「独居老人の夕食」 16

今日もツイッターで連載している”独居老人の夕食”を加筆修正して、ブログ記事とします。


実際にツイートした日は、6月2日でした。

6月2日
今夜も”独居老人の夕食”をツイートする時刻になってきました。


今夜の”メインディシュ”は別に考えていたのですが、仕事で疲れていましたので”副菜”に!と思っていたものを”メインディッシュ”にしました。


そこで今夜の”メインディシュ”は、比較的手間暇がかからずに作れる”肉詰めパプリカ”です。

Cj8Lr1yUYAAZm_N_convert_20160627154457.jpg
ピーマンのお化けみたいな、赤と黄色の”パプリカ”に、味付けした”合挽き肉”を詰めて、フライパンで蒸し焼きにしたものです。


でも、素人の私には相変わらず”火加減”が難しい。


チョット肉を焦がしてしまいました。付け合わせの野菜は”ベイリーフ”です。

Cj8M8FOVEAEd6zE_convert_20160627154519.jpg
この”肉詰めパプリカ”は、特製のタレで頂きます。


特製のタレ”には、トマトケチャップとウスターソースと蜂蜜を入れて作りました。

Cj8M8FQUgAA7RXW_convert_20160627154539.jpg
肉詰め”は、合挽き肉にタマネギみじん切りとパン粉に牛乳を混ぜたものをよく揉み込みました。


我ながら・・・・美味しかったです。

Cj8Nv43UgAEaF74_convert_20160627154602.jpg
副菜の予定が”メインディシュ”になってしまいましたから、”副菜”は昨夜作った”ジャガイモと明太子のバター炒め”が残っていたので、連続して今夜も使いました。


食材と調理済み料理の在庫整理でもあります。


なお私は、とことん”明太子好き”です。

Cj8O3XpUoAEAnS2_convert_20160627154624.jpg
御飯はたった1合を炊飯器で炊きました。それに私の好物の”三陸産和布蕪”を混ぜ入れました。


炊事に概ね1時間かかります。疲れた体には応えますが、妻が我が家に帰って来れば、毎晩”妻に私の手作り夕食を食べてもらいたい”のです。


ですから、今はひたすら”訓練”です。

6月2日最後
最後の画像は”果物”です。


ブドウ”のように見えているのは、食べてみて初めて分かったのですが、”ブドウもどき”のようでした。


今日のツイートは、これで終わります。皆さん、おやすみなさい。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ご自分で作り大変ですよね。
火加減が・・…なかなか慣れないと・・・そこはやはり経験ですね。

パプリカの肉詰め、ソースも自家製で。いいですね。
色んな所で食べ歩いているにで味は再現できるような気がしますけど^ - ^。
レパートリーも豊富に実際に作るとなかなかですよね。
真面目にやっている主婦業の方には最高の賃金を当てるべきですと私は思いますね。
ご自分の味を作り出し美味しい食卓にしていってくださいね。頑張ってくださいね。

主婦というものは

コンチャ様

夕食を作り始めて、約2ヶ月くらいでしょうか。いや~~、主婦の値打ちが嫌というほど実感出来ました。

妻は黙って40年余り、朝と夕食を作り続けてくれていました。その有難さに、実が縮む思いです。

これからは、私が一生かけて妻に恩返しする番です。料理は難しいけど楽しい!

楽しみながら料理しますよ!
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード