スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「瓢太」 真っ当な「B級グルメ店」②

昨日は”チャンポン”を採り上げましたので、今日と明日は、そのつながりで”ラーメン”をアップします。

今日のラーメン店は、三番町六丁目、花園町の電車通りを三番町通り西に入った”瓢太”さんです。

”瓢太”では、ラーメンではなく”中華そば”と言います。

元の国民金融公庫、現在の「日本政策金融公庫」の南向かい側にあります。瓢太店頭縮小お昼時は、中華そば店です。

夕方以降は、”中華そば”も出しますが、メインは居酒屋になります。

さて、”瓢太”の”中華そば”です。瓢太1縮小とにかく個性的なラーメンです。

”中華そば”が600円、”中華そば中盛”が700円、大盛は800円です。

賛否両論の味でしょう。甘いんです、これが。

かつては日本全国、北は北海道から南は鹿児島まで、名だたるラーメン所を食べ歩いたこともあります。

でも、”瓢太”の”中華そば”ほど甘いラーメンは、全国でも松山市の湊町4丁目にある”瓢華”さんだけでしょう。

つまり、これが”松山ラーメン”の味と断定していいと思っています。瓢太3縮小保免西に”ロシナンテ”というパン屋さんがありました。

その”ロシナンテ”をやっっていたご夫婦のお父さんが、持ち帰り用の”松山ラーメン”を作り続けていました。

今の”瓢太”さんは”ロシナンテ”の親父さんの孫弟子です。

”瓢華”さんは弟子ではないかと思います。

残念ながら、ロシナンテさんは今はもうありません。

”瓢太”と”瓢華”の”中華そば”の違いは、”瓢華”にはもやしが入ります。

チャーシューは、”瓢太”の方が厚めです。チャーシューというより、完全に角煮です。

日本ラーメン党総裁を自認している、”林家喜久翁”(元、林家喜久蔵さん)さん御推奨のお店です。

喉が痛くなるほど甘いンですが、間を空けると、「アレ?最近食べてないなア。早く食べに行かなきゃ」と思ってしまう、不思議な味です。


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。