「ザ・ニッタズ」・「愛媛グルメ紀行」 1,029

今日は”Mackey”さんというハンドルネームの読者さんから頂いた情報を元に、旧北条市で県道179号線(今治街道)沿いにある”フレンチレストラン”の”ザ・ニッタズ”さんをご紹介しましょう。


住所で言いますと、松山市河野中須賀にあります。今年最初の”愛媛グルメ紀行”に相応しいお店だ、と思いましたので採り上げました。(取材時期と記事アップのタイミングは必ずしも一致しません)


今年初めての”愛媛グルメ紀行”は”フレンチ”のお店からのスタートになりました。

玄関1
こちらが、元国道196号線、現在は県道179号線沿いにあるお店です。北条病院を少し今治寄りに行ったところの海岸側にあります。


一見すると普通の民家風なので、目的意識を持って行かないと見過ごしてしまいそうです。ここにこんな”名店”があっただなんて!!”読者”さんの情報がなければ、決して辿りつけていなかったでしょう。


ワタシのブログは”読者”さんあって、成り立っているという証のお店になりました。


この日は、仕事上の新しい相棒と二人でお訪ねしました。実際にお訪ねしたのは昨年11月22日でした。

店内2
こちらが店内の様子です。店名の由来は、店主さんが”新田”さんだからで、ご自宅兼お店というしつらえです。


ここにお店を開かれて、もう9年になると言います。


このお店からもう少し今治寄りに、ワタシが好んで行く中華料理店の”三宝亭”さんがありますから、このお店の前は何度も通っていますが、気が付きませんでした。

メニュー3
お店の名乗りは”洋風食堂”とありましたが、メニューを拝見する限り”フレンチレストラン”ですね。


ランチメニューはコースになっていて、お値段1600円です。”ランチ”としては決してお安い値段ではありませんが、何か困難な壁にぶつかった時とか、その困難な壁を乗り越えた時などに選ぶお店としてなら、お安い値段ではないでしょうか?


この日の前菜は”ホウレンソウのテリーヌ仕立て半熟卵ソース”で、スープは”白菜のポタージュスープ”でした。


後のメインディッシュは3種類から選べるようになっています。

前菜ホウレンソウのテリーヌ仕立て半熟卵ソース4
こちらの画像が、前菜で”ホウレンソウのテリーヌ仕立て半熟卵ソース”です。ホウレンソウのテリーヌなんて初めてでしたが、意外にあっさりした味でした。


テリーヌの奥に見える白い野菜は、蕪(かぶ)でした。蕪の風味が面白かった。その奥に横たわっているのは茄子(なす)です。


また緑色をした葉は、タイなど東南アジアでよく使われる香草で”パクチー”です。ワタシは何時もパクチーが付いていると横に退けて食べませんが、パクチーと気が付かなかったものですから食べました。でも、そう毛嫌いする程でも無いって思いました。

パン5
パンも自家製なのでしょうが、2種類出てきて、お代わり自由です。


パンはご飯代わりですが、フレンチはソースが命とも言います。そのソースをこのパンで拭(ぬぐ)って食べます。一滴たりとも残すのは、シェフさんに失礼ですから。


料理を食べ終えてお勘定をするとき、シェフの新田さんが厨房から笑顔で「ソースをこれだけ綺麗に拭って食べていただき、ありがとうございました。」って挨拶していただきました。

白菜のポタージュスープ6
こちらがスープ料理の”白菜のポタージュスープ”です。ポタージュスープはトロミが特徴ですね。


クルトン代わりにパンを入れて、まったりとした味を楽しみます。白菜はこの季節が旬ですから、そりゃあ美味しいに決まっています。

県内産鶏ムネ肉の網焼きグリルかぶ菜のグリーンソースブルーチーズ風味8
こちらが、3種あるメインディッシュからワタシが選んだ”県内産鶏ムネ肉の網焼きグリルかぶ菜のグリーンソースブルーチーズ風味”です。


口に含むと、濃厚で芳醇な”ブルーチーズ”の香りが一斉に鼻孔を直撃します。ウッと声が漏れそうになりました。


鶏ムネ肉はアッサリした味ですが、直火で炙って焦げ目をつけてあるし、蕪の葉を使ったソースとブルーチーズでアッサリした味に深みを持たせてありました。真っ赤な色をしたパプリカが目も鮮やかに彩りを添えています。

太刀魚
相棒は魚料理の”太刀魚の柚子・レーズンパン粉焼き白ワインクリームソース”を選びましたが、二人共「これは凄い料理ですねーーー、地元の食材を使いこなされていて、う~~ーーーん・・・・」っと唸るばかりでした。


「Hさん、この料理メッチャ香ばしいんですよ!それに不思議に甘い味が隠れていて、”絶品”ですよ、コレ!!」っと、大きく目を見開いた。


この日は、相棒と随分タフな交渉に臨んでいて、二人共心身ともに疲れ果てていました。不動産屋にとって一番嫌な仕事が”立ち退き交渉”です。「それまで住んでいた家を立ち退いて、別の所に移り住んで下さい!」ってお願いする仕事です。


7軒の借家人家族の立ち退き交渉です。借家人さんにとってみれば、藪から棒に○月○日までに立ち退いて下さいって話が舞い込むわけですから、面食らうだけではなく恨みますよね。でもワタシはそれが仕事ですから、交渉をまとめなければなりません。

デザート9
こちらの心も痛みますから、この”紫芋のムース”というデザートに少し救われました。


甘味って、心を和らげる効果があるんでしょうか?


なる程、食べ物って大切なんだな!って実感できた”デザート”でした。

ホットミルクティー10
最後の飲み物はコーヒーか紅茶から選びます。画像は選んだ”ホットミルクティー”です。


立ち退き交渉は、最初は当然に迷惑がられて嫌がられ憎まれます。ところが、交渉を重ねていくうちに、ワタシは実は借家人さんにとって味方なんだと思っていただかなければ成立しません。


7軒の全世帯の同意を得ることが出来た時は、地面に崩れ落ちるのではないか?って思いました。足に力が入らなくてガクガクになりました。


ですから、この日相棒と頂いたフレンチはとりわけ美味しかった。甘かった。”ホットミルクティー”に砂糖は入れませんでしたが、でも例えようもなく甘く感じました。


Mackey”さん、素敵なお店を教えて頂きありがとうございました。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

食事と仕事

じゅんさん、おはようございます。今日から〜2016年の、「 じゅんのつぶやき 」としての〜1ページの開始ですね。う〜ん、フレンチレストランですか。どの料理をとっても、目に鮮やかな彩りと〜シンプルな味わいの中に、シェフさんの拘りが感じられる趣き〜そして、じゅんさんと相棒の方の心を癒される深い思いやり… ハードな仕事の後に、食して 「 良かった。」と、感じられたじゅんさん… 相当、心に染み渡ったんですね。ミルクティーに、全ての辛さを包み込んでもらった訳ですね。そして、読者さんに感謝。

今日から

むらちん様
今日から、2016年の「じゅんのつぶやき」レギュラーブログのスタートです。
読者さんから頂いた情報ですが、本当にありがたいですよね〜!

年明けから、又困難な仕事が待っています。仕事上の新しい相棒と力を合わせて乗り切っていこうと、決意を新たにしたところです。
今年もよろしくお願いします。

No title

このお店が新田さんのお店だったんですね~!
花の森ホテルは新田さんのお蔭で評判でした。
主人の地元なので いつでも行けると思った事と
その頃は私たち夫婦とも仕事が忙しくて・・・機会を逃してしまいました。
何年かして帰省した長男夫婦、孫、5人で訪れた時には
新田さんが辞められた後でした。
今度は松山に居る二男夫婦や母も一緒に訪ねたいと思います。
じゅんさん、ブログアップ、ありがとうございました!(^^)!
明日は午後から007観に行きますよ~~♪
むかしから私たち夫婦は007大好きなんです!!
スカッとして来ます(≧▽≦)
これも・・・じゅんさん効果かな?

そうだったんですか!

猪川様

そうだったんですか!新田さんが「花の森ホテル」のシェフだったとは!

そしてそのことを猪川さんがご存知だった。それをたまたま私が年明けレギュラーブログの第一作として選んでアップした。

う~~ん、何か「ご縁」を感じますね~。ぜひ、北条のお店をお訪ね下さい。ホンモノのお店は違いますよ。スープを一口含んだだけで、ああああホンモノだ!って実感しましたもの。

しかも、映画は007ですか!ウフフ・・・・同じですよ。007は、ジェームズ・ボンド役をショーン・コネリーが演じていた「007 ダイヤモンドは永遠に」までは、全部観ました。私達夫婦も大好きな映画です。

ところが、主役がショーン・コネリーから他の人に変わった途端に、 スティーヴン・スピルバーグ監督の作品に興味が移りました。ショーン・コネリーも「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」に、ちょこっと出演しています。

私達夫婦から映画と旅行を取ったら何にも残らない。そういう人生を送って参りました。妻が退院してくれて、再度二人の共通の世界に戻れそうです。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード