「取材済みの記事です・再訪 408 中華料理 若水飯店」・「愛媛グルメ紀行」 1,049

今週も”取材済み・予定記事作成済み”の記事アップします。今年に入って比較的早い時期に頃取材し、既に予定記事を書いていたものです。ですから概ね、取材時期から半年遅れのアップです。


今日は旧国道11号線、今は県道334号線(県道松山川内線)の道路沿いの平井町にある”中華料理 若水飯店”さんの、四度目のご紹介です。


一番最近ご紹介したのは2014年12月18日でしたから、ほぼ1年ぶりですね。(「再訪 299 中華料理 若水飯店」・「愛媛グルメ紀行」 849


このお店は味も好きなお店ですが、店主さんご夫婦のお人柄も”誠実を絵に描いた”ような方々で好きです。

玄関1
こちらが、お店の様子です。防衛省道路が、脇を高架で通っています。


実はこのお店にこの日来たのには、明確な目的があります。


中華料理というジャンルに限らず、最近凝っているメニューが2つあります。それは”野菜炒め”と”焼き飯”です。”野菜炒め”は、この頃のワタシの体が切実に求めていたものです。

メニュー2
そこでこの日(実際は1月14日)このお店に、”野菜炒め”もしくは”焼き飯”を求めて来たのです。


焼き飯”こそ、どこの”中華料理店”でも出していますが、”野菜炒め”って意外とメニューにない中華料理店が多いんです。


特に”中華料理の名店”と呼ばれるお店ほど”野菜炒め”をメニューに加えていないことに気がついていました。平凡というか庶民的な中華料理店に限ると考えて、このお店を選びました。

カウンター席3
このお店は旧国道11号線、今の県道松山川内線沿いにありますが、お店の真ん前を防衛省高架道路で遮られてしまいましたのと、信号のある交差点内にありますから、車の出入りが難しいんです。


しかもお店の駐車場には4台分のスペースしかありません。お昼時は何時もこ駐車場は埋まっています。


ところがこのお店、間もなく”30周年”を迎えようか?という、地域一の”老舗中華料理店”なので、すっっかり定着したお客さんの層があって、三々五々お客さんが途切れません。

野菜炒め定食4
さてこの日は、ドンピシャでお目当ての”野菜炒め”も”焼き飯”もありましたので、先ずは”野菜炒め定食”を注文しました。お値段内税位で650円と嬉しい価格です。


この画像がそれで、”野菜炒め”以外にご飯とスープとサラダが付いています。”野菜炒め”単品だと590円です。


このお店の推薦メニューは”唐揚げ定食”で、「お急ぎの方は、どうぞ!」って書かれています。

野菜炒め5
こちらがこのお店の”野菜炒め”です。


今の処、ワタシ一番のお気に入りの”野菜炒め”は、樽味1丁目にある”風風亭 樽味本店”のそれです。(「再訪 376 風風亭 樽味本店」・「愛媛グルメ紀行」 1,012


このお店の”野菜炒め”を一口食べて思いました。”風風亭 樽味本店”に最も迫る味だ!っと。


具材は極めて一般的なラインナップで、モヤシ、キャベツ、人参、キクラゲ、長ネギ、そして豚肉です。それがバランスよく入っています。炒め加減もよく、野菜のシャキシャキ感がしっかり出ています。

野菜炒め6
別の言い方をすれば、”野菜が活きている”んです。


風風亭 樽味本店”さんでも言えますし、全く違うジャンルのイタリアンのお店である”フォンターナ”さんでも言えることですが、お料理に使われている”出汁”の旨さです。


このお店の”野菜炒め”でも、野菜炒めに使われている”出汁”の旨味が味の土台になっています。

ご飯小の小の小7
なおご飯は、大、中、小、小の小の3種から選べます。(値段は同じです)


でも”小の小”というご飯が出された時、「”小の小の小”でお願いします!」っと、言って出されたものがコレです。


コレなら気持よく”完食”できる量ですね。野菜が美味しいからご飯まで美味しいんです。

ワカメスープ8
ワカメスープ”は、特にどうこう言うものではありません。


ところで、このお店の店主さんの”トレードマーク”は、頭髪の”モヒカン刈り”でした。


その”モヒカン刈り”のことを、前回の記事では以下のように書いています。なお”モヒカン刈り”がどういう髪型なのか?は自分でお調べください。一目見たら決して忘れることが出来ない髪型、とだけ書いておきましょう。

サラダ9
また”サラダ”も、特筆するほどのものではありません。


前回の記事です。<店主さんの”モヒカン刈り”を、調理に専念されている横の角度から拝見しますと、その”トサカ”の丈(たけ)がやや低くなっている。>


<3年の歳月は、店主さんの熟達を意味すると当時に髪もやや薄くなったか。>っと。

完食10
そして今回の店主さんの頭は、完全な”丸坊主”でした。


店主さんに「アレレレ、”モヒカン刈り”はやめられたのですか?」っとおたずねすると、「ええ、コレだったら自分で出来ますから!」っと笑顔が返ってきました。


店主さんのその”丸坊主”の頭の様に、ワタシも綺麗サッパリ”完食”しました。実に心地いいことです。次は”焼き飯”を食べに来なきゃ!って思いながらお店を後にしました。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード