「四川飯店」 真っ当な「B級グルメ店」 43

今日は、城北地区の山越1丁目にある、超繁盛店のお店”四川飯店”をご紹介しましょう。



国道196号線を北条方面に進むと、山越2丁目にある”シャラク山越本店”手前を西の方向に左折します。



富士タクシーをちょっと西に行った北側にあります。


四川料理”をメインとする中華料理店です。



四川料理は、”麻婆豆腐”に代表されるピリカラの味付けが特徴。

玄関1   大きな表通りに面しているわけでもないのに、昼時のお店は常時満席状態。



店内に入ると、正面に着席を待つための受付簿に名前を記入して、席が空くのを待ちます。



通りがかりに立ち寄るというお店ではありません。



わざわざ、立って並ぶことを承知で客が集まってきます。



駐車場が、店の前に3台、店の前の駐車場に11台、お店から遠く離れた第三駐車場に8台、合計22台も用意されています。



その多さと、駐車場の遠さに、このお店の尋常ではない繁盛振りが見て取れます。

メニュー2   メニューは、ランチやセットメニューが中心です。



ほとんどのお客さんが当日のランチを注文していました。



客層も実に多彩です。



サラリーマンから、現場関係の若者、家族連れから若いカップル、女性のグループもいます。

満員の店内3   この満員振りを見て下さい。



概ね30分位で入れ替わります。



開店と同時に満席になり、2時過ぎまでそういう状態が続きます。



なぜ、多くの客を引き寄せるのか?



その理由は、注文した料理が運ばれてきたときと、それを食べた時に瞬時に納得できます。



料理の量も多いのですが、その内容が充実しています。



手を抜かず、きちんと仕事をされた料理が運ばれます。



調理場の中には、若い料理人さんたちが3人か4人、忙しくもキビキビと実に手際よくオーダーされた料理を仕上げています。



その動きを見ているだけで小気味いいのです。

ランチ4   注文したのは”当日のランチ”です。


お値段は、650円だったと思います。



当日ランチは、メインは酢豚。それに生野菜サラダと小籠包(ショーロンポー)が付いています。



それにご飯と玉子スープと、チョイスできる飲み物がランチの内容です。



そのボリュームが半端ではありません。



建築工事関係者とおぼしきグループもいましたが、彼らの食欲も満足させるに違いないと思いました。

酢豚5   もちろん、量が多いだけではありません。



酢豚の1個1個が大きいし、しっかり味が付いているんです。


しかも、甘酢餡の酸味が、油っぽさを消していて、上品な味に仕上がっていました。



筍(たけのこ)と玉ねぎの歯ごたえもしっかりしていて、素材の持つ食感と味が生きています。



ピーマンも、けっしてシナッとはしていません。



食べ応えがある一品で、他の日のランチも食べてみたくなること請け合いです。

エビ天定食6   これは”エビ天セット”です。



大ぶりな海老がゴロゴロと入っていると言う感じ。



エビ天はお塩でいただきます。



エビのプリプリ感が存分に楽しめます。



玉子スープもしっかり手をかけて作られていることがわかります。



料理の味とボリューム、そのバランスにおいて、少なくとも松山では有数のレベルだと思います。



わざわざ探して、店頭で空きができるのを待つことを承知した上で、それでもなおかつ行ってみる価値はあるお店です。



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村
愛媛のクチコミ情報サイト「ひめぶろぐ」


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じゅん

Author:じゅん
愛媛の松山から、「愛媛グルメ紀行」や「愛媛の歴史」など、幅広いテーマで情報発信しています。日曜日を除く毎日更新。画像も豊富。
長いサラリーマン生活に終止符を打ち、還暦をとうに過ぎた2014.12.1に起業して社長になりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード