スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「取材済みの記事です・再訪 413中華料理 チャイナパンダ」・「愛媛グルメ紀行」 1,054

今週も”取材済み・予定記事作成済み”の記事アップします。今年に入って1月終わり頃に取材し、既に予定記事を書いていたものです。ですから概ね、取材時期から半年遅れのアップです。


今日は、古川南3丁目の県道久米垣生線沿いの”コーポ有光”1階にある”中華料理 チャイナパンダ”さんの二度目のご紹介です。


初めてご紹介したのは、3年9ヶ月前の、2012年5月10日でした。(「中華料理 チャイナパンダ」・「愛媛グルメ紀行」 282


この日もこのお店をお訪ねしたのには、明確な目的がありました。つまりこの処続いている”野菜炒め行脚”です。

玄関1
これが、はなみずき通りと通称裏参道を繋ぐ東西に伸びた道沿いにあるお店です。


先だってアップしたばかりの”中華飯店 鳳来”さんの記事でも書きましたが、”野菜炒め”をメニューとしておられる中華料理店って意外に少ないんです。


この当時は、””が正直に”野菜炒め”を求めていた時期でした。(実際に訪問したのは、1月20日)ところがこの頃妻が退院して約1ヶ月近くになっていて、妻が料理をしてくれ始めた頃でした。

メニュー2
ですから”野菜炒め行脚”は、もうそろそろ終わりにしてもいい時期でした。


取り敢えずメニューで”野菜炒め”を目で追いまっしたが・・・・・・載っていませんでした。このお店なら”野菜炒め”がメニューに登っているだろうと確信をもってお訪ねしたのですが・・・・


そこで、注文を取りにこられた若い女性に「ああ~・・・”野菜炒め”はメニューにはないのですね!」って、ため息混じりに話しました。

店内3
するとその若い女性が、「ええメニューにはありませんが、お作りしますよ!”野菜炒め定食”のような感じでお作りしていいですか?」っと。


思わず「え~~~!わざわざ作って頂ける!とってもありがたいです。ぜひお願いします」って注文しました。


このお店、椿神社裏参道にある”赤い大鳥居”の間近にありますが、開業されて15年が近づいているお店で、既に常連のお客さんを掴んでおられます。入れ替わり立ち替わり、お客さんが入れ替わります。

野菜炒め定食4
さてこれが我儘を聞いていただいた、メニューに載せていない”野菜炒め定食”です。


後でお勘定をした時に気がついたのですが、お値段は740円(内税)でした。日替わり定食と同じ値段設定にして頂きました。


これだけの内容で740円って、驚くほどお安い値段設定だと思います。なお、ご飯は通常の半分にして頂いています。

野菜炒め5
野菜炒め”の内容は、キャベツ、モヤシ、キクラゲ、長ネギ、人参、筍等です。


肉類や魚介類は一切入っていません。もちろんこれでいいんです!ワタシは”炒められた野菜”が食べたかっただけですから。


そして”旨い”んですよ、この”野菜炒め”が!出汁が効いているし、野菜がシャキシャキなんです。ご飯が進むわ進むわ!このお店のことは、ワタシがアップしてきた過去記事を探しましたが、来た甲斐がありました。

スープ6
この”スープ”も、コクがあって旨かった。


しかもレンゲでご飯を掬って、このスープにドップリ浸して食べてみました。


ウフフフフ・・・・・これが実に旨いんですよ!

サラダ7
生野菜まで付いていました。量的には僅かですが、お店のお気持ちが嬉しいですね。


店主さんと、後は若い男女の3人体制でやっておられます。


その3人のサービスには、全く過不足ありません。極自然にお客さんに接しておられますが、その過不足感無いというのがお料理にも現れているという感じなんです。

小鉢冷奴8
これは”小鉢”料理で、”中華風冷奴”です。


つまり和食での”冷奴”には醤油が掛かりますが、このお店は”ラー油”が掛かっています。


お料理全体の、鋭いアクセントになっていました。

完食9
メニューに載せていない”野菜炒め”を作って頂いたのですから、米粒一つ、スープの一滴も残す訳にはいけません。


ですから、画像の通り舐めるように”完食”しましたよ。


そして、そして・・・・・・ワタシがこの画像の様に”完食”した様子を、お店の3人はキチンと見ておられたのです。

コーヒー10
完食”した瞬間、グッドタイミングで画像の”コーヒー”が出されました。


初めてこのお店に来た時も”コーヒー”を出して頂いたことを、明確に思い出しました。その時の様子は、前回の記事で以下の通り書いています。


<食べ終わって勘定を払おうとすると、「アッ!ちょっと待って。コーヒー入れるケン!」とお店の女性。「え?コーヒーが付いてるのー?」っとワタシ。>


<「ウン、忙しい時はよう入れんときもあるけど、出来るだけコーヒー飲んでもらってゆっくりしてほしんよー」。「コレなんだ!」>


<いえ、コーヒーではなく、こういうお客さんとお店の交流と言うか”つながり”、これがこのお店がお客さんを引き付けている秘密だと。>その事を、今回も再確認したと言う訳です。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。