「愛媛グルメ紀行」 1,091

今日のお昼は友と”ヤツゲ亭”に行きました。私の一番好きな和食屋です。(実際に行ったのは、8月25日)


なお””と言う言葉は、このツイッターでも再三出て来ます。


要は、年齢や性別などを超越した生涯の””です。友の存在が無ければ、この難局を乗り切れていないでしょう。

8月25日
私は友達が少ない方ではありませんが、今日お昼を一緒した””程、心を許せる存在はいません。


今般の妻の入退院に際しても、家族に勝るとも劣らない存在で、私にとって最大の難局を乗り切る為に大きな力になって頂きました。

CqxJVtjWgAEXhi7_convert_20160901151514.jpg
そこで、このところ妻との生活に没頭している私に「タマには気晴らし、心の緊張を晴らさなきゃ、奥さんの介護、続かんよ!」っと言われて、ここ”ヤツゲ亭”に来たと言う訳です。


まだお昼ですが、私を励ましたいというので、ありがたくお受けして二人で乾杯しました。

CqxKlbvXgAAY8wO_convert_20160901151539.jpg
突き出しには”冬瓜”(とうがん)が、冷やされた葛粉でトロミがついた出汁に浸されて出されました。


冬瓜”は瓜(ウリ)の仲間ですが、夏に相応しく冷やされて登場しました。


サッパリしていて、出汁の旨味と一緒に味わいました。

CqxMB8QWcAA4799_convert_20160901151600.jpg
お造り(刺身)は、”サンマ”の刺身です。出始めのサンマで、この季節はまだ高級食材です。


この光沢を見て下さい。私は、白身魚より青魚が好きですが、今月初め迄は冷凍物しか出まわっていませんでした。””を頂く贅沢さを味わいました。

CqxN3_EWEAARKbU_convert_20160901151619.jpg
次に出されたのは、”サンマの塩焼き”です。


うねるサンマの姿、残酷な様ですが、サンマを味わい尽くす為の料理です。


スダチと大根おろしと醤油で頂きます。スーパーではまだ冷凍モノお出回っている時期にこの贅沢は、嬉しいですね〜!

CqxPZwWWgAAoeAR_convert_20160901151643.jpg
この画像は、友が注文した”太刀魚の塩焼き”です。


太刀魚は、卵を抱えていました。””が妻の入院に際して長期間帰ってくれていた時に、ここ”ヤツゲ亭”に連れて来た時にも注文したメニューです。


友とシェアして食べました。

8月25日最後
さて、最後の料理は”鰹の刺身”です。


私は元々生魚の刺身が苦手でしたが、友と知り合って生魚の旨さを教えて頂き、今ではすっかり刺身のファンになりました。””との真の友情は続くと思います。


鰹の刺身”の旨かったと言ったら、言葉を失いました。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

じゅんさん、お久しぶりです!

奥さまは私が思っていた以上に
重篤な日々を過ごしてこられ
その日々を支えられたじゅんさんの
愛情の深さには
胸が熱くなりました!

職場結婚の私たちは
夫婦であり同志!
主人が三歳上ですが
お互い甘えたり甘えられたりの関係です!
腹が立つこともありますが
一日一日を感謝して過ごしていきます。

じゅんさんもお身体、大切にされてください。


コメント返信遅れました

猪川様
随分前にコメント頂いていたのに、返信コメントが今日になってしまったことお詫びします。実はこのブログのパスワードを忘れてしまって、管理者画面に入ることができなくなっていました。やっとパスワードが確認でき、返信することが出来るようになりました。
妻は昨年8月から今年の8月までの間で、約11ヶ月入退院を繰り返しました。後遺症で介護認定を受けています。
私と家族、そして介護福祉制度を利用しながら一生妻に寄り添って行くつもりです。
それぞれの夫婦には、お互い様々なドラマがあります。お互いに得られた縁を大切にしましょう。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード