「愛媛グルメ紀行」 1,061

今日からは、もう”愛媛グルメ紀行・取材済み記事”はストックがなくなりました。


従って、今まで”「通常ブログ復活ではありません」。「日常生活報告です」”というタイトルでツイッターからの再録加筆修正記事を”ブログ記事”としてアップしてきましたが、今回からは、”愛媛グルメ紀行”という従来のタイトルのシリーズとして再スタートです。


従来の”愛媛グルメ紀行”とは、記事濃度が違いますが、内容的には同じなのでそういう事にしました。


今日は、国道196号線沿いの菊間町にあるうどん屋の”たぬき”さんに行ってきました。


実際に行ったのは5月12日でした。

玄関1
国道196号線沿いにあります。丁度お昼でもあったので、お客さんはソコソコ入っていました。


昨日迄は仕事のプレッシャーで落ち込んでいて、食欲も全くありませんでしたが、昨夜の元同僚との会食で気晴らし出来ました。

メニュー2
だから、うどんを食べにわざわざ菊間町に迄は足をのばす元気が戻ったと言うことです。うどんの味は分かっていません。


たぬき”と言う店名由来は、大将が修行したお店が”たぬき”だったそうです。

天ざるうどん3
天ざるうどん”を注文しますと「ウチは、天ぷら、揚げたてじゃないけどいいの?」でした。


うどん麺に興味があったので「いいですよ」と答えました。

てんぷら4
これが”天ざるうどん”です。


確かに”天ぷら”は揚げたてではなく、”揚げ置き”でした。関東の業界用語では、これを”バク”と言います。

漬け汁5
問題は、この画像の”つけ出汁”でした。


とお〜〜〜〜〜っても辛いのです。水で倍に薄めて、辛うじて飲める。それほど辛い付け出汁でした。ですから、うどんを味わって食べることになりません。


ここまで辛いのは初めてかもしれません。

麺6
うどん””の表面はこうでした。結構色艶がある麺でした。


うどん麺を割り箸で切断しようと思っても、弾力が強いので断ち切れません。麺は手打ちで、いいうどん麺に仕上がっていました。
エッジが立っています。

完食7
このお店に来て嬉しかった事は、あの大好きな”フォンターナ”さんのスパゲティや”ちゃんぽん居酒屋てっちゃん”のつけめんを食べ残す程食欲が落ちていましたが、この日はすっかり”完食出来た”ことです。


元同僚2人が今の私の状態を心配してくれて、夜の会食を提案してもらいましたが、その楽しい会食の効果は偉大でした。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード