スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「愛媛グルメ紀行」 1,075

今日も単なる”日常生活報告”です。ツイッターからの再録加筆修正です。


今日のお昼は、北土居町と言うより椿神社表参道沿いにある”とんこつ魚介 オサカナトンチャン”に来ています。(実際来たのは6月15日です)

6月15日
このお店には、私が最近盛んに食べている”冷たい中華、冷麺”と言うメニューがない事は知っていました。


ですから”冷麺”を求めて来たのではなく、来る前から以前一度食べた”まぜそば”をもう一度食べたいと思って来ました。

Ck9pdezVEAA8sDU_convert_20160703161337.jpg
このお店の”まぜそば”は、”太麺の縮れ麺”ですし、おまけに以前の私だったら絶対選ばなかった”魚粉”まみれの”まぜそば”なんです。


しかも、まぜそばの”タレが辛め”ときているんです。


そう言う”まぜそば”が食べたくなったのですから、味覚って本当に不思議です。

Ck9qidLWgAAuGAl_convert_20160703161406.jpg
以前は、癖のある”トンコツラーメン”のお店でした。


ところが、”トンコツスープ”だけではなく”魚介系のスープ”を用意され、メニューの幅も広げられ店名も変えられたんです。


このお店は”自家製麺”です。””は確かに旨いです。”まぜそば小”を注文しました。


タレは麺の下に入っていて、表面からは見えません。

Ck9roVNWYAAtiOI_convert_20160703161430.jpg
まぜそば”にもっと近寄って見てみましょう。


具材は、先ず”チャーシュー”は”豚と鶏のダブルチャーシュー”です。


それに太めの”メンマ”、溢れる”魚粉”、刻み葱、煮たまご、海苔、後はナルトとキクラゲです。

Ck9sWzSWkAANRzl_convert_20160703161453.jpg
さて”まぜそば”ですから、当然に混ぜに混ぜました。


麺は”魚粉”まみれで、”タレ”も満遍なく絡まりました。


その画像がこちらです。

Ck9tFvGXAAADJSZ_convert_20160703161514.jpg
そして食べて見た。”ウーーーー!超個性的”で、味も超濃い。


この”まぜそば”は、このお店お店に来なきゃ食べられないでしょう。いや、私が他の似た傾向のお店を知らないだけでしょう。


でも、これが不思議に旨いんです。冷やされた水を飲みながら、啜った。”どーー〜です?!この麺!!

6月15日最後
夢中でカッコんだから、16分で”完食”しました。


最後に飲み干した水が旨かった。


でももちろん”まぜそば”が主役でその役割は立派に果たしましたた。”アッパレ!!!




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。