「取材済みの記事です・再訪 419 ラ・メール」・「愛媛グルメ紀行」 1,060

今年の5月30日から、”取材済み・予定記事作成済み”の記事アップしてきました。


今日がその”取材済みの記事アップ”の最後です。この記事以降、”取材済みの記事”のストックはもうありません。


もう一つ踏み込んで言えば、ここまで書いてきた”愛媛グルメ紀行”というシリーズ、今回で”1,060号”ですが、その最後になるかも知れません。


要は家庭環境と言うか、妻の”健康”次第です。”通常ブログ”の再開は難しいというのが、今の状況です。でも”ツイッター”は毎日ツイートしていますから、情報発信が途絶えるということではありません。情報発信の舞台が、今までの主要舞台であった”ブログ”から”ツイッター”に移る可能性が大きいという意味です。


と言うことで、今までは”通常ブログ復活ではありません。日常生活報告です”というタイトルでアップしてきましたが、これ以降は単に”日常生活報告です”というタイトルにします。


さて今日は久しぶりに、伊予市双海町串にある”ラ・メール”さんのご紹介です。実際にこのお店をお訪ねしたのは、2月28日のことでした。


妻が8月に倒れて救急車で急性期の病院に入院した後、リハビリ専門病院に転院して、その病院を退院したのは昨年12月27日のことです。


更に今年に入って1月28日に再び激しい痙攣を引き起こして倒れ、二度目の救急車での緊急入院から退院したのが2月6日このとでした。


そして退院して、初めて妻が「双海町にある”ラ・メール”で”ガーリックピザ”を食べたい!」って言ったのです。ワタシは狂喜乱舞しました。


ラ・メール”を初めてご紹介したのは2011年7月22日のことです。二度目のご紹介は、2012年11月21日のことでしたから、今から4年~5年前のことでした。(「ラ・メール」 真っ当な「B級グルメ店」 92)・(「再訪67 ラ・メール」・「愛媛グルメ紀行」 422

双海シーサイド公園砂浜1
この画像は、”ラ・メール”さんに行く途中にある”双海シーサイド公園”の砂浜です。


この”双海シーサイド公園”は、今までに何度もご紹介しています。妻と砂浜に魅入りました。

双海菜の花畑2
そしてこの画像は、やはり”ラ・メール”さんに行く途中ににある”双海菜の花畑”です。妻とのドライブの途中に車を止めて外に出て撮影しました。


実は最近、車を止めて外に出てカメラのシャッターを切るということが、メッキリ減っていました。一人で車を運転すると、外の景色を見ても「フンフン・・・・なる程!」っと思いはしますが、車は走り続けるのが最近の傾向です。


以前はこういう風景を見ると、必ず車を降りて撮影していました。この日は隣に妻が乗っていてくれたからの撮影です。やはり妻が側にいてくれると”若返る”のでしょうか?

下灘駅3
更にこの画像です。この画像は、”渥美清”さん主演の映画”男はつらいよ”シリーズの第19作”寅次郎と殿様”の冒頭シーンのロケに使われたことでも有名ですね。


画像中央に見える”駅のベンチ”で、渥美清さん扮する”車寅次郎”(寅さん)が、駅員の「列車がきますよ」という声に起こされるシーンは、今でも鮮やかに覚えています。


その辺りの”由来”を妻に説明しながらシャッターを切りました。これも妻が横に乗っていたからこそ”下灘駅”にまで足を伸ばしました。

ラ・メール4
さてやっと”ラ・メール”さんに着きました。ここでお店を開かれてから、後3年で30年を迎えるという老舗です。



ラ・メール”という店名は、フランス語で””という意味です。夕日を美しく見ることが出来るという”伊予灘”に面していますから、この界隈で随一のロケーションを誇ります。


愛媛グルメ紀行"シリーズを書き始める前から、もう幾度となくお訪ねいています。”妻との思い出のお店”でもあります。


妻と知り合ったのは妻が15歳の時でしたが、妻が22歳の時に結婚しました。そして結婚前から新婚時代を経て、一体何度妻と訪れたことでしょう。

メニュー5
このお店のメニューの基本は”イタリアン”ですが、それ以外に”うどん”だって出しておられます。


妻は極度の”摂食障害”に陥り、一時体重が30キロ程まで痩せ衰えました。


今は辛うじて40キロ迄回復してくれました。その”食が極度に低い”妻が、半年ぶりに「貴方!私、双海町にある”ラ・メール”さんの、アノ”ガーリックピザ”が食べたくなったんよ!食べに行こ!!」って言ってくれたんです。


ワタシ、”狂喜乱舞”したのは言うまでもありません。

ガーリックピザ6
さてこの画像が、妻が半年ぶりに自ら食べたいと言った”ガーリックピザ”です。


極々シンプルなピザで、具材はガーリックとオニオンだけです。しかもピザの”生地が極めて薄い”んです。アメリカで呼んでいるところの”イタリア型の薄い生地”=”クリスピー"と言っているものでしょう。


私達夫婦はこのお店のこの”ガーリックピザ”の大ファンです。若い頃からずっと注文し続けているメニューです。

ガーリックピザアップ7
妻はこ8ピースに切り分けられたガーリックピザの7枚を、いとも簡単にペロッと平らげました。


「ああああ、懐かしい!!そして、やっぱり美味しいねーーー!!」って感嘆の声を上げながら。


ガーリックピザ”を美味しそうに頬張る妻の様子に、ウットリ見とれました。幸せの頂点でした。

カルディナール8
なおこの画像は、ワタシが注文した”カルディナール”(海老入りクリームソース)というもの。


ハッキリ言って注文ミスでした。旧来の方法で出される”スパゲッティ”では、今のワタシは満足出来ません。


本物の”スパゲッティ”を出される”フォンターナ”さんの味にすっかり馴染んでしまったワタシが注文すべきメニューではありませんでした。


でも取りも直さず夫婦で”青春の思い出”を形成する”ラ・メール”さんに二人で来れただけで大満足でした。本当に幸せな日になりました。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード