「独居老人の夕食」 10

今日もツイッターで連載している”独居老人の夕食”を加筆修正して、ブログ記事とします。


実際にツイートした日は、5月26日でした。

CjYNOjuVEAAzxh4_convert_20160618213016.jpg
今日のお昼に、壬生川の”うどんのお店 タヌキ屋”で、細麺を食べた事に刺激されて、今夜の”独居老人の夕食”は、”サラダ稲庭うどん”を作ってみました。


メインディシュは、昨夜作っ”鶏パリパリ唐揚げ”の変形バージョンです。

CjYOT5JUkAAvTn6_convert_20160625205536.jpg
まず”鶏パリパリ唐揚げ”の変形バージョンと言うのは、昨夜作った唐揚げの上に”素麺を砕いたもの”を溶き卵を付けてまぶし、それをフライパンでパリパリにソテーしました。


結論から告白すれば、”独居老人の夕食”シリーズで初めて失敗しました。

CjYPqRbUkAArO8m_convert_20160625205603.jpg
ちょっと目には分からないかもしれませんが、”素麺を焦がして”しまいました。


ゆで卵”を湯掻いていて湯掻き加減に気をとられ、唐揚げの皮目部分の素麺が焦げてしまいました。


やはりお料理は気を抜いたらダメですね。”特製タルタルソース”で食べました。

CjYQwe2UkAAY_0A_convert_20160618213131.jpg
さて”稲庭うどん”です。


今まで何度も、自分で”稲庭うどん”を湯掻いて、鰹出汁のつけ汁に薬味の茗荷や胡麻や刻みネギや柚子、生姜で食べてきました。


それを今夜は”サラダです稲庭うどん”と題したものを作ってみました。

CjYR0gBUYAAnc9H_convert_20160618213156.jpg
これも結論から言えば、失敗作でした。


鶏の下処理に気をとられていて、秋田県産の本物の”稲庭うどん”を湯掻き過ぎて、柔らかくしてしまいました。


同時に複数の調理をすること自体が間違いでした。しょせん”素人”なのですから。

CjYSxGgUUAEe2UC_convert_20160618213535.jpg
サラダです稲庭うどん”も、”特製のタルタルソース”で食べました。


タルタルソースはよく出来ていたのです。


今夜は昨夜入れたかったけどスーパーで売っていなかった”セロリ”も入れました。いい香りに仕上がっていたのです。でも麺が柔らか過ぎた。

CjYUHxtUYAA2sGo_convert_20160618213611.jpg
ほぼ毎晩”独居老人の夕食”シリーズをツイートしています。


ツイートすることで”献立”を考え、スーパーで”買い物”をし、風呂から出たらその夜の”夕食の調理”をしています。


これが生活の大切なリズムになっています。今日のツイッターはこれで終わります。皆さん、おやすみなさい。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード