スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「再訪 380 お食事処 勝山協食」・「愛媛グルメ紀行」 1,017

今日は清水町3丁目にある”お食事処 勝山協食”さんの3度目の訪問です。


前回ご紹介したのは、昨年(2014年)11月11日でしたから、ほぼ一年ぶりのご紹介です。(「再訪 285 お食事処 勝山協食」・「愛媛グルメ紀行」 829


このお店をこの時期にお訪ねしたのには、明確な理由がありました。それは後ほど。

看板1
この、無造作に置かれた”路上看板”が、何時も待っていてくれています。


このお店は、ワタシが社会人になってから50歳まで働いた仕事の関係で、20代後半から通っていました。ですから、通い始めてからでも40年を超えています。


現在このお店をやっておられる方は、実はワタシが通っていた時代の方ではなく、三代目に当たります。

お店2
これが、”中華料理”だとか”お好み焼き”、そして”お食事処”などと名乗っておられるお店です。


今でも”お好み焼き”をやっておられるのでしょうか?鉄板はありますが、そこにお客さんが座っているのを見たことがありません。


このお店は、何と言っても”愛媛大学”と”松山大学”、それに”松山赤十字看護専門学校”の学生さんたちの旺盛な食欲を満たし続けてこられた”食堂”ですね。

メニュー3
まあ、店内のこの”メニュー”を見て下さいよ!これ、税込みの値段なんです。涙が出てくるほどの”安さ”なんです。


しかもこのお店、上に書いた学生さんたちでも、特に運動部系の学生さんたちにこよなく愛され続けているんです。


つまり、このお店の料理の””は、ちょっと”半端な量”ではないんです。量と価格から言えば、松山でも指折りの”お得感溢れるお店”です。

魚拓4
メニュー表の下に、「材料高騰のために 少し値上げさせて頂きます。   よろしくネ !!」って、手書きされています。


おばちゃん”の心苦しさがダイレクトに伝わります。3人でやっておられます。この三代目に交代してからでも30年以上続いているのですから、このお店の”値打ち”が分かろうと言うものですね。


ワタシがお訪ねしたのは、11月1日の日曜日でしたが、店内は学生さん達や現場関係者さん達でほぼ満席でした。皆さん、昔から”申し送り的”にこのお店の事はよく知っているんです。

ノート5
この”大学ノート”が泣かせるんです。各テーブルに一冊づつ置かれていて、ほぼ毎日”書き込み”されています。


部活の様子や、恋の悩み、このお店の料理に如何に助けてもらっているのか?っと言う感謝の言葉が切々と綴られています。


この”大学ノート”には、このお店に通った方たちの”青春”が、”ギューーーっと濃縮され”て詰まっているのです。

野菜炒め定食6
さて、このお店にこの日お訪ねした目的です。それはたった一点、”野菜炒め”が食べたかったからです。この頃は、妻はまだリハビリ専門の病院に入院しているときでした。(今も尚入院して、リハビリに励んでいてくれています)”体が野菜を求めて”いたんです。


そこで、”野菜炒め”を食べることが出来るお店を思い浮かべた時に、このお店を思い出したという訳です。意外と”野菜炒め”を食べることが出来るお店って少ないんです。先日もそれを求めて、それらしい”中華料理店”を2軒廻りましたが、2店共見当たりませんでした。


どーーーですか!!この”野菜炒め定食”。迫力あるでしょう。”ご飯”なんて、このお店はこの丼にうず高く盛り上げて、”ご飯のピラミッド”が崩れるんじゃないか!って思えるような””が平然と出てきます。


ですから、ご飯の量をレギュラーサイズの五分の一以下に減らしてもらいました。すると、お店のお兄ちゃん、機嫌が悪くなるんです。「ウチのお店をナンダと思って来たんだ!!え~~~~!!!」って表情になるんです。

野菜炒め7
まあ惚れ惚れする程の、真っ当な”野菜炒め”でしょう?


どういう材料が入っているのかをメモしようとiPhoneを取り出しましたが、諦めました。意味のないことをしてもしょうがないことにも気が付きましたし。


そしてこの”野菜炒め”、途方も無い程”味が濃い”んですよ。そうです!”丼ピラミッド飯”を、この味の濃いオカズ類で食べさせようと言うのです。学生さんたちのまあ食べることといったら・・・・・・”ワシワシとご飯をかっ込む”という表現がありますが、その言葉通りなんです。

肉じゃが8
この”肉じゃが”は、どの定食類にも付いています。その日によって違いますが。


柔らかく、しかもホッコリと煮てあります。小品ですが、お店の心根の優しさを表していると思いました。


もちろんこの”肉じゃが”も濃い目の味付けです。徹頭徹尾、”大飯”を食わせる為の仕掛けですから。

コロッケ9
恐る恐る”野菜炒め”の小山にとりかかっていますと、お店のお兄ちゃんが、この画像の”コロッケ”を持ってきたのです。


「ン・・・・・・????」的な顔をワタシがしますと、「ウン、これ付いとルンよ!」っとニッコリ。


で「イヤイヤ、とてもそれは食べられんから、下げてや!」っとワタシが頼むと、またムッとした顔つきになって「うん、余ったらそのまま置いとってや!」っと言われました。このお店は、”食べさせてナンボ!”って考えておられるかのようなんです。

完食10
歯を食いしばって、ここまで食べ進んだところで、遂にギブアップしました。漬物2枚の内の1枚と、例の”コロッケ”が残りました。


でも”野菜炒め”だけは、残してはイケないって思って、喘ぎ喘ぎ食べました。せっかく”野菜炒め”を目指してこのお店に来たのですから残すわけにはいかないと思ったのです。


でも帰りの車の中で、頭を後ろのヘッドレストにぎゅーーっと押し付けるように、仰け反って座らないと・・・・・・下を向けない程、お腹がパンパンでした。この日の”夕食”は・・・・・・ええ、抜きました・・・・・・


でもこのお店の”野菜炒め定食”、心身ともに満足しました。仰け反りながらお礼を言いたい。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

じゅんさんの所望

じゅんさん、おはようございます。そうですね〜じゅんさんの躰が、野菜を欲しがっていた頃ですかね。しかし、写メの茶碗とお皿の大きさが、「 ガツンと量を食べてもらうぞ❗️」というお店の方の心意気を感じますね。じゅんさんは、お茶碗に正規の量よりも〜かなり少なめの量と、野菜炒めの量はかなりボリューミーですよね。小鉢やら〜コロッケまで、確かに体育会系の若人には、堪らないでしょうね。有り難い事だと思います。でも、じゅんさんも頑張りましたね。食が細くなっていた頃に〜じゅんさんが所望された 「 野菜炒めは、ちゃんと完食されたのだから。」車の振動で、少しはお腹に響いたでしょうが〜夕食は抜かれたとの事、お疲れ様でした。じゅんさん、日々奥さんの体力の回復〜心より嬉しく思います。書き込み前に、昨日のじゅんさんの記事を再度読み〜 その後ここに書き込みしました。じゅんさん、今日も一日明るく元気に頑張りましょう❗️

おはようございます

むらちん様

今日は、妻の眼科診察の為、リハビリ病院を外出します。これで眼科の受診は終わります。妻の両目は、完全に回復しました。

動作も、少しずつシャープになってきています。妻の帰宅に向けての受け入れ準備も着々と進んでいます。励まし、何時もありがとうございます。

ちい様

ちい様
人様から見れば、至らないことだらけかも知れません。
あんなことしなければ良かった、もっとああすれば良かった、あの時こうしておけば良かったという後悔も反省もたくさんあります。
それでも私は私なりに、精一杯やってきたつもりです。

ですから、「病気の妻を30年家に放置していたのに倒れたら献身的なブログをアップしている。」などと書かれると、非常に悲しい気持ちになります。
「妻が病気なのに若い女とチューしている。」というのは、読女さんとの関係を勘ぐられて書かれたのでしょうか?それならば、とんでもない勘違いです。
読女さんには旦那さんがおり、旦那さんも交えてのご自宅での食事に招いていただいたり、家族ぐるみで良いお付き合いをさせて頂いております。

私を攻撃したいが為に、嫉妬心から根も葉もないことを書かれたのでしょうが、ご迷惑をおかけしますのでおやめ下さい。

ちい様の妄想と執拗なモーションに耐えかねて、一方的に全ての連絡を断った私の事を怒っていらっしゃるのでしょう。淋しい思いをさせてしまったのなら謝ります。
メールも電話もブログのコメントも全て無視してごめんなさい。
それでも尚、私に接触するためにTwitterのアカウントまで作られたのに、コメントを無視し、フォロワーを拒否してごめんなさい。

しかし、もうそろそろ私の事はお忘れになって下さいませんか。
これまで何度もお伝えしてきました通り、あなたと人間関係を再開させるつもりはありません。
このような事はこれで最後にして下さいね。

初めてのコメント

もっち様

初めてのコメント、ありがとうございました。しかも「お気に入り」に登録していただいて、ずっと見ていただいていた。大変に嬉しいことです。

さて「管理人が読める」という条件のコメントを頂きました。そのコメントで書いて頂いた内容に関して、つぶさにお返しのコメントを書くことが出来ません。事情をお察ししていただければ幸いです。

人は時に天使にもなり、同時にも悪魔にもなるということだけをお伝えします。人間苦境に陥った時、それまでの人間関係が偽物であったのか?本物であったのかが如実に分かる。その意味で、私は大変に貴重な経験を積ませて頂きました。

多くを語ることは出来ませんが、上に書きましたことでお察ししていただければ幸いです。

これからも、どういうことがあっても私はブログを書き続けて参ります。これからも宜しくお願いいたします。

No title

じゅん様

早速の返信ありがとうございます。
先ほどのコメントの件、承知しました。

どういうことがあってもブログを続けますと書かれたじゅんさんの強さにグッときました(>_<)

これからも楽しみに読ませていただきます。

こちらこそ

もっち様

いやー、私の方こそ、早速のコメントありがとうございました。

今回の件で、人間の本性を見ることが出来たこと、私にとっては辛く悲しいことでしたが、それが現実の世界だと分かったことは、決して無駄ではありませんでした。

私のブログは7年目に入ったばかりですが、これまで記事継続にとって、様々な障害がありました。でも、それらの障害・妨害、悪意による中傷などに負けるなどとは一度も思ったことはありません。

私は「書き続ける」ことに意義を見いだして書いております。それをどこのどなたが邪魔しようと試みても、私の筆を止めることが出来る存在など一切ありません。

私は特別の能力などありませんが、一度書き続けると決めたことは守り通すことだけが、私の本分です。父母から受け継いだ血を、これからも発揮し続けたいと考えているところです。

学生に優しい食堂

夜分遅く、すみません。奥様の看病で忙しいと思い、コメントは控えていましたが、色々あったようで大変でしたね。
多分、じゅんさんが羨ましかったんでしょう。私も色々ありますが、他人を羨むとか、妬むより、自分が幸せでいられる事を考えた方が良いと思っています。(自己中って意味では無いですよ)
ところで、勝山協食ですが、ご飯もおかずもてんこ盛りなんですね。美味しそうな野菜炒めですね。
今の私では食べきれません。高校生の時なら食べられます。学校の近くに、こんな食堂が欲しかったです。高松市なら大盛りの店があると思いますが、観音寺市や三豊市は無いかもしれません。聞いた事が無いからです。

学生の味方

わたうさぎ様

コメントありがとうございました。激しい妄想や嫉妬、それが病であるが故と分かっていても、その矛先を向けられたものは、やり切れない思いですね。忘れることにしました。

さてこのお店、本当に地域の学生さん達にとことん優しい食堂です。一体この食堂は、何人の胃袋を見たし、栄養補給に貢献されてきたのか!それを考えますと、頭が下がります。

どの地域にも、こういうお店があって欲しいですよね~!!

はーい!
私たち夫婦は揃って助けられました。
まずは量!でしたから。
懐かしのお店です。

確かにあのお店でご飯少量は…(笑)
あまりない注文でしょうね。

今日は思いがけずお会いできて嬉しかったです。
娘が鼻ズルズルでなければ抱っこしていただきたかったな。
もうずっと鼻水ズル子ちゃんなのです。
うつしたら大変!

ご縁って不思議なものです。
勝協の記事の次の日にバッタリですもんね。
良い週末を^_^

偶然とは思えません

くく様

昨日、くくさんご夫婦との縁ができた「勝山協食」さんの記事をアップした翌日の今日、くくさんご夫婦と裕夏(ゆうか)ちゃんに、フォンターナさんで出会えるだなんて!

これは、決して偶然などではない!って思いました。今週は忙しかったり嫌なことがあったり。そこで、そういう嫌なことを来週に持ち越さなようにって思って、大好きなフォンターナさんに行ったんです。

そうすると、くくさんご夫婦と裕夏(ゆうか)ちゃんにバッタリ出会った。私は瞬間に、これは天の配剤だ!って思いました。私にとっては、想像以上に嬉しくありがたい週末になりました。ありがとうございました。

次回こそ、裕夏(ゆうか)ちゃんの頬をスリスリさせて下さいね!!
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。