「愛媛グルメ紀行」 1,077

今日のお昼は、今日も単なる”日常生活報告”です。ツイッターからの再録加筆修正です。


今日のお昼は、国道56号線沿いの藤原町にある”麺屋 夢創”さんに行きました。(実際に行ったのは6月19日です)。

6月19日
実は、最近3回連続でフラれていたのです。本日臨時休業とか、普通は午前中11時からの営業ですとか、本日は12時からなどと言う貼り紙がしてあったりしてて。


3回連続でフラれたらそれ以上のアタックはしませんが、このお店の季節メニューの美味しさを知っているので4度目の挑戦となったのです。2年前にも来ています。


4回もの挑戦をしたのは、このお店でこの季節にどうしても”食べたかったメニュー”があったからです。

ClSSUgGVAAQjF9J_convert_20160703171833.jpg
画像が”夏季節限定メニュー”の4種です。私は来る前から”冷麺”を注文することに決めていました。


お店に入ったのは正午前でしたから、客は私だけでしたが、お昼を回るとお客さんで徐々に埋まって来ました。


このお店の店主さんは、”新メニュー開発”に熱心です。例えば、2年前に食べた”冷麺”と今回の”冷麺”は、同じではありませんでした。

ClSUvOQUYAESAvd_convert_20160703171855.jpg
この画像がこの日注文した”冷麺”です。2年前の冷麺とは顔付きが変わっていました。


2年前の冷麺は”グリーン一色”でした。ところが今回の冷麺はご覧のように、具材は”超シンプル”。


太目のモヤシ”(ただし、モヤシは普通の細いモヤシも使っておられました)に、削ぎ切りしたかのような”青々のネギ”と”チャーシュー”だけです。

ClSV7eWVYAAhSLB_convert_20160703171917.jpg
2年前の”冷麺具材”は、”水菜とレモン”が主役でしたが、今回は主役と言うより、”3種の主役”が応分の役割を担っていると言う感じです。


デモこのお店の”冷麺の真の主役”は、間違いなく””です。松山でこのお店の麺と同じ感じの麺は、私は経験ありません。

ClSY_NKUYAA9-GC_convert_20160703171937.jpg
さて問題は””ですよ〜!


一言で言うと短距離走の超一流選手だけしか持ち得ない、切れ味に凄味ある”筋肉質の麺”でした。


このお店の麺に似た麺を松山で探すのは無理だと、麺を口にした瞬間に思いました。


麺の弾力に、”筋肉”が潜んでいるのです。でも硬いと言うのではない。

6月19日最後
冷麺の”タレ”は器の底に潜んでいます。


酢加減も絶妙”です。決して酸っぱ過ぎません。2年前はレモンが輝いていましましたが。


力強い麺をしっかり噛みしめ味わって食べました。ですから、当然に”完食”です。4回トライした価値がありました。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード