠でしょうね。普通なら、逃げてしまいますからね。この写メを撮影する時には、じゅんさん自身も〜とんぼの様に、目を大きくしながら〜近づいたのでは❓このじゅんさんの、時々そのものになり切る必殺技〜 「 変身なりきり実写版の術❗️」実に、友好的な技ですよね。この技は、やっぱりそのものの気持ちにも、なり切る事が大切でしょうね。じゅんさん、見事な技です。お見それしました。奥さんの目の手術 ( 1回目 ) 近づいてきましたね。万全の状態で、臨んでもらうためにも〜今週も、奥さんには〜ノンストレスで過ごしてもらいましょう。今週も、明るく元気に頑張りましょう❗️じゅんさん、朝一爽やかな気持ちになれました。ありがとう❗️

成り切る心

むらちん様

昔は、この様に自然に触れるため、野山に出かけておりました。
ところが、この処そう言う事がめっきり減ってきました。好奇心と行動力の衰えでしょうか。
自然に触れていた時は、昆虫類を意識して写していました。蟻を撮る時は、地面に腹這いになって写します。蟻の目線に合わせないと写せないんです。
つまり、地面に腹這いになった瞬間から、蟻に成り切っています。
すると、今まで見えていなかった気色が見えるようになります。

妻は、今日眼科の診察を受けます。手術のじゅんびです。早く片目だけでも見えるようになれば、妻の気持ちももっと前を向いてくる様になると期待しています。

とんぼもお詳しいですね

じゅん様

ご無沙汰いたしましたm(_ _)m

あらあらグルメの世界だけではなく幅広い知識だこと
頭の中は隙間も何かの知識で埋め込まれていそうですね

赤とんぼには、いろんなトンボの総称だたのですねー
秋ですねー長閑ですねー

昆虫も生活環境が良いところを永住としてるのかな?

アレアレア

ぴんくモッチー 様

本当にお久しぶりです。すっかり忘れ去られていたのか?と思っておりました。

お元気そうで何よりです。

昆虫の世界に詳しい訳ではありませんが、田舎の我が郷里、愛媛県は自然が残っているところがまだまだ多くあります。

そういう自然をお伝えすることが出来れば嬉しいと思って、シャッターを切りました。

妻が緊急入院して以来、ブログを拝見する余裕を無くしていましたが、今のところ順調にリハビリを続けてくれています。

又、記事を見さて頂く余裕も出てくると思います。これからも、よろしくお願い致します。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。