「愛媛グルメ紀行」 1,080

今日のお昼は妻を見舞った後、椿神社参道沿いにある”手打ちそば 無着庵”さんに、春・夏限定メニューの「駿河湾産 桜えびおろし」を食べに行きいきました。


夏期限定メニューの”すだちそば”は既に食べています。

8月1日
この2つの季節限定メニューを食べないと、私は夏が越せないと言う感じです。


私が一番多く行くお店でもあります。

Cov3DrGUEAAVmxI_convert_20160819130931.jpg
駿河湾産 桜えびおろし”の内容は、この画像を一目見ればたちどころに分かるでしょう。


私は何時書くことですが、食べたいメニューを決めてお店に行きますので、全く迷うという事がありません。


この夏にこのお店に食べるメニューで残っているメニューは”辛味大根そば”ですね。


さてこの画像が”桜えびおろし”です。ど〜ですか!

CowAjaVVMAAH2Hi_convert_20160819130954.jpg
この”桜えびおろし”は、駿河湾だけで獲れる”天然桜えび”をカラッと天ぷらにしたものが、豪勢にそばの上に散らしてあって、その中央には”辛味大根おろし”が乗せてあるんです。


辛味大根”が本気で辛い!その辛さがこのそばの味を引き締めます。


桜えびおろし”には蕎麦汁を豪快にぶっ掛け、全体を混ぜに混ぜて食べます。


桜えび天ぷらの香ばしさと辛味大根の本気の辛さ、そして薬味の刻みネギとパリッとした海苔の味が渾然一体となって、夏を乗り切るエネルギーに代わります。

CowDp6cUIAALOIW_convert_20160819131020.jpg
余りに旨いんで、蕎麦汁の最後の一滴まで舐めるように食べてしまいました。


食べ終えて、ハッと気が付きました。「アレレレ〜!、この蕎麦には”蕎麦湯”が後で出されるはず!失敗しちゃった!」って思いました。


旨さの罪です。

8月1日最後
フロアー係の女性が、案の定、”蕎麦湯”を湯桶に入れて持ってきました。


その女性が、呆れた顔で・・「あの〜蕎麦湯ですが・・どう飲みますか?蕎麦湯だけで飲みますか?」っと。


意地で微かに皿の底に残っていた蕎麦汁を蕎麦湯に垂らして飲みました。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード