「再訪 375 チャイナ・ハウス すけろく11号平井店」・「愛媛グルメ紀行」 1,011

今日は、妻が入院している”リハビリの専門病院”で妻に昼食を食べさせた後、ワタシはメタメタに疲れていたので自宅に帰りました。


当然にワタシ自身の昼食はまだでしたので、帰り道、国道11号線沿いの、平井町にある”チャイナ・ハウス すけろく11号平井店”さんに寄りました。


このお店は2度目の訪問で、初めてのご紹介は2015年6月18日でした。(「チャイナ・ハウス すけろく11号平井店」・「愛媛グルメ紀行」 946


このお店は、”読女”さんのお薦めで、更にお薦めメニューまで決まっていました。前回訪問では、そのメニューを試した積もりだったのですが、ブログアップしてみると”読女”さんのお薦めとは違っていたようです。

玄関1
こちらが国道11号線に面している、お店です。


前回注文したメニューは””ドラゴン麻婆豆腐チャーハン”でした。ところが、”読女”さんが指定したのは、実は””ドラゴン麻婆豆腐飯”だったんです。


違いは”チャーハン”と”白飯”の違いだけだったんですが、”読女”さんに言わせると、「”ドラゴン麻婆豆腐”は”白飯”にこそ、よく合うんよ!」でした。

サンプルケース2
そこでリベンジにやって来たという訳です。ところがこの頃は、妻の看病疲れですっかり”食欲をなくしていた時期”でした。


でも、妻には「食事は治療の一環だと思って、食べなきゃダメだ!」って言い続けていました。そういうワタシが、食欲が無いからといって食べない、或いはコンビニのオニギリ一つで昼食を済ませるというのも、筋が通りませんよね。


おまけに、ワタシ自身がかかっている医者からは「貴方は”貧血”になっています。明らかに”栄養失調です!”」って言われていました。

メニュー3
ですから、無理にでも挑戦して食べなきゃいけない環境であったのです。


前回メニューブックを見て、探しに探して無かったって思っていたメニューが、ちゃんとありました。前回は探し切れていなかっただけだったんです。


それが、メニューの右下に写っている”ドラゴン麻婆豆腐飯”(どらごんまあぼおどうふはん)です。お値段税込みだと880円です。

ドラゴン麻婆飯4
そして出されたのがこの画像です。確かに前回との違いは、チャーハンが”白飯”(しろめし)に代わっているだけでした。


でも”読女”さんは、熱々で舌を火傷しそうになる”ドラゴン麻婆豆腐”と”白飯との相性”をワタシに味わって欲しかったのです。


こういうシリーズを書いていますと、”タカがその位の違い”って言えないんです。意味が大きく違うんです。その点を”読女”さんは、ワタシに、きちんと自覚させようと思って頂いたのです。

コンロ5
ドラゴン麻婆豆腐”の中の”ドラゴン”の意味の一つが、この画像の”コンロ”です。


固形燃料で、”麻婆豆腐”を食べ終えるまで、鍋の下で””がチロチロと燃えているのです。


ドラゴン”、つまり”龍の口から吹き出した炎”を意味しています。その位”熱々”で、尚且つワタシ自身の口から”火を噴く”くらいに”激辛”なんです。”ドラゴン”には二重の意味が込められています。

麻婆豆腐6
この画像では、土鍋から湯気が立ち昇っている様子が見て取れると思います。


ちょっと見え辛いのですが、実物は”麻婆豆腐”が”火山のマグマ”のように、或いは別府温泉”坊主地獄”の様に、沸々と吹き上がっています。


オイ!爺さんよ!覚悟して食わなきゃ、地獄へ落ちるんだぜ!!」って言われたような・・・・・・???

麻婆豆腐7
このお店の位置づけは、”ファミレス中華料理店”ではないか?と思います。


それが証拠に、当日午後1時10分頃は”待ち席”に数組の家族客が待っていましたし、ウエイティングペーパーに自分の名前と人数を書いて待つシステムになっています。


でもこの”ドラゴン麻婆豆腐”には、本格的な”花椒”(ホァジョー=華北山椒)が、しっかり使われていました。唐辛子は当たり前でしょうが、ファミレス的なお店で”花椒”をタップリ使うということが意外でした。でも、その”本物志向”には好感が持てます。

麻婆豆腐スプーン8
さて画像は、単独で”麻婆豆腐”を取り、”白飯”と交互に食べる場合はこうなるというシーンです。


食欲の落ち切ったワタシの”胃袋”が、胃痙攣を起こすのではないか?って心配した程の過激な刺激でした。


でもその過激さは、却ってワタシの弱り切った”胃袋に活”を入れてくれたようです。ドンドン食が進みました。

麻婆飯9
こちらの画像は、”麻婆豆腐と白飯”を混ぜて同時に食べる時のシーンです。


どう食べてもいいのですが、やはり”読女”さんから指摘された様に、”麻婆豆腐”と”白飯”の相性の良さをとことん味わうには、別々に・交互に食べたほうがベストマッチを実感できます。


言わば”白飯”は”箸休め”の役割を担ってくれるからです。”読女”さんの”食の理解は、奥が深い!”ですねーー!!

カメムシ10
すっかり満足しきってお店を出て、車まで歩いている途中で、「ブ~~~ン!・・・・・・・」と、昆虫の羽音が耳元で聞こえてきました。


ン?????・・・・」っと思って周囲を見回すと、左耳の下の肩口に”カメムシ”が止まろうとしているではありませんか。”カメムシ”は別名”屁こき虫”とも言って、やたらと”臭い!”んです。”シッシッ!!”って、手で追っ払いました。


でも彼はしつこくワタシを追ってきて、ワタシは車に逃げ込んだのですが、運転席のサイドドアの所に止まって、盛んにワタシに話しかけようとしていました。


耳を澄ませてみました。すると彼がこう言ったんです。「爺よ!覚悟して喰え!って言ったのはワジじゃよ!その教えを守って、爺よ!お前はよく喰った!!でかしたぞ!!!」っと。・・・・・・・・





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

わざわざ白飯で食べ直しに行かれたんですか(笑) 
ヨレヨレの胃袋にパンチのきいたもん放りこませてごめんなさいね♪
これかなり刺激が強いから、弱ってる時は無理に食べない方が良いですよ( ´ ▽ ` )ノ

当然でしょう

読女様

わざわざ食べ直しに行く!当然でしょう~~、読女さんから頂いた指示を果たせていなかったのですから。

そして、食べ直して完全に納得しましたよ!白飯と激辛麻婆豆腐との相性を。
白飯を食べる都度、これで卒倒せずに済んだ!って安心できるんですから、相性は抜群ですね。

もっとも、胃痙攣を起こす寸前でしたけどね。今は胃も回復してきました。色々貴重なアドバイスに感謝しています。

それからコメントもありがとうございます。

場所によるのかな?

昔、高松市のすけろくで食べましたが、味はまあまあでした。しばらくしたら1店舗つぶれてしまいました。(閉店した事を、つぶれたって言います)
新居浜にも、すけろくがありますが入ってないです。やはり、松山で食べた方が美味しいのですか?

おそらく

わたうさぎ様
おそらく、お店によって味が違うのではないか?と思います。
チェーン展開ししているお店には、味に関して2通りの考え方があって、調理は人によって味がある程度違って当たり前と言う方針のお店と、チェーン展開している以上どのお店に行っても味が違うというのはおかしいので、どのお店で食べても味は同じでなければならないという方針のお店があります。

前者を代表するチェーンが餃子の王将です。後者を代表するチェーンがチャンポン店のリンガーハットです。

すけろくは、ローカルチェーン展開しているお店ですが、味作りはおそらく前者ではないか?と思います。松山のお店の中でも、微妙に差がある様です。
何時もコメントありがとうございます。

栄養失調とは

じゅんさん、じゅんさん自身の体調がそこまで悪い状態とは、知りませんでした。心労と介助のWの疲れで、ピークだったんですね。しかし、文章を読んでいくと〜じゅんさんらしいアンニュイな表現力が、そこかしこに見え隠れして〜 余裕が感じられて、安心出来るのは、「 読女さんお勧めのメニューによる。心の余裕でしょうか。」でも、写メの感じでは〜相当辛そう❓ですが。へへへ…

未だに

むらちん様

未だに、看病と仕事の両面で、心理的な負担をずっと持ち続けております。
心が疲れると体まで疲れるって、今回初めて知りましたし実感しました。

でもそういう疲れと緩みは、このメニューで往復ビンタを食らって目が覚めました。弱音を吐いている場合じゃないんだって。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード