「紅葉が燃える」・「過去記事を振り返る」 84

今日は、2011年12月10日にアップした記事を振り返ります。今の季節に合っているでしょうか?

暖かい日が続いた今年の晩秋、山々の紅葉も戸惑ったようにまだら模様。

でも、やっと山里のそこここで”紅葉”(こうよう)が燃え盛る風景を見ることができるようになりました。

町のあちこちで、クリスマスツリーの電飾が夜の街を照らし始めたこの頃に。

今日は、あれこれ理屈抜きで、シンプルに山の尾根や谷筋を飾る”紅葉”の風景をご紹介しましょう。

イチョウ1
紅葉”は、コウヨウともモミジとも読むことはご存知のとおり。

”紅葉”(コウヨウ)のまず最初は、”イチョウ”です。

場所は、ワタシの郷里の西予市の野村町。吹き抜けるような初冬の青空で、黄金色に輝いていました。

イチョウ葉2
でも、イチョウの木の下はイチョウの葉の絨毯ができています。

まもなく、全ての葉を落とす日が近づいているのでしょう。全部の葉を落とし、冬に木の樹精を蓄え、春の発芽に備えます。

紅葉3
次の”紅葉”は”モミジ”です。

場所は、西予市野村町と大洲市を結ぶ国道441号線沿いにある、大洲市梅川付近です。

紅葉4
モミジ”も、天空の青空に映えて、燃え上がる紅蓮の炎のようです。

交通量も少ない国道ですが、季節の移ろいを感じ取るにはいい場所です。

明石寺紅葉5
次は、四国八十八箇所霊場の第四十三番目の札所”明石寺(めいせきじ)”の境内にある”モミジ”です。

明石寺(めいせきじ)はこの季節、イチョウやモミジなどの落葉樹に包まれ、全山が赤く染まっています。

明石寺紅葉7
参道を急ぐ同行二人(どうぎょうににん)のお遍路さん、次の札所は久万の第四十四番目の”大寶寺(だいほうじ)”です。


遍路道を急ぐには理由があります。四国八十八箇所霊場の中でも、その行程の一番長いのが、この”明石寺(めいせきじ)”から次の”大寶寺(だいほうじ)までで、約70キロあるのです。

燃え盛る”モミジ”が、お遍路さんの肩を押してくれます。

明石寺紅葉葉9
お遍路さんが、大寶寺(だいほうじ)までの遍路道に足を進めた後には、無数のモミジの落ち葉が道々に広がっていました。


南予は、愛媛でも冬が来るのが早い地域です。山々も、すっかり冬支度に余念がありません。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

四季

じゅんさん、おはようございます。週の始めの月曜日に、この様な四季の様子を觀て〜心穏やかに入れるのは、とても有り難く嬉しい気持ちになれますね。今全体的に、温暖化の影響で〜季節感が遅れ気味になっていますよね。昔は、「 紅葉 ( もみじ ) といえば、11月が当たり前。」って感じでしたが、今は12月も気温が下がりきらないと、色が付きません。どうしたものでしょう❓それからじゅんさん、一つミニ情報を〜 西予市の 明石寺ですが、地元の方は〜 「 めいせきじと呼ばず、あげし 」って読んでいます。なんとなくニュアンス的には〜分かる気がするのは、私だけでしょうか。じゅんさん、奥さん如何ですか。もう、そろそろ退院の日時が決まる頃ではありませんか。いよいよ、じゅんさんの苦労が報われる日が近いんですね。待ち遠しい限りです。じゅんさん、今週も〜明るく元気に、頑張りましょう❗️

おはようございます。
秋らしい写真ですね。

私 この441号を通ってよく野村に行っています。

のどかな道でのんびり走っています。

私も地元民

むらちん様
実は、私も宇和町と言えば地元民とも言えます。何しろ、お隣の野村町の出身ですから。従って、子供の頃から「あげしさん」っと言う呼び名で慣れ親しんでいます。私は妻と八十八ケ所巡りも経験しています。

妻の体力もだいぶ回復して来て、退院予定日も決まりました。もうすぐそこです。

私も

せい爺様
コメント、ありがとうございました。
国道441号線は、両親が存命中であった頃は、月に2回通っていました。
野村町と大洲市を結ぶ路線として慣れ親しんでいました。

最近は、本当に通らなくなりましたね〜!又、野村町に帰ってみたくなりました。

決定ですね

じゅんさん、決定しましたか。いやぁ〜良かったですね。じゅんさんからの〜この報告を、早く聞きたかったので〜凄く嬉しく、胸を撫で下ろしています。じゅんさんも、今から〜心がウキウキしている事でしょうね。前の記事で、奥さんの体重も増えてきて〜体力も、良い流れになって来ましたね。奥さんとのコミュニケーションで、家に帰ってからの〜奥さんの自立へのサポート、じゅんさんの役目は、まだまだ続きますね。じゅんさん自身の、体調管理も大切ですよ。風邪要注意でしょう。読んで嬉しい報告、有り難く思いました。

実は・・・

こんばんは!
今、夕飯の片付けを主人がしてくれてます♪
やっと自分の時間が持てました!
すぐに じゅんさんのブログで
紅葉を堪能させていただき心が少し落ち着きました(*´з`)
四季のある日本に生まれて良かった。
ステキな紅葉ですね(^_-)-☆

実は11月末に実母が入浴中に転倒し・・・
腰の圧迫骨折でてんやわんやでした。
ストレスを抱えた母は長女の私にだけ暴言を吐き
私は心身ともに疲れ果て、じゅんさんのように優しく接することが
出来ず、とうとう自滅してしまいました!
明日は病院で薬をもらって来ます(^-^)

やっぱり夫婦は、助け合いが大事ですね♪
主人に感謝!
元気になったら”愛LOVEハンバーグ”に直行します。

やっと

むらちん様

やっと決定しました。でも、こういう日が来ようとは・・・・感無量です。

嬉しいなんて、ありふれた言葉では言い表せない気持ちです。

お大事に

猪川すみれ様

そうでしたか!それは大変でしたね。やはり家族が病に倒れますと、その周囲にいる者、特に親しい家族に負担が掛かります。

病に倒れた当人は、心身の苦しさを一番近しい人にぶつける他ありません。でもそれを全部受け止めるって、とても一人では受け止めきれないこと、今回の妻の入院で分かりました。

そういう心の負担を、少しでも分かち合ってくれる人の存在の意味、大きさ、重みを今回身を持って体験しました。

どうか、早く健康を取り戻されて、ご夫婦で「愛LOVEハンバーグ」さんの美味しいハンバーグをお楽しみ下さい。

夫婦・・・・・この言葉の意味を、今噛み締めているところです。私は辛いことがあった時は、先ず自然に触れるために山に入ります。

無心で自然に臨み接しますと、自分の苦しみは、何てちっぽけなものか!って言うことに気が付きます。自然に恵まれたことを感謝せざるを得ません。

紅葉をじっくり見る暇がなかったので、じゅんさんの記事で堪能出来ました、ありがとうございます。
それから、奥様の退院日が、私の誕生日までに出来るといいですね。(レコード大賞のある日です)
紅白歌合戦が、おうちで見られますように祈ってます。

退院

わたうさぎ様

妻の退院の日が決まりました。わたうさぎさんのお誕生日より前です。

妻の退院日の前日には、娘が東京から帰ってくれます。息子も、恐らく年末には高松から帰れるでしょう。

家族揃って紅白歌合戦や、お正月番組が見れるでしょう。夢の様なことです。おせち料理は、妻の恒例行事でしたが、今年は外に頼みました。これは致し方ありません。私では手におえませんから。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード