スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「国交省」との結末報告

国道に賃借人の看板の一部がはみ出していたことで、その賃貸借契約の仲介業者として、国交省と空中占有料問題の折衝を行いました。

占有料の決め方占有料単価の是非占有料告知の有無、もちろん占有料を国が民間から取ることが出来るという法的根拠などの折衝でした。

折衝の様子は、9月21日~10月4日までの9回と、11月1日~11月12日の9回の、合計18回のシリーズで書きました。

今日はその結末を報告しておきます。

結論から言えば、ワタシが主張したことを、国交省が理解してもらったようで、細かい所に気持ちの行き届いた行政判断をしていただきました。

ワタシの主張は、地元で事業を興し、地域経済の振興と雇用の確保に頑張ろうとする小零細企業の心意気と気概を、国が”規則ですから”の一言で処理することは許されることではない、ということ。

また、ルールはルールとして必要だけれど、ルールを作る側は、そのルールを実行することによって、現場の企業や個人や地域の生活者にどういう影響があるかを見極め、場合によっては修正、改正をする配慮と勇気が必要だということです。

一昨日、国交省から、最終判断を伝えてきました。

判断の詳細は省くとして、言葉が古くて恐縮ですが、国交省の出先機関役人さんは、”大岡越前守の裁き”をしたということでしょう。

(「大岡の裁き」とは、江戸・享保時代に、町奉行として活躍した”大岡越前守忠相(おおおか・えちぜんのかみ・ただすけ)”の、江戸庶民の生活の隅々までに配慮が行き届いた裁きのこと。後に講談や歌舞伎の演目として採り上げられ、「大岡政談」として今日に伝わっています)

先ずは、通じないと思われた行政の扉の一部が開いた のです。

厚い扉でしたが、現場で這い回って生活している庶民の熱気が、その扉の一部を少し開けさせたということでしょうか?

しかし、現場の役人さんたちは、当初ぎこちない態度でした。

多分、ワタシのことを、”モンスタークレーマ”の変種だと捉えていたのだと思います。

ただ、何時間も話している内に、”何か”が通じたのでしょう。

折衝の最後には、厚い障壁の隘路(あいろ=すきま)を通じて、お互いのシーンを垣間見ることができるという状態になっていました。

また、最後に、はみ出し看板を利用している業者さんが、「国交省と、よく交渉をしていただきました。納得の得られる結果に充分に納得しました。はみ出し占有料は気持ちよく支払います」と応えていただきました。

何よりの言葉でした。

全ての関係者に深く感謝して、この「国交省って?」の項を終了します。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。