スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「土居家の家」・「やっぱり田舎がいい」②

今日と明日は、西予市の「土居家の家」をご紹介します。

昔、土佐と伊予を結ぶ街道の宿場町であった「惣川」(そうがわ=大相撲の元幕内力士「玉春日」、現在の「片男波親方」の出身地です)に残る庄屋屋敷「土居家の家」をご紹介します。
土居家の家2縮小今から、約180年近く前の”江戸後期”の建物です。

この堂々とした茅葺木造の母屋は、四国では最大級の歴史と規模だそうです。

今も人が住んでおられ、現在は13代目に当るそうです。土居家の家9縮小こちらは、「土居家茶室」です。

この「土居家」は、現在予約をすれば宿泊もできるようになっており、江戸時代から代々続く、山村の豪農の暮らしを、皮膚感覚で味わい、追体験することができます。コスモスと藁屋根5縮小庭先で咲き誇るコスモス、「土居家」を取り巻く樹齢数百年の木々。

いやー、心が吸い込まれそうに感じます。

コレ、都会では味わえない空気ですよ。

「ヤッパリ、田舎は偉い

明日は、この「土居家」で、思いもかけなかった”出会い”があったことと、その”衝撃の結末”をお話します。


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

古民家

こんばんは。

堂々たる風格の古民家ですね。
今も人が住んでいることが何より凄い♪

茅葺屋根をバックのコスモスの画、素晴らしい構図です。
ポチ☆・・こちらでは拍手ですね♪

2年ほど前に美川の山中家住宅を見学しました。
こちらは素朴な山村住宅でしたが魅了されました。

http://blogs.yahoo.co.jp/mituki_ehime/1347032.html

こんばんは☆

土居家の家、良いですねぇ~(^_^;)
西予市の方へ行く事が有ったら、是非訪ねてみたいですね。
こう言うのって好きなんですよ、昔の道具等も有るのかしら?
家の中の見学も、予約しないとダメかしら(^_^;)

おはようございます

いよ美月様
この画像は先月帰郷したときの画像です。前々から行ってみたいと思いながら、同じ町内で灯台下暗し。
拝見すると、人が英々と暮らしてきて、現に今も暮らしていると言う”息吹”を感じました。
決して観光地という風ではないので、江戸・明治・大正・昭和・平成と、5つの時代を、この地でひっそりと生き抜いてきたという風格が、ありのままで残っています。
美川の山中家住宅も拝見したいと思っています。

予約は

ベル様
おはようございます。この「土居家の家」は南予地域の風土と、江戸や明治から匂ってくる、地域のまとめ役としての「庄屋」の風格がうまくマッチしているように思えました。ぜひ、南予にお越しの節はお立ち寄り下さい。そして、ベル様の感性でこの空気を切り取って見せていただければ嬉しいです。期待してお待ちしています。
家の中の家具などを見るのは、家人に断りさえ言えば大丈夫だと思います。宿泊は、用意する食材などの関係で必要でしょう。「家」は、中に住んでいる方が居てこそ、存在感が溢れうるのだと思います。単なる美術館ではない、のだと。
ところで、この「土居家」で思わぬ「出会い」がありました。その様子は今日の「猫の告白」でアップしておきました。実は、ベルさんの「鳥達の楽しい会話」にヒントを得てアップしたのもです。ところが、画像の中で会話文を挿入表示するテクを知りません。そのまま、”台本のセリフ”の様になってしまいました。猫との”つたない会話”を感じていただければ幸いです。(笑)
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。