「ドライブ外食デート」(蕎麦を求めて)

今日は木曜日ですが、今月は木曜日が3回デイケアに行けません。


そこで妻と「ドライブ外食デート💗」しました。(実際に行ったのは昨日、3月9日のことでした)

カフェラテC6dJimHU8AAJ58W_convert_20170309205328
行った先は、「しまなみ海道」の今治側のスタート地点が見渡せる「糸山公園」です。


妻に「来島海峡」と「しまなみ海道」を見せてやりたかったのです。


もちろん何時も通り、セブンイレブンの「カフェオレ」を飲みながらのスタートです。


なおこの日はとっても寒かったので、流石に「氷菓」を舐めながら・・・っと言う訳にはいきませんでした。

来島海峡大橋C6dPVxMVUAEiPOR_convert_20170309205357
この画像が「しまなみ海道」の橋と「来島海峡」です。


私はブログを書いてきましたが、ここ「来島海峡」近辺で日本の中世期に於いて活躍した「村上水軍」の歴史を何度も採り上げていますので、ここには何度も取材に訪れています。


そう言う歴史的意義がある「来島海峡」を妻に、どうしても見せたかったのです。画像は「来島海峡大橋」です。

今治造船C6dQlwTU8AIQa_R_convert_20170309205420
この画像は、世界有数の造船所である「今治造船」の本社工場です。


愛媛県は「造船」に於いても、「タオル製造」に於いても日本一ですが、どちらも今治市の産業です。


愛媛県南部の「海面養殖」も日本一ですから、愛媛県は第一次産業から第三次産業までバランスよく、配された県です。

手打ちそば まろC6dTTQZU8AE2ero_convert_20170309205445
しまなみ海道」と「来島海峡」を見た後は松山市内に帰って、外食先に行きました。


行った先は、大街道の三越前にある久保豊ビル1階にテナントとして入っています「手打蕎麦 まろ」さんです。


この地で開業して既に12年を超えたお店ですから知っている方は多いでしょう。このお店は日曜日が休みなのです。


妻と「ドライブ外食デート💗」を続けていますが、多くは日曜日です。でも日曜日が定休日と言うお店もあるので、平日にデイケアがない時は、そう言うリストアップ先を選びます。


このお店は、東京浅草の「蕎麦上人」の「蕎麦教室」の卒業生ですので、腕は確かです。

とろろそばC6dbayHVUAACAaG_convert_20170309205506
画像は、妻が注文した「とろろ蕎麦」です。


妻は「とろろ蕎麦は食べ難いけど美味しい!」と言って、ペロッと平らげました。

鴨せいろC6dcwoTU4AAC0-T_convert_20170309205613
こちらの画像は、私が注文した「鴨せいろ」です。


蕎麦の色にご注目ですが、一般的に多い「田舎蕎麦」と比べてやや白っぽいですね。これは蕎麦の身の芯のところだけを挽いている「更科蕎麦」の系譜だからです。


非常に上品な香りに包まれたこの「更科蕎麦」を妻に食べさせたかったのです。

更科蕎麦C6dd9XLVMAA_awQ_convert_20170309205700
田舎蕎麦」は、蕎麦の実の皮まで挽き込んでありますので、野性味があって蕎麦の香りが高い。


一方この「更科蕎麦」は、まるで貴婦人の香りと食感です。でも「鴨の抱き身」の脂分が、野性味を補って余りあるのです。


ともかく、上品で野趣高く、バランスがとってもいいので、あっと言う間に完食しました。

完食C6dezE4U0AAaHDp_convert_20170309205759
妻も私も、「本格的手打ち蕎麦大好き人間」ですから、夫婦揃って「完食」です。


三日後の日曜日にも「ドライブ外食デート💗」しますが、その三日後がもう待ち遠しいと言うのが本音です。


今日の「ドライブ外食デート💗」も大成功でした。












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード