「老人主夫の夕食」 71

今日もツイッターで連載している”老人主夫の夕食”を加筆修正して、ブログ記事とします。


実際にツイートした日は、8月7日でした。

8月7日
さて今夜も”老人主夫の夕食”をツイートします。


妻が一泊2日で病院から”外泊許可”を貰い、昨日久しぶりに我が家に帰って来ました。


その妻を今日の午後4時に病院に連れ戻した後、膨れに膨らんでいた”ゴム風船”に、針より”小さな穴”が開いた様になっていました。

CpQLw6yVIAEvfq__convert_20160820160320.jpg
膨らんだ”ゴム風船”に針を刺すと、パンっと弾けて裂けます。


そうではなくて、針で突くよりずっと”小さな穴”が開いた風船は少しづつ空気が抜けて、ハッと気が付いたら、シワシワに萎んでいた。


今の私の心がそうです。夕食を調理する気力が萎えました。

CpQNIWmUAAA-Olm_convert_20160820160341.jpg
ですから息子にそう言いました。


すると息子は、「スーパーでオカズ買って来たらいいよ!」っと言ってくれました。


今夜は息子の言葉に甘えて調理を休み、スーパーで買ってきた刺身と鶏チーズマヨをオカズにご飯を食べました。

CpQOKwhUEAAC3Ke_convert_20160820160400.jpg
考えてみたら、今年に入ってからでも5ヶ月近い妻の入院生活で、妻の退院を渇望していました。


更に妻が退院したら、毎晩”私の手料理”を食べて貰いたいと思い、調理経験の全くない私が3ヶ月程調理のトレーニングをしました。


ですから、我が家に取り敢えず帰ってくれた昨夜、妻に手料理を!っと張り切っていました。

CpQPLsLUAAA_RVK_convert_20160820160418.jpg
昨夜は、その目的を首尾よく達成しました。


妻が病院に戻った後で、「アア〜!今夜は妻が居ないんだ!」と思った瞬間に風船が萎みました。


心が萎えました。食べて欲しい”主人公”がいない料理を調理する程、私の心は強くありません。

8月7日最後
妻の居ない我が家は空っぽの家です。つくづく実感しました。


10日には退院して我が家に帰ります。そのたったの3日間の心の空虚さ・・・・何て言ったらいいのか?


これで今日のツイートを終わります。皆さん猛暑の時節柄、ご自愛ください。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード