入院しました

今日6月7日の正午ごろ、「愛媛大学医学部附属病院」の第一内科の病棟にやっと「入院」することが出来ました。


既にブログでも書きましたように、私は「癌宣告」を受け、「余命半年」のステージⅣということだそうです。


正式な病名は「転移性扁平上皮癌」で、厄介なことに、どこから転移したのか?元になった癌「原発癌」が見つからない、「原発癌不詳」ということだそうです。


ですから表面に見えている、右喉で瘤ができたように腫れている「転移性扁平上皮癌」を放射線治療などでやっつけても意味がない、直ぐに同じような転移性癌が次から次に出来るのだそうです。


そこで「原発癌不詳」という症状を持っている患者さんの治療実績がある第一内科の先生が、「私が引き受けましょう」と言っていただき、耳鼻咽喉科から第一内科に変わって「抗がん剤治療」を受けることになりました。


私はこの先生の独自な持論に基づく「抗がん剤治療」に賭けてみようと考えています。


そう簡単に死にはしません。しぶとくしぶとく「抗がん剤治治療」に挑み続け、必ず生存年数を延ばしてやろう!って気力は充実しております。


多くの読者の皆様方にご心配をおかけしておりますが、「じゅんのつぶやき」をしつこく継続してきましたように、私自身の「命の継続」にもしぶとさを発揮いたしますこと、ここにお知らせいたします。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私も妻より1日長く

じゅんさんへ
私の妻も20年前に子宮がんで子供の出来ない体に、なので1人で生きていけないので、1日でいいから長生きしてが口癖です。幸い憎まれっ子世に…で私は頑丈ですが。是非、奥様より長生きを!
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード