「再訪 388 ヤツゲ亭」・「愛媛グルメ紀行」 1,025

今日は天山町から、10月15日に南久米町に”移転開店”された”ヤツゲ亭”さんのご紹介です。


このお店には、移転開店されて以降、立て続けに4回ご紹介することになります。


ということは、現時点でワタシが最も”気に入っている”お店だということです。

玄関1
こちらがお昼時の玄関の様子です。考えてみれば、この光景を画像でアップするのは初めてですね。


何時もイレギュラーな時間に、このお店に入っていました。しかも夜には滅多に出ないワタシが、このお店には2回連続”夜に”お訪ねしました。


前々回は、親友の”読女”さんと、このお店で飲み明かしました。(「再訪 367 ヤツゲ亭」・「愛媛グルメ紀行」 997

ランチメニュー2
今日はその”読女”さんのお薦めというメニューを頂きに、ランチタイムにお訪ねしました。


玄関脇に、”ランチメニュー”が書き示されています。


この日はこのメニューの中で、”読女”さんが最も好きだという”和牛ホルモン煮込定食”を食べに来たと言う訳です。お値段内税で750円です。お値段以上のものを出して頂けるのが、この”ヤツゲ亭”さんなんです!


お店に入って、前回このブログの”読者・むらちん”さんとこのお店で初めて会って、食べて飲んで語らった時のお礼を店主さんに言いました。「前回は、大変に素晴らしいお料理を出していただいて、読者さんにも満足して頂き、ワタシも面目を施しました!ありがとうございました!!」っと。

和牛ホルモン煮込定食3
さてこれが”読女”さんが大好きだという”和牛ホルモン煮込定食”です。どーーですか!これで750円ならお安いでしょう!


出された瞬間から、出汁の効いた”和牛ホルモン煮込”の香りが襲ってきます。


更に追い打ちをかけるように、”味噌汁の三つ葉”の清新な香りも効いています。ホルモンは成熟した香り、三つ葉は清新な香り、このコントラストに、のっけからノックアウトされました。

和牛ホルモン煮込4
皆さん、これが”和牛ホルモン煮込”ですよ!”和牛ホルモン”の内容は、大変に珍しい”丸腸”がスターを張っていて、それに”小腸”、”牛すじ”です。更に、こんにゃくとネギが加わっています。


丸く輪になった”小腸”の内側に、ギッシリ詰まった脂で丸く膨らんでいるが”丸腸”なんです。この”丸腸”の脂が甘く蕩(とろ)けるんです。脂って、こんなに甘いものだったんでしょうか?初めて味わう”甘トロ”加減です。


丸腸”も実は”小腸”なんです。普通の”小腸”はひっくり返して開いていますが、この”丸腸”はそのままぶつ切りにされています。ですから、旨みが逃げ出していない。ダイレクトに”小腸の脂の旨み”を味わうことができます。


そして”小腸”は、ご存知のようにコリコリした食感が楽しめますし、”牛すじ”は、「あ~~~!すじってヤッパ牛肉なんや!」っていう肉の旨さを実感できます。

ご飯5
こちらが”ご飯”です。噛めば噛むほど甘さ漂う””が、いい塩梅に炊かれています。


この”ご飯”って、おかわり自由なんです。大食漢だって大丈夫です。


ワタシはこの位の分量が最適です。イエ、正直2杯はイケルと思いました。でもこの頃は”完食”がテーマでしたから、1杯で自重しました。美味しいお料理は、ご飯を沢山食べさせる仕掛けなんですね。

切り干し大根6
ここから2品は、”小鉢”料理です。”小鉢”と言えども、決して手抜きしないのが、”ホンモノ”のお店の真骨頂です。


まずこちらは、”切り干し大根”と油揚げといんげん豆でしょうか?3種の素材が、絶妙に煮てあります。


ワタシは子供の頃、今の西予市野村町で育ちました。寒暖の差が大きくなるこの季節は、”大根”が一気に旨さを増す季節です。


細く切った大根”を竹で編んだ広く浅い笊(ざる)状のものに広げて、天日で干していました。それが”季節の風物詩”でした。ですから、郷愁を唆られる味でした。季節を舌で感じることが出来る味でした。

しらす干し7
こちらは”しらす干し”です。”しらす”とは、カタクチイワシやマイワシの子です。ワタシは小学校4年生から中学校2年生まで、今の西予市明浜町の狩江という所に住んでいました。


村の網元が、早朝に”カタクチイワシ”を獲ってきます。その”カタクチイワシ”も、漁の始めの頃はまだ子供の”しらす”です。それを浜の大釜で塩ゆでし、広い網に天日干しします。


画像の”しらす干し”は、しらす干しで一番食べ頃の一夜干しのものでしょう。(半夜干しかも知れませんが)涙がでるほど懐かしい!もちろん、素朴に”浜の味”がします。太陽光の恵みを感じます。

味噌汁8
ご飯”がモリモリ進むんです。胃が縮んだなんて、もう言えませんね。


この日の朝、極度の食欲不振に喘いでいた妻が、ワタシが農免道路近くにあるパン屋さんの”メリー”で買って、病院に持って行った”アンパン”を一個丸ごと食べました。看護師さんが仰け反って驚きました。


妻だって懸命に、体力を付けようと努力しているんです。それを支える立場のワタシが、食欲不振だなんで、決して言ってはならないことですね。


もう弱音は吐きません。”三つ葉”の香りとともに、”味噌汁”を一心に啜(すす)りました。

コーヒーゼリー9
あれ~~デザートまで付いていた。


甘くほろ苦い”コーヒーゼリー”でした。


ツルリンツルリって、喉に滑り落ちました。

完食10
ですから、ほ~~~れ!米粒一つ、”和牛ホルモン煮込”の汁一滴足りとも残しちゃいません!”完食”ですよ。


この様子を見ていた、隣に座って昼酒を飲んでいたオッチャンが「ほ~~~、アンタ、よっぽど旨かったんやねーーー!!」っと感嘆して、呻(うめ)き声を漏らしました。


アタ坊よ!!!


完食”するには、やっぱり”大好きなお店”で”大好きなお料理”を食べる。


しかも”親友”のアドバイスに従って!コレって”大鉄則”です。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

安過ぎでしょう

じゅんさん、おはようございます。「 ヤツゲ亭さん 」何度観ても、いいですね❗️今日は、「 読女さんお勧め料理 」ランチで、しかもこのラインナップで〜750円ですって❓しかも、この美味しそうなごはんが〜おかわり自由❗️じゅんさん、私すったまげました。隣りのお客さんが〜声をかけられる気持ちわかりますよ。じゅんさんの食べっぷりに〜半分羨ましかったと思いますよ。ホルモンは、私も好きですね。牛すじなら〜おでんにして、じっくり煮込んで〜デザートまで付いているんですね。「 ヤツゲ亭さんに〜あっぱれ❗️」でしょう。又、じゅんさんのお好きなメニューが、増えましたね。あと、私の気持ちを代弁して頂き〜誠にありがとうございました。じゅんさんが、書かれた通りです。今朝も、写メの料理で〜朝から、元気モリモリ❗️じゅんさん、今日も一日頑張りましょう。

追伸

じゅんさん、すみません。前の記事の、わたうさぎさんへのコメントにて〜 「 奥さんの帰宅が、27日と書いてあったもので❗️」遂に、遂に、遂にじゅんさんが〜待ちに待った日が来るんですね。本当に、良かったです。あとの気持ちは、又当日書き込みさせてもらいますね。嬉しいねぇ❗️

初めての

むらちん様

こう言うホルモン料理って、私初めての経験でした。読女さんから教えて貰わなかったら、一生出会っていないメニューだったかも知れませんでした。
で、本気で美味しかった。脂の旨さがタダモノではなかったですね〜!

明日には東京から娘が帰ってくれます。明後日はいよいよ妻の退院です。嬉しい報告が出来そうです。

メリークリスマス♪

美味しかったでしょ~(o^^o)
タンシチューもいけますよ!
タンは和牛の落としたてのを一本買いして、真ん中の柔らかい部位は刺身や炙りに。端の固いところや根元の脂身をシチューにしているそうです。素材の旨味が溶け込んだシチューは寒い日にピッタリですよ。是非一度お試し下さいね♪

何時も

読女様

何時も貴重な情報をありがとうございます。読女さんの情報提供が無ければ、この「愛媛グルメ紀行」は成り立っていません。
私の取材範囲を随分広げて頂いたし、常識ってどういう事か!っと言うことも教わりました。
メリークリスマース🎄

和牛ホルモン美味しそうですね

スーパーでは和牛ホルモンは、なかなか売っていません。精肉店に行けばあると思うのですが、高そうなので行けずじまい。でも、マルナカ氷見店(西条市)の近くにある個人のやってるスーパーに立ち寄ってみたら、『佐賀牛 和牛ホルモン』と書いた商品があったので買って食べました。(精肉店も兼ねてました)美味しかったです。
家では焼いて食べたので、ヤツゲ亭さんの和牛ホルモン煮込みは、色んな部位が入っているから美味しいだろうと思います。
子供にメニュー画像を見せたら、穴子天丼と刺身定食が気になると言われました。肉は気にならんのか~い!です(^o^;)

魚派

わたうさぎ様

ほっほー〜〜、息子さんは若い人には珍しい「魚派」ですか!
頼もしいじゃありませんか。私なんて、読女さんと出会うまでは、生魚が全くダメでした。もっとも、今じゃ、刺身無しの夕食って考えられなくなりましたけどね。

和牛ホルモンの煮込みは、本気で美味しかったですよ〜。初めて、和牛ホルモンを食べました。

魚でも肉でも、旨さの元は脂なんですね。いい魚、いい肉、高い魚や肉は、旨い脂を買って食べていると言うことでしょう。

お魚、苦手でした

じゅんさんへ、息子はいないです。娘です(^o^;)子供は一人だけです。
子供が小さい時は、焼き魚や煮魚が苦手でした。私の実家の父が、てっとり早く食べられるなら刺身、柔らかいなら『まぐろ』の赤身の刺身、そして何故か『いくら』をスーパーで買って来て食べさせてました。
なので、しばらく他の魚の刺身を食べてくれなくて困りました。
もう一度、メニューを見せて、お肉なら何がいいか聞いたら、『和牛ロースわさび焼き定食』と言われました。珍しい物を食べたい所が似てしまいました。
わさびも苦手でしたが、何とか食べられるようになりました。そじ坊の蕎麦に付いてるわさびを食べてから、段々、食べられるようになったかな?
日本蕎麦も、財田か、まんのうか、塩江に行かないと美味しいのが無いです。
観音寺にも祖谷そばの店はあるので行きましたが、普通でした。(悪くはないのですが…)
新居浜か西条に美味しいお蕎麦屋さんがあるそうなので行ってみたいです。

タンシチュー、気になります

読女さんが書かれていたタンシチューが気になります。飲食店で食べた事はあるのですが、今いちの味でした。
デミグラスソースの味が…とか、肉の硬さや味が…美味しくなかったです。チェーン店とか、フランチャイズ店だったせいかも(ToT)
美味しくて、胃もたれしないタンシチューが食べたいです。(ついでに美味しいビーフシチューも食べたいです)

早とちり

わたうさぎ様
子供さんのことは、例によって例の如しで、私の早とちりでした。お恥ずかしい!
私も読女さんと出会う迄は、生魚はダメでしたが、マグロの赤身とかカツオのタタキなどは食べていました。それと鯵だけは刺身で食べることが出来ました。海岸の漁村に小さい頃住んでいたので、夏は鯵の刺身だけがお菜でしたから。

蕎麦は、西条に超お薦めのお店が二軒あります。ブログのジャンルの「蕎麦」で検索するとヒットすると思います。是非参加になって下さい。

最後に、ヤツゲ亭の、読女さんお薦めのタンシチューも試して見ますね。試したら記事アップしますね。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード