「フライブルグ城」ってナーニ?②

さて、”フライブルグ城”です。

昨年このブログで ”今治城” ”松山城” ”大洲城” そして ”宇和島城” を採り上げ、画像とともにそれぞれの”城”が持つ歴史やその背景を語りました。フ城2-1縮小   ところが、このお城には語るべきことが何もないのです。

歴史も風格もありません。

もちろん、この城を建築するに当たっての、語られないエピソードなどはあるのでしょう。

でも、”松山市”のホームページをのぞいてもても、公園の概要が事務的に羅列されているに過ぎません。フ城2-2縮小   観光ガイド版の”るるぶ”を見ると次のような記載がありました。

「市制100年を記念して造られた公園。松山市街の眺めを楽しめる絶好のビューポイントで、標高126mの大峰ケ台全体が公園として整備されている。ヨーロッパの古城を思わせる・・・・」

市制100年の記念に、何で?ヨーロッパの古城を思わせる石の建造物”なの???

「松山市」を象徴するものになったのかな?フ城2-3縮小   歴史ある街”松山市”に早く溶け込んでほしいものです。

似たような尖塔(せんとう=円筒形の建物)でも、”佐田岬灯台”の方が、よほど風格があり周囲の景観や自然に溶け込んでいて、存在感があります。フ城2-4縮小   これは”パルティノン神殿風”の”円柱”?

思わず噴出してしまいました。「誰かが冗談で作ったの?」って思うと。

周りに誰もいなかったから怪しまれはしませんでした。

もしお子さん連れのお母さんと遭遇していたら、「悪いことをすると、大人になるとああなるのヨ」と言いながら、子供の顔を手で覆ったかも。フ城2-5縮小   円筒の向こうには、名城”松山城”が霞んで見えました。


高校生の頃に遠足で上った”西山”の方が自然だった・・・などと嘆くのは年寄りの繰言でしょう。



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

地域情報

おはようございます。

僕のブログへのリンクはもう掲載が終了してしまいましたが
参考までにURLです。

http://local.yahoo.co.jp/top/38/

なるほど

いよ美月様
なるほど、こういうサイトがあるのですね。早速ブックマークしておきました。
まだまだ、ネットの機能を使いこなすところに至っていないのが現状です。
アドバイスありがとうございました。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード