「愛媛グルメ紀行」 1,102

さて、今日の日曜日は”夫婦でドライブ”して、お昼は”外食”と言う習慣通りに午前10時頃家を出ました。


この日は”そば吉”さんに行く予定で、”そば吉”さんの数多いお店の中でも伊予市の国道56号線沿いにある”合掌造り”のお店を目指してドライブしました。


ところがそのお店は現在無くなっていたので、急遽56号線を引き返し北条方面の196号線に向かいました。

9月11日
なおお約束通りに、セブンイレブンで買った”ソフトクリーム”を二人で舐めながら、56号線→196号線とドライブしました。


私達夫婦は”ソフトクリーム”には目がないので、季節に関係なく食べます。

CsCsaHnUkAIJL-z_convert_20160915154555.jpg
この日選んだお店は蕎麦屋で、それも特に”そば吉”さんを選んだのには理由があります。


この”そば吉”さんは、松山の蕎麦屋としては一番の老舗でしょう。


このお店を選んだ理由は、味ではなく、懐かしい思い出のお店だからです。私達が出会った(妻高1、私高3)時によく行ったお店です。

CsCuLVGUIAA4kEf_convert_20160915154613.jpg
妻15歳私18歳の頃の事です。


その当時二人がよく行ったのが”ことり”と言う鍋焼きうどん屋、”和”と言うお好み焼き屋、”あたりや”と言うかき氷屋、そしてこの”そば吉”でした。


そしてこのお店で妻決まって注文したのが”田舎そば”でした。

CsCvCccVIAEtK0X_convert_20160915154632.jpg
あの頃は蕎麦屋と言えば”そば吉”さんしか無かったのです。


でも数多いメニューの中で、妻は”田舎そば”しか注文しませんでした。その点は明確に覚えているのです。


ところが、その当時私が何を注文していたのか?全く覚えていないのです。

CsCvpAmUEAA_qgB_convert_20160915154651.jpg
そこで止む無く、無難なところで”鴨なんそば”を注文しました。


それがこの画像です。

9月11日最後
妻は”田舎そば”を完食しました。「懐かしい!」と言いながら。


一方私は完食出来ませんでした。最近昼時には食欲が出ない事と、蕎麦に関する味覚が変わって来たからか?


帰り道夕食の買い物をして今自宅に着きました。約3時間半のミニ旅でした。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード