スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ明日から

いよいよ明日から、私に取り付いた「」との対峙が始まります。


先ず明日の月曜日15日は、愛媛大学医学部附属病院の耳鼻咽喉科の主治医の先生から、先日「胃カメラ」を飲んで「消化器系統」を撮影した結果の診断を受けます。


実は既に主治医の先生から電話で「胃カメラ」検査の結果、咽頭にも食道にも胃にも、更には十二指腸にも「」はなかったということを聞いています。

IMG_5703_convert_20170514123304.jpg
そこで、火曜日16日は一日だけ入院して、「喉の癌」細胞をミニ手術で取り出し、「細胞検査」をすることになりました。


この「細胞検査」をすることで、私の「原発癌」(転移した喉の癌の元になった癌のこと)が、「」にあるか?無いか?が分かると言うことのようです。


ペットCT」撮影検査で、既に大腸などには「原発癌」は無いことが分かっています。


原発癌」があるとすれば、咽頭から十二指腸までの「消化器系統」か「」だと言われました。

IMG_5713_convert_20170514123351.jpg
ところが、「胃カメラ」検査で「消化器系統」には「」は無いことが既に分かっており、後は「」にあるかどうか?だけだそうです。


今回の「細胞検査」で、「」にも「」が無かったとしたら、「原発癌不詳」ということになるそうで、稀にある事例だそうです。


原発癌不詳」という結果になれば、愛媛大学医学部附属病院の耳鼻咽喉科の主治医の先生に、「セカンドオピニオン」を求めたいという意思を伝えたいと考えています。

IMG_5717_convert_20170514123418.jpg
セカンドオピニオン」でも「原発癌不詳」という結果が出れば、「喉の癌」の「抗癌治療」が始まります。


今頃の「抗癌治療」は、入院しなくても外来で治療できるそうです。


何れにせよ、今では「癌は容易には死なない病気」ということが常識になっているようですが、楽観は決して出来ません。私は障害を抱えた「」を残しては、決して死ねないのです。


心して粘り強く「癌に対峙」し、再び妻と「ドライブ外食デート💗」が出来るよう、頑張る所存です。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

以前から じゅんさんのブログのファンです。じゅんさんのご回復を 野村からお祈りしています!
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。