スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大洲城」③

今日は、”大洲城”の周辺をアップします。


先ずは"大洲城”から見た”肱川”です。
大洲城から肱川4縮小
肱川は大洲城の辺りで大きく湾曲しているので、ここに古くから川港としての””があり、かつては”大津”と呼ばれていたそうです。

大洲鵜飼舟5縮小
そこに、慶長14年(1609年)脇坂安治(わきさか・やすはる)が入封して”大洲”と改めてのだそうです。


というには、安治はもともと近江の人なので、郷里の大津の方が頭にあり、紛らわしいということで大津を大洲にしたのでしょう。


川面には大洲名物の”鵜飼舟”が舫(もや)っています。


夏には、かがり火を焚きながら一斉に肱川に繰り出し、””を巧みに操りながら鮎を捕ります。
霧の富士山縮小
霧に隠れていますが、春のツツジの名所”冨士山”(とみすやま)がうっすらと見えています。


富士山にその山の形が似ていることから名づけられたそうです。


標高は320mですが、春には全山がツツジで染まります。  





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。