スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「愛媛グルメ紀行」 1,094

今日のお昼は(実際は8月30日でした)、仕事の相棒と此花町にある”そばすし 和食ところ 一りん”さんに行きました。


このお店を選んだ理由は友から、美味しい”バッテラ”が頂けると言う情報を貰ったからです。事前調査という訳です。


友は、妻が”鯖寿司”を好きな事をよく知っています。

8月30日
なお”バッテラ”と”鯖寿司”は鯖をネタにした”押し寿司”と言う意味では同じです。


厳密に言えば作り方がやや違いますが、その辺りにこだわりはありません。


このお店は業歴30年と言う老舗でお父さんが寿司職人、息子さんが蕎麦職人さんで、寿司と蕎麦の両方が売り物と言うお店です。

CrFCxQxWAAAk2ke_convert_20160906153334.jpg
メニューには”バッテラ”が、ちゃんと載っていました。一皿350円です。


妻と外食するお店のリストに入れたいと思い、”バッテラ”を試食する為に来たのです。


ですが、今の季節いい鯖が仕入れられないと言うことで、9月中旬以降でないと食べられないと言われました。やはり鯖も季節のものですね。

CrFDzEnW8AArnMN_convert_20160906153359.jpg
そこで止む無く”冷たいおろしそば”を注文しました。


このお店は元々”亀寿司”という寿司屋で、お店の名物ネタは”穴子ちらし”です。もちろん既に食べましたが、それはもう声を失うほど旨かった!ですね~!


そして息子さんは寿司職人にはならず、”蕎麦職人”の道を選ばれました。まだお若いのですが、既に一流の蕎麦を打たれます。

CrFHsgXXEAA8iwU_convert_20160906153421.jpg
つまり、”寿司”も”蕎麦”も一級品という、市内でも大変珍しいお店になりました。


ですから、昔からのお父さんのファンというお客さんと、新たに息子さんのファンになったという二通りのお客さんが来られますので、昼時は満席に近い。


客層が広いという特徴のあるお店です。

CrFEzBTWcAAOv0X_convert_20160906153443.jpg
なお上の画像は、今夜妻に食べてもらいたいと、持ち帰りの”だし汁巻き玉子焼き”を注文したものです。


このお店の”だし汁巻き玉子焼き”は、これはこれでとっても旨いんです。妻が喜ぶ顔が思い浮かびます。

CrFFzh0WAAEVnWn_convert_20160906153511.jpg
蕎麦を完食してお店を出て、目の前の県道に向かい側迄歩いていると、県道を隔てたクリーニング店から、「おっ!!!」っと声が漏れそうになる位美人の若い女性がクリーニング店から出てこられ、私を見ていきなり「じゅんさんですか?」っと。


私には、こんな若い美人の知り合いはいないはずです。すっかり???????でした。


私、どもりながら「ワ・・わ・・・私が”じゅん”だと、なぜ分かったの?」っと、その美人さんにかすれた声でお聞きしました。


「信号待ちしていた時、”一りん”さんの玄関を写真撮っていたでしょう〜!だから”じゅん”さんでは?と。私”じゅんのつぶやき”毎日見てますから!」と。


相棒が「この人、有名なんですか?」と驚いた顔して美人さんに尋ねましたところ、「ええ〜〜私の友人も見ていますよ」っと。

8月30日最後
相棒が車に乗りながら「Hさん、大したものですね〜〜”有名人”なんですね〜」っと目を剥いた。


そう言えば、飲食店で写真を撮っている時、時折声を掛けられることが増えています。やはり、継続は力ですね〜!


いずれにせよ試食なしで、妻と外食するお店に”リストイン決定”です。もっとドンドン候補を増やさなきゃ!







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。